Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 30日

ガラード401音質改善グッズ

  ようやく、試作スペーサーが完成。
d0138082_4352120.jpg

                                         えっ 試作




一昨日、仮置きした歳にキャビネットへの取り付け穴に不具合を発見。
微調整で済むと思われたが、少しだけ穴をずらす事は、私の技術では無理。
ボルト穴を開け替える事に
この原因は、キャビネットのボルト穴が垂直に開けられていない事と私の調査不足が原因d0138082_4574415.jpg
d0138082_4582434.jpg

キャビネットのボルト開口を写し取ったまでは良かったが、ボルトが垂直に通る位置が開口の中心でないためだ。

しかし、キャビネットの開口はめちゃくちゃです。
手前の開口だけが、調整の必要が無かったが、奥の2つは2MMほどのズレがありました。
120°づつずらしてみると、一目瞭然
d0138082_532353.jpgd0138082_53583.jpg

これでは、アームベースのボルトが通る訳がありません。


位置をずらして、スペーサーにボルト穴を開けました。今度はうまくいったようです。
元の穴はlinfof工房さん秘伝の補修方法で修正。
付属していたロングナットでキャビネットに固定。
d0138082_515630.jpgd0138082_525171.jpg
キャビネット裏は先日作ったアルミプレートとチークブロックをワッシャー代わりに使いました
これで、アーム廻りは御影石と金属が接しない状態となりました。

アームのレベル調整もしやすくなり、アームベースを取りつけるボルトの締まりもよくなりました。
安定感がましたような感じです。

しかし、反省点も
穴あけの精度です。
ドリルを手でもって穴あけしていますが、精度が悪いです。
やはり、ボール盤で穴あけをしたいです。
また、ボルトとTナットがスペーサーから出ないように、座ぼりをしましたが、
錐を途中で止めると、穴の底が斜めになってしまいます。
この件もボール盤だと平らに出来るかもしれません。
以上の反省点を踏まえて、作り直したいと思います。



音出しはお昼休みです。


30分の試聴でしたが、奥行き感出てしたように感じます。
冷静に判断しても悪くなった印象がありませんので、良しとしましょう。

[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-30 05:28 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 01月 29日

ガラード401音質改善グッズ&便利グッズ

 試作で、まあまあの結果が得られた、スペーサーとアームレスト
次にやらなければいけない事があるので、今月中に仕上げねば。
 
 アームベースは厚さ13mmのチーク材から直径8cmで円盤状に切り出し、ひたすら研磨。
1行で書いたが、3日3時間の作業
所定の位置にボルト穴を設け、仮設置。
各開口の位置を確認。
微調整が必要かな。^_^;
d0138082_2375591.jpgd0138082_238821.jpg

キャビネットのボルト開口位置とアームベースのボルト開口位置が一致していないので、
スペーサーを介して調整する事にした。

先ずは、スペーサーをキャビネに固定し、別のボルト穴でアームベースをスペーサーに固定する。
アームベース取り付けには鬼めナットを埋めこむ予定だが、遊びが無くなるので、精度が要求される。
ドリルで穴あけをしたので、位置角度共に精度が甘いので、どうなる事やら。


さて、次はアームレスト。
今回は少し余計に穴を開けてみました。
d0138082_2591321.jpgd0138082_2594112.jpg

問題は丁番
これが、難題。
市販の丁番では味気ない。
でもな・・・・・・
アイディアはあるのだが、施工技術がついていかない。
試作アームレストで試してみたが、失敗。

今はガムテープを丁番の替わりにしているが・・・・・



目立たないので、これでもよいかも・・・・・・・・・・・


明日以降の課題としよう
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-29 03:06 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 01月 27日

便利グッズ試作

 アームレストもアームリフターも無いのは、ちょっと不便。
せめて、ちょいと見栄えのエエ、アームレストが欲しいな。
アイディアはあるのだが、加工技術が無いので、単純な形で作ってみた。
d0138082_16114524.jpg
d0138082_1611246.jpg
まあまあかな。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-27 16:12 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 01月 26日

音質改善グッズ(非売品)

 不安を抱えながら、使いはじめたGARRARD401。
アーム廻りがどうにも気になる。

低域は良いのだが、中域の響きが硬く、PIANOが美しくないんだな

原因は御影石と金属の接点にあるとにらんだ。

だって、御影石の加工精度がいまいちなんだもん。

御影石と言っても色々あり、キャビネットに使われたものは、御影石の中でも柔らかい方だと思う。
石の粒子が粗いのである。

何か緩衝材が欲しい。
やはり、木だろうな。
しかも、硬質な無垢の木

幸い、わが家にチークの端材が山のようにある。

チークでアームベースの台座をつくりだしたが、道具が足りない。

ん~ん も~


でもでも、出来る事はある。
d0138082_4164682.jpg

作業時間30分
20x20x13のチークの駒とアルミのFB

4Φの穴をあけて

チークの駒はアームベースとキャビネットの間でスペーサーとして
アルミFBはキャビネット裏のナット固定に使う予定


直にでもオーディオルームへ行きたいところだが、夜中のオーディオルームは
めちゃくちゃ寒い。ぶるぶる。

取り付け作業はお昼休みまで待つ事にしよう。


音質改善グッズの効果のほどは如何に・・・・・




待ちに待ったお昼休み
夜中に製作した音質改善グッズをもってガラードの元へ

アームを取り外し

チーク製のスペーサーを置き、アームを固定・・・・・???

あれれ、ボルトがキャビネット裏まで出てこない。

あ~あ


気を取り直して9mm程度のチーク材を探し、急いで穴あけ
そしてアームの再取り付け。
d0138082_1402973.jpg

9mm程度でも、アルミのFBを使う事が出来ない。

ん~ん

取り敢えず、この状態で音出しです。


お~お
いいんじゃない。

でも、夜中の作業はなんだったんでしょう。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-26 04:19 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 01月 24日

スキー

 昨日は子供1と近くのイオックス アローザでスキーを楽しんできました。
朝6時起床。6時55分家を出て、7時30分にスキー場に到着。
天気予報では雨もしくは雪という予想でしたが、ゲレンデに到着してしばらくすると、雪も止み徐々に天候が回復し、10時頃には太陽も出て絶好のスキー日和となりました。
d0138082_702835.jpg

今年購入した初めてのカービングスキーにも大分慣れてきました。
徐々に20台の頃の滑りに近づいて来ているようなきもしますが・・・・・・・?

朝からイオックスアローザの第2ゲレンデの半分が閉鎖され、たくさんの人が集まっていました。
d0138082_752945.jpg

スキー場なので、スキーもしくはボードの大会かと思われたかな・・・・・
次の写真の右上をご覧ください。
d0138082_771013.jpg


分かりましたか

わからないだろうな

ではでは次の映像を見てください。


もう、わかったでしょう。
そう「ハネトビ」のロケです。

ゴンドラ乗り場の隣の建物が、出演者の控え室だったようで、ゴンドラへ乗る際に
グッドタイミングで出演者が雪上車へ乗りこむところに遭遇。
ラッキー!

ハネトビの撮影が始まる頃には、またもや雪。
私は午後1時頃に帰りましたが、撮影はうまくいったかな。

放送は2月3日水曜日です。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-24 07:20 | もろもろ | Comments(0)
2010年 01月 22日

ガラード401のメンテ

 先日の設置のときに発見した、アーム取り付け部の不具合を調整しました。
問題点は2つ。
1)固定ボルトの貫通口が、アームベースの位置とズレている。
尚且つ、垂直に開けられていないため、ナットをしめると、アームの自体が横ズレし、アームの下部が
キャビネットと接するため、キャビネットの振動がアームに伝わりやすくなる。
2)三本の固定ねじのうち、1本がナットで締められない。

これらの問題点を解決するには、貫通口を開け直すしかないと判断し
垂直にボルトが通るようにインパクトで貫通口の矯正を行いました。
d0138082_10122640.jpgd0138082_1013087.jpg

写真はラックの上ですが、実際の作業はオーディオルームの玄関で作業を行っています。
少し、穴が大きくなったので、アームベースの調整ボルトに支障が出ないように、ワシャーを
スペーサーとして使います。
 これで、アーム取り付けボルトは垂直に通るようになりました。
キャビネット裏のナットは大きめのワッシャーを1枚追加して使います。
前よりは、いくぶんしっかりと固定出来たと思います。精神的にすっきりしました。
さて、音の方は・・・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-22 10:22 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2010年 01月 21日

ガラード401の設置

 401を固定するナットは未だに入手出来ず。
金沢では取り寄せになるようです。

キャビネットを昨日設置したので、一気にやってしまいますか。






先ずはアームベースのレベルをだして、長いボルトで固定

あれれ、3の本ボルトの1本が別のアーム用の穴と微妙に違うため
しっかり固定出来ません。
仕方なく、3枚のナットを組み合わせて仮固定しています。
d0138082_23513423.jpg

裏板が必要です。

401もゴムワッシャーと自転車のチューブでつくったワッシャーを使って水平に設置。
ナットが2個しかないので、手前の2個のボルトをキャビネットに固定。
締めつけ過ぎないよう手で廻しました。

カートリッジはSHUREのTYPEⅢ です。
401にはTYPEⅢ と決めておりましたので、迷うことはありません。

フォノイコは、年末に入手した東京サウンドのPE50です。
d0138082_23575258.jpg
YAMAHAのGT-200LでTYPEⅢを聞くと、情報量もなく、低域のしまりも無く、つまらない音でした。
価格なりの音ですね。
しかし、MM型のカートリッジを聞くにはPE50しかないので仕方ありません。

ではでは 音だしです。
一発めのアルバムは

ディジョネットとレスターボーイのDUO「ZEBRA」です。
さて、どんな音が出てくるのか・・・・







d0138082_043456.jpg







おおおおおおおおお

まさしくGARRARDの音。
多分、帯域はさほど広くないと思うのですが、こってりとした中低域でほりが深いです。
何といったらよいのか、音楽が生き生きとしています。
TYPEⅢからこのような音を聞いたのは、始めてです。
GT-2000Lで感じたPE50の印象とは全然違います。
401が良いのか、キャビネットかアームか

今まで、パイオニアのXL-1550に始まり、マイクロ1500シリーズ ロクサンのRADIUSやトーレンスのTD124 GT-2000LとPL-70 トリオのベルトアイドラーPC-300など色々使ってきましたが
明らかに、別物です。




短時間の試聴でしたが、多いに満足。


この401との出会いは、トラブルからのスタートでしたが、切っても切れない縁になるかも
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-21 00:23 | オーディオ&音楽 | Comments(13)
2010年 01月 20日

ガラード401の仮設置

 ガラードの設置の前にキャビネットのメンテナンスをしました。
御影石のキャビネットの足は、杉か松の角材。
あんまりでしょ。
d0138082_3502937.jpg
私にとっては、音以前の問題。
と言うことでさっそく、足を取り外しました。
ハンマーでたたくと簡単にとれました。
ちょっと拍子抜け

d0138082_3513687.jpg
接着剤はGボンドですね。
へらでボンドを落として終了。
裏面は石が平滑でないので、奇麗にボンドを取り除くことは出来ませんでしたが、
気にしない事にします。


さてと、重いキャビネットを再設置。
べた置きしては、アームも401も設置出来ないので、ステンレスのインシュレーターと
linfof工房製特製ケヤキ+αインシュレーターを足として使います。
linfof工房製のインシュレーターは裏面にフェルトが張られているので、
裏面がキャビネットと接するように使用しました。d0138082_353208.jpg


アームと401を置いてと
d0138082_35358100.jpg



こんな感じです。
御影石が黒かったら、もっとカッコイイ~だろうな。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-20 03:54 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2010年 01月 19日

薪小屋復旧

雪で倒れた薪小屋には、今年仕事場で使う薪が入っています。
とにかく、薪の救出が最優先。
除雪をしてなんとか、1月分の薪を救出。
一輪車で倉庫に運びました。

さてと、薪小屋を起こさなくては・・・・・

角材をテコにして、私の全体重を乗せると、薪小屋が少し浮き上がりました。
すかさず、角材で支え、徐々に小屋をおこしていきました。
50cmほど浮いた時点で、車のジャッキーを使って少しづつ持ち上げて行きます。
作業開始から3時間、結構いいところまで来ました。
d0138082_13181577.jpg
ここまでくれば、なんとかいけるでしょう。

2人の友人に応援を要請。昼過ぎに集合し、3人で引っ張ると難なく起きがりました。

d0138082_13243165.jpg

もしかして、私一人でも起こせたかも。
取り敢えず、ホッとしています。


次の雪が降りだす前に対策をこうじなければ。
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-19 13:24 | もろもろ | Comments(2)
2010年 01月 18日

薪小屋が・・・・・

あちゃ~!
朝起きると薪小屋が倒れておりました。
雪が垂れてきて、水下に荷重が集中して転倒したのでしょう。
d0138082_14411992.jpg


大失敗。昨日、屋根雪をおろしておけばこんなことに
暖冬ボケですね!

それにしても困った^_^;
[PR]

by okamoto-arch | 2010-01-18 14:42 | もろもろ | Comments(0)