Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

フォノイコライザーの聴き比べ

d0138082_3273153.jpg
愛知のすえさんにお借りしている真空管フォノイコライザーのインプレッションです。
 このフォノイコはソフトンフォノイコライザアンプ Model4です。
MC用昇圧トランスを内蔵しているCR型イコライザアンプ です。
12AX7の単管2段増幅回路でしょうか。
入力はMM MCのハイとローに対応していますので、カートリッジを選ばないところが
良いです。出来れば入力が2系統あれば更に良いのですが。

さって、スイッチを入れます。
それと同時にミュート状態になります。
ミュートランプが切れてから、直に鳴らすと、低域がゆるいです。
しかし、30分くらい経つと、低域もしまり、音の輪郭がはっきりします。
ターンテーブルはYAMAHA GT-2000L カートリッジは、テクニクス205C-Ⅱ(MM)です。
中低域に厚みがあり、中高域にこのフォノイコの個性とも言える艶があります。
これが、そっけに位にフラットな205C-Ⅱの良いスパイスとなっています。
なかなか、良い組み合わせです。

さて、本日は私の常用フォノイコ マークレビンソンのNO.25との聴き比べです。
d0138082_755043.jpg

NO.25の設計はかなり古いものの、価格を考えると負ける訳にはいかないのですが
さて如何に

試聴アルバムはGOLDEN SEAです。
d0138082_852725.jpg
このアルバムは、私の大好きなアルバムで、KAHIL EL'ZASAR と DAVID MURRAYのDUOです。
パーカッションとテナー&バスクラから生み出される音楽は、大地の響きを感じとても心地よいです。
低域が殆どカットされずに録音されているので、低域の特性と音の立ち上がりのチェックが
しやすいアルバムです。

NO.25はMC専用なので、カートリッジはDENONのDL-103LCⅡで試聴します。
まずは、Model4です。なかなか良いですね。ゆったり滑らかに鳴ってくれます。
何の不満も感じません。しかし、カートリッジの個性と少し音の温度感が合わないかもしれません。
物理的な性能はDL-103LCⅡの方が良いと思いますが、音の魅力は205C-Ⅱです。
次にNO.25で聴きます。やはりと言うか低域の解像度と伸びはこちらの方が上です。
大音量でも、音がつぶれません。太鼓の皮の震えやスタジオの空気感がより伝わってきます。
良かった。
しかし、夜中の試聴では、立場が逆転します。
Model4の音の艶がなんとも良い塩梅なのです。
NO.25のモニターライクな音が夜中の極小音量では良さが発揮されないのです。

日中は爆音で鳴らしますが、夜中はかなり音が小さいです。一般家庭のテレビよりも
小さい音で鳴らします。アナログで、プリの目盛りは1ないし2と言った所です。
ちなみに、爆音ではボリュームは1時もしくは2時です。

性格の違う2つのフォノイコ
それぞれに良さが有ります。
私もMM型の良いフォノイコをGETしたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-31 03:34 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 08月 29日

久しぶりの3WAYマルチ

d0138082_7524529.jpg
暑さも和らぎ、夜中は虫の音が、うるさいです。
秋の夜長には、ちょっと早いのですが、虫の音と真空管の明かりはもの寂しさを演出してくれます。
しばらく、お休みしていたEL34ppを加えて3WAYマルチにしております。
やはり、1502もダイレクトに鳴らしたほうが低域に力感が出てきます。
EL34ppでツイーターを鳴らすと音の立ち上がり感が、合いません。
今度はEL34ppで2440を鳴し、KAZZアンプで1502と2405を鳴らすと、
まったりとしたよい感じです。
最近疲れ気味なので、少し緩めの音の方が、癒されます。

これはこれでよいです。

EL34ppで2440を鳴らす場合は1502とのクロスオーバー周波数は5,000Hz
KAZZアンプで2440を鳴らす場合は7,000Hzあたりが良いです。

時間が取れたら、075も加えて、スピーカーの再調整をしたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-29 00:04 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 08月 26日

チビ助DAC

今日はチビ助DACの中身をお見せします。
d0138082_11552563.jpg

DAC及びアンプ部
オペアンプはNE5532Pとなっています。
オペアンプを交換することで音が変わるようなので、今度試してみたいとおもいます。
どなたか、お薦めのオペアンプを教えてください。
d0138082_1156667.jpg
電源部
トランスは2個搭載されています。
デジタルは電源が命
ここが肝心です。

電源ケーブルがプワーなので、交換したいと思います。
しかし、本体が軽いので、取り回しがしやすい柔らか目のケーブルにしたいと思います。
こちらも、合せて、お薦めのケーブルがあれば教えてください。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-26 12:02 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 08月 24日

チビ助DAC

d0138082_285498.jpg
先日、DACを入手。超リーズナブル。
このDACが、記念すべき、おいらの初DAC。
 
チビ助DACがどれほど小さいか。
d0138082_90327.jpg
どうです。小さいでしょ。
フルサイズのNo.26SLの上の黒いものがDA10です。
DA10もかなり小振り。
しかし、チビ助DACは更に小さい。
このDACはEMISUKEさんの自作です。
さて、どんな音がするのか。

比較DACは友人のLAVRY DA10
チビ助DACには、ちと荷が重いか。



ではでは、いつものムターとCANTATE DOMINOそれとWE IS で視聴開始。
案の定、低域の高域も伸びは無く、解像度も不足している。
のだっちさんにお借りしている、SONIC MAXMIZER 882i という
エンハンサーなるもので、高域と低域を調整すると何とか、聞ける程度に

しばらくは連続運転をさせて、エージングすることにしました。

24時間経過した。

どうだろう。 

・・・・・・・
かなりよい。
DA10に迫る音です。

ちょっと驚き

音源によって、評価がわかれるが五分五分かも

ここで、チビ助DACの出力ケーブルをSILTECHに変更
このケーブルはDACの3倍の値段
ちなみにDA10はSILTECHのバランスケーブル

2つのDACの音はかなり、似通ってきました。

48時間経過

どの曲を聞いても殆ど差が無い。プリの入力セレクターを切替えても
切替えたことがわからないくらいである。

驚きです。

チップが違うDACがどうしてこんなに同じ音がするのだろうか
この事は、何を意味するのか
単なる偶然か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

疑問
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-24 02:25 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 08月 19日

off会0817 その2

off会の試聴結果を書かなくては (^_^;)
まずは、2つのDACを使ってのインプレです。
d0138082_9164936.jpg

わが輩が一番興味があったのはのだっちさんのWadia27 v.s T氏のLAVRY DA10です。
Wadia27にはA730をDA10にはT氏のキューブ型PC with RME DIGI 96/8 PST proを繋ぎました。
A730は1988年発売ですから、もう20年も経っています。
20年という時間経過は、日進月歩のデジタル機器では既にビンテージですね!

試聴曲はムターとCANTATE DOMINOそれとWE ISです。PCはUSBメモリーの音楽データーを再生します。

A730はPCに比べると帯域は狭く、音の押出し感があります。
解像度で聞かせるタイプではありません。
Wadiaで聴くA730、なんか感慨深いものがあります。Wadiaはメチャンコカッコイイ!
このケースだけでもほしいです。でも、操作が全てリモコンです。
リモコン嫌いのおいらには、むかないか。

まずは、Wadiaです。全体に解像度が高いですね。さすがです。
しかし、耳が慣れて、冷静にWadiaの音を聞くと中高域が張り出しているようです。
高解像度を強調している感じがします。
DA10は帯域バランスも解像度も強調感が感じられません。
しかし、Wadiaよりも帯域は広く解像度は互格でしょうか。

次にPCをWadiaに繋ぐと、中高域の強調感は感じなくなりました。
WadiaとPCとの相性が良いようです。

d0138082_13184657.jpg次に、長塀さんのDELL PC with M-AUDIOのFirewireAudiophileをDA10に繋いでCDを再生しました。
CDRPはPremiumでロジテックのIEEE1394のケースに入れています。
再生ソフトはCUBASE LE というソフトです。Lilithと聴き比べるとCUBASE LEの方が
音の骨格がしっかりしています。なかなか良いソフトです。

次に、再生ソフトをLilithに変えて、USBメモリーのデーターを再生しました。
中高域が滑らかになり、各楽器の輪郭も自然な感じです。強調感がありません。
やはり、リッピングデーターをメモリーにいれて再生する方法にアドバンテージを
感じました。



12時を廻った頃からBBQを開始。しこたま食べて、気分を入替えLinfof工房の最新スピーカーとiichiさんのバックロードホーンそれとATCのSCM7の比較試聴をしました。
d0138082_1515562.jpg
といってもおいらは、BBQの後片づけで遅れて参加。

簡単にLinfof工房新作とiichiさんのバックロードホーンの説明です。
フルレンジの8cmユニットはマークオーディオ ALPAIR5 Gun-Metal grayとgoldの2機種箱は栗の無垢のバスレフとホワイトアッシュのバックロードホーン
iichiさんは手持ちの12mmラワンベニヤで自作
2way機のウーハーはクリエイティブ・サウンド・ソリューション社SDX7でツイーターはALPAIR5 goldです。Linfof工房のバックロードホーンと2wayは、殆どエージングがされていません。

まずはALPAIR5 goldをマウントしたバックロードホーンです。
通常のバスレフとは違って低域がタイトです。これは、箱の作り方の影響でしょう。
中高域に艶が有り、明るいキャラクターだと感じました。
次にGun-Metal grayのバスレフです。強調感がなく上からしたまで温度感の
揃っているいます。温度感が少し低く、解像度も高いと感じました。
私jはこちらの方が好きな音です。

次はiichiさんのバックロードホーンです。
ユニットはGun-Metal grayのです、
Linfof製のボーッ久ロードホーンと別物です。
音像も大きく8cmのユニットとは思えません。
少し、中低域が滲む事がありましたが、Linfofさんいわく、サイドのベニヤの強度が
不足しているためだそうです。サイドの板を補強すれば、もっと良くなると思います。
この8cmのユニットはただモノではないと思います。

次は2way機です。さすがに低域の余裕が違います。音の立ち上がりも早く
ウーハーとの繋がりも自然です。
ツイーターはgoldでしたが、おいらが注文する時はgrayで御願いしたいです。
このシステムはサブというよりもメインでしっかり鳴らし込みたいと感じました。

d0138082_1739631.jpg
最後にアンパンマンさんがLinfof工房さんに発注した、グルンディッヒの2way密閉システムです。
私も仕事中に聞いていますが、帯域は広く有りませんが、音楽を楽しむのに充分な性能です。
また、中低域が安定していて高域の立ち上がりも早く、とても良いシステムでした。

おいらのグルンディッヒの箱はいつ出来あがるのかな

はしょって書いてもかなり長くなってしまいました。
今度はもっとゆっくり視聴会をしたいと思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-19 23:20 | オーディオ&音楽 | Comments(6)
2008年 08月 17日

off会0817

今日はoff会。どっぷり一日オーディオ&BBQでした。
遠く愛知からこられたLinfof工房さんとそのお仲間5名(むらせさん iichiさん すえさん slowhand さん 長塀さん)
富山ののだっちさんと金沢のアンパンマンさんそれと近所の友人K&T両氏
ご苦労様でした。

午前10時過ぎから始まり終了は午後7時頃
d0138082_193732.jpg

途中BBQをして楽しい一日でした。


試聴した機器は入力系では2種類のDAC DA10とWadia27
それと、2機種のPCとA730
d0138082_0475940.jpg

スピーカーはLinfof工房のスピーカーとiichiさん製作のバックロードホーンとATCのSCM7それとアンパンマンさんがLinfof工房に製作依頼したグルンディッヒのスピーカーです。
d0138082_0481795.jpg



盛り沢山のメニューなので、後日ゆっくり御報告します
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-17 23:59 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2008年 08月 16日

久しぶりのPCオーディオ

明日、17日愛知と富山それと金沢のオーディオ仲間が集まり、わいわいがやがややることになっております。

そのため、オーディオのセッティングを行ないました。
d0138082_9291093.jpg

今回のoff会の目玉はPCオーディオとLinfof工房の新しいスピーカーです。
PCは2・3台、DACも3台参加予定です。

今回メインPCはキューブ型外部電源PCです。バッタ君も別電源で出場しようかな
後はお客さん持参のPCです。
d0138082_9441226.jpg

ここだけの話しですが、別電源は良いですよ。
特設テーブルの上に置かれているPC 上がばらばらにされたバッタ君です。
モニターとの間に外部電源を置いています。
バッタ君のしたのキューブ型PCの外部電源は床に置かれている黒い箱です。
これは立派な電源です。

皆さんの反応が楽しみです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-16 09:41 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 08月 09日

DL-103LCⅡ

d0138082_1261734.jpg
オークションで中古のDL-103LCⅡをGETした。ちょっと針が右に
曲がっているが・・・・・まっ いいか。
ケンウッドKP-1100のシェル付き、しかも今まで見た事がないリード線がいています。
撚り線1本づつ被覆されていいます。

果たして、どんな音がするのであろうか。

楽しみ楽しみ


それでは後程


試聴してきました。
まずは重量を計ると、今回GETしたものが、2.2G重い(リード線含む)
なかなか良さそうなシェルです。

エージングもせず、GOLDEN SEAを爆音で聞きました。
今までの組み合わせより、少し重心が上がります。
よりフラットな帯域バランスです。
少し、物足りないと感じる時もありますが、低域は静かに伸びているようです。
高域はすっと抜けるちょっと前で止まってしまってしますが、なかなか良いです。

リード線を今まで使っていたものと交換しました。
0.7G重いです。
音も重くなってしまいました。
今回付いてきたリード線の方が良いです。

前の組み合わせとどっちが良いか
バランスが良いのは今回の組み合わせです。
でも、Jazz的なのは今までの組み合わせかも

結論は直には出せないが、なかなか良い買い物だったようです)^o^(
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-09 12:11 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 08月 07日

PL-70のその後

 公私共に忙しい日々が続いていますが、お昼休みだけ、ちょいとオーディオをやっております。
最近はもっぱらアナログの調整をしています。
 
 現在イコライザiーはレビンソンのNO.25(MC仕様)とYAMAHAのプリアンプC-2のフォノを使用しています。
C-2にはMM型2系統MC型1系統ありますので、とても便利です。
d0138082_9124755.jpg

 手持ちのカートリッジはMM型ではテクニクス205C-Ⅱの3TYPE(L・S・H)とSHUREのTYPEⅢ やなさんから頂いたピッカリングその他です。
MC型はkazzからお借りしているDL-103LCⅡです。
DL-103LCⅡをC-2とNO.25で聴き比べると大人しくバランスのよいC-2に対して
タイトで帯域が広いNO.25とかなり性格が違います。
C-2ならば、あまり苦労することも無く良い音を楽しめそうですが・・・・・・・。
大人しく、清楚な美人タイプのC-2か気性が激しいが小悪魔的美女のNO.25を選ぶか迷う所です。
でも今までの経験上、最終的にはNO.25を選ぶでしょう。

DL-103LCⅡをGT-2000LとPL-70で試聴すると、PL-70の方が相性が良さそうです。
DL-103を使った経験上、重いシェルの方が安定したバランスで鳴るはずです。
当初はYAMAHAの軽量シェルでした。高域がキンキンしてちょっと聞きづらいです
今度はFRのシェルになまりのスペーサーを挟んでみました。
かなりの重量です。アルトがテナーになったように感じるくらい重心が下がります。
しかし、音の立ち上がりが遅いです。
d0138082_9421838.jpg

あれやこれやと、3日間シェルとリード線選びをしました。
d0138082_9145154.jpg

結果、シェルはパイオニアのシェルでリード線はモスビンさんのS&T 鏡面仕上げ8N-OFC単線シェルリード線がより広帯域でしかも力強い音です。
d0138082_9175550.jpg

まとめるのは、ちょっと苦労しそうですが、今日のところは
結構満足しております。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-07 20:43 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 08月 06日

暑中お見舞申し上げます

ギラギラ じんじん
今が夏真っ盛り。

しかしわが家は、エアコン無し。
でもでも、今年は新兵器導入。
 
 
 
 
 
 
d0138082_7333031.jpg


 
 
 
 
南西面の外壁を覆いつくしそうな勢いで朝顔が生長しています。
お陰で、家の中が昨年よりも涼しいです。

d0138082_7362299.jpg


そのためか、日中 近所の子供たちのたまり場となっています。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-06 07:36 | 日常 | Comments(4)