Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 28日

オリジナルLP

先日、友人のO氏がオリジナルLP持参で遊びに来てくれた。
前回彼が来たのは ・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年の9月か すえさんからフォノイコをお借りしていた頃だ



アイソバリック方式の時かな。
あの頃は、そこそこ良い音で鳴っていたはず


今はといえば


良いのだが、情報量解像度とも数段上がっているのだが、調整が難しいため、日によって出来が違う。
スピーカーの駆動力が上がり、箱の限界をにらみながらの調整なので、どこかが中途半端になっているのかも。

まあ、そんな事はどうでもよい

ゆっくりアナログを楽しむことにしよう!

今回も6枚のオリジナル・セカンドプリントのLPを持参してくれた。
その中で、特に気に入ったのがこの2枚。
d0138082_86938.jpg


右のアルバムはGRACHAN MONCURⅡがブルーノートに吹き込んだアルバム[EVOLUTION」(セカンドプレス)です。
トロンボーン好きの私ですが、GRACHAN MONCURⅡのアルバムは1枚しか持っていません。
このアルバム、サイドが超豪華。
LEE MORGAN(Tp) JACKIE MCLEAN(As) BOBBY HUTCHERSON(Vib) BOB CRENSHAW(B)
そしてANTHONY WILLIAMS(ds) です。

このアルバムのタイトル曲がメチャンコ気に入りました。ドルフィーのOUT TO LUNCHに似た雰囲気です。BOBBY HUTCHERSONとANTHONY WILLIAMSが一緒にやるとOUT TO LUNCHの張りの演奏になってしまうようです。あのアルバムはドルフィーの中でも異色。
あのアルバムも二人の影響が大きいことがわかります。

このアルバムの良さは、LEE MORGANとJACKIE Mc LEANのソロです。曲想にとてもマッチしています。
CandyのLEE MORGANと別人。JACIE Mc LEANのアルトも艶が有りとても良いです。
気だるさと緊張感が織り成す、不思議な雰囲気がたまりません。

次は私の大好きな JIMMY GIUFFRE です。
リンク先ではメチャンコ書かれていますが、この手のJazzの良さがわかっていない人のコメントも参考までに

初代JIMMY GIUFFRE3の演奏を楽しんでください。
粋だな。

前置きが長くなりましたが、このアルバムでは全編クラリネットを演奏しています。
SOLO DUO TRIO quartet quintet 9人編成と盛り沢山の編成で構成されています。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-28 08:08 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2009年 05月 24日

薪割7日目

薪割7日目 薪の下で可愛いお客さんに出会いました。


それは



大きなヒキカエル(?)です。
ゲロゲロ
d0138082_0394865.jpg

昨年、オーディオルームの床下改良工事の折りに出会ったカエルかも

だとしたら、無事越冬出来たことになります。
その頃に比べると、ずいぶんふっくらしています。



私と共に爆音でJazzを聞いた勇士の記念写真を撮り、またまた、薪割に専念。


今日はちょっとグロイ形の原木を発見
d0138082_0501152.jpg

何かに似ているでしょう。
立てるから変なものに見えるんだよ という声が聞こえてきそうです

なぜ、立てるかというと、







d0138082_16297.jpg

こんな切り方をしてみたかったのです。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-24 23:35 | もろもろ | Comments(18)
2009年 05月 23日

新しいチャンデバ6(Newやっさん号)

d0138082_14392524.jpg

Newやっさん号見参!
タワー状に積み重ねられた黄色いコンデンサ群はやっさんが送ってくれたKIMBER KAP
Newやっさん号はクロスオーバー周波数450Hz。クロススロープは低域12dB/oct高域18dB/octです。

さてと WE IS で試聴開始しです。



かなり良い出来。
やっさんの願いが通じたのでしょうか

トータルバランスは、今まで一番かも。
繋がり、解像度も良い。
強いて言えば、最低域がやや不満!
ZEBRAでのシンセイドラムの音がやや迫力にかける。
その点以外は、今までの最高傑作であった450Hz18dB号vol.2の上を
行くような気がします。

低域のインダクタンスは1個へ減った分回路は単純化されます。
18dB号で、クロス附近がやや薄く感じる部分を補ってくれます。
後は低域のコンデンサのチョイスだけでしょう。
0.56μFのコンデンサを物色するか。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-23 14:49 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2009年 05月 22日

新しいチャンデバ6(450Hz18dB)

 やっさん号はしばらくエージングしなくてはいけないので、未調整の450Hz18dB号でWE IS やWoodを聴いた。
殆どならし運転もしていないが、初めから結構いい音だった。
曲が進むにつれ、更に良くなって行く。

少し、低域の解像度が甘いかな。






ロシアのオイルコンのうち、容量に小さい2本が低域のコンデンサC3にぴったり。

やっさん号では散々だったが・・・・・・・・



取りあえず、交換してみるか
(450dB18dB号vol.2)
d0138082_1914884.jpg



えっ

いいのでは

ほんまかいな

やっさん号の時とまるで違う印象です。

音抜けはいいし、力もある。

WE IS も Woodもバッチリ
多少の微調整は必要だろうが、低域に関しては今までで一番良いかも
kazzアンプのボリュームを調整して
徐々にまとまってきたぞ


ホーンを少しだけ後ろへ下げて

ますます、あってきたぞ

わーい!わーい! 
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-22 19:01 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2009年 05月 22日

A730の調教2

 iPod+Wadia170iTransportの出現で、再調整を余儀なくされたA730ですが、Wadia170付属のデジタルケーブルでかなり音の改善が出来ることがわかり、Wadiaの輸入代理店のアクシスにケーブルだけ購入出来ないか、現在問合わせ中です。安く購入出来ると良いのですが・・・・・・

 しかし、それまで何もしないわけにはいきません。
ベルデンのデジタルケーブルで改善する方法はないのか・・・・・

電源ケーブルを色々試すけれど、やはり今使っているものがぴったり来る。

 A730これ以上改善することは出来ないのか

ならば、DACを含めて再チェック。

まずは電源ケーブルを試すが、これまた、現在使っているものが一番良い。
次はDAC→プリのピンケーブルのチェックです。
現在はベルデン4812を使いその間にライントランス(通称ナチトラ)を入れています。
対抗ケーブルはkazzさんからいただいたケーブルです。ケーブルの印刷が見にくくなっていますがレビンソンのケーブルだそうです。
d0138082_15383445.jpg


しぶい音です。暗いというのでは有りませんが、キラキラした部分がない、素直な音と言えば良いのでしょうか
何か魅力を感じます。
一層のことライントランスを止めてDACからプリへ直繋ぎしてみるか

ピンポ~ン!
いいですね!
大人の音と言えばよいのかな
とてもバランスが良く、嫌な音が出ません。
いいです。
d0138082_15404758.jpg

輝いて見えます!(^○^)

試しに4812に交換してみます。
なんだか、高域がうるさく感じます。
今まで4812を標準ケーブルとして使っていたのですが・・・・・

とにかくiPad+Wadia170+太郎丸(DAC)で聞いていた音を忘れさせてくれるようになりました。

なぜ、ナチトラが不要になってきたのかな

入力の品位が上がってくるとライントランスは不要になるのかも・・・・
なんて、良いように解釈することにします。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-22 15:51 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2009年 05月 22日

新しいチャンデバ5(400Hz18dB)

400Hz18dBやっさん号もエージングが進んで、微調整をしてみることに。
試聴はいつものWE IS です。

音は悪くは無いのですが、高域のC1コンデンサがあまりにも不格好。
そこで、やっさんが送ってくれたKIMBER KAP5本とマイカコンで0.265μFの値にしました。
高域が少し強調されたような音です。多分エージングが進めば硬さも無くなるかも
コンデンサ変更ついでに、先日仕入れたロシアのオイルコンを低域のC3に使って見ました。
d0138082_14352974.jpg

なかなかのルックスです。(400Hz18dBやっさん号vol.5)

またもやWE ISです。
あらら、低域がこもってしまいました。
エージングが進めば良くなるのかな・・・・・
でもな 耐えられないな

早々にWEの1.0μFに交換。(400Hz18dBやっさん号vol.6)





この音この音

という事でやっさん号はプチ調整をしてまたまた、エージングタイムに突入です。(^_^;)
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-22 14:51 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2009年 05月 20日

薪割5・6日目

d0138082_22502332.jpg
薪割5日目は息子1に薪割機で玉切りした木を割らせ、私は一心不乱に玉切りをしました。
6日めは、玉切りした木を薪割機で割り、ようやく写真の様な状態になりました。

明日から天候が良くないので、薪割は出来ないかな

今年の薪割は後何日かかるだろうか・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-20 22:55 | もろもろ | Comments(0)
2009年 05月 20日

新しいチャンデバ4(400Hz18dB)

d0138082_5394599.jpg
コンデンサーを一新し、またまた、400Hz18dBの2wayチャンデバを作成しました。
今回のコンデンサーはやっさんが送ってくれたものが中心になっています。
名付けて400Hz18dBやっさん号(vol.4)です。

コンデンサの紹介をすると
高域のC1はCSC VITAMIN Q0.1μF+SHIZUKI 0.1μ+FKIMBER KAP 0.047μF+ディップマイカ0.02μF
C2はASC 0.56μF+WE0.25μF
低域のC3はAUDYN-CAP 1.0μF+FKIMBER KAP 0.047μFです。ちなみに赤文字がやっさんが送ってくれたコンデンサーです。

出来立てほやほやです。真夜中の試聴では、450Hz18dB号よりも力強いです。
期待が持てます。
御昼休みに試聴しますので、後程ご報告いたしま~す。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-20 05:47 | 建築 | Comments(2)
2009年 05月 19日

新しいアイテム

d0138082_8231473.jpg
チャンデバ用に新しいアイテムを入手しました。
左の抵抗はビンテージ抵抗です。通常の炭素皮膜抵抗の10倍以上の価格
でも1本50円ですが・・・・・
右はロシアのオイルコン1。0μF
この手のオイルコンはあまり音が良くないとう評判
前に所有していたオイルコンも同じような形状で0.1μFでしたが、
荒れた感じの音でした。
果たして今回はどうでしょうか
近々これらをチャンデバで試してみます。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-19 08:30 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2009年 05月 19日

iPod+170iTransportのその後

やなさんにお借りして試聴させていただいた、iPod+170iTransport
その後やなさんの手で電源強化され、更に音がよくなっているようです。

詳細はやなさんのHPで紹介されていますので、是非ご覧ください。


170iTransportをお使いの方必見ですよ。
のだっちさん あんぱんまんさん Wadia170iTransportを購入されましたか。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-05-19 05:57 | オーディオ&音楽 | Comments(2)