Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 29日

かなざわウォーク・ラリー


d0138082_511564.jpg
d0138082_4533334.jpg 今日は息子1と金沢ウォーク・ラリーの10kmコースへ参加しました。
総勢4,000名近い人が参加して、3コースに別れて、金沢の名所を歩いて見て廻るイベントです。今回初参加でしたが、色んな施設に無料で入れるし、色んな意味で有意義なイベントでした。
出発地点の金沢芸術村を出発。金沢駅を経由して、横安江町商店街を通りました。 数年前まではアーケードがかかっていましたが、老朽化のため撤去されました。今日は晴天だったので、気持ちよかったですが、雪が降る金沢ではアーケードも必要だったのではとも感じましたが、どちらにしても、昔ながらの商店街が元気になってくれることを願います。
d0138082_54179.jpgd0138082_541422.jpg
横安江町商店街の個人的な魅力は大正ロマンを感じさせる建物がいくつか残っていることです。多分大正・昭和初期に建てられたものだと思います。西洋建築への憧れを感じることが出来ます。これらの建物は木造ですが、今では日本独特の風情を感じる建築様式になっていると思います。これからも、残して行きたいと思います。

d0138082_5184643.jpgd0138082_519696.jpg
次に浅野川のほとりにある東の茶屋街の一つか主計 (かずえ) 町へ行きました。お茶屋さんが今でも残っております。金沢では東山のお茶屋街が有名ですが、個人的には生活感が残る主計町の方が好きです。向かいの家の軒先に手が届く距離感。いいですね。
でも、私はここでは住めません。だって爆音でオーディオ出来ないもん。
d0138082_5314111.jpg主計町をでると、ここから金沢市役所まで自由行動です。まずは、日本が生んだ有名な建築家村野籐吾の三田商店です。金沢には村野さんの設計した建物がいくつか有ったようですが、現存するのは、この三田商店と北國銀行武蔵が辻支店だけだと思います。北國銀行武蔵が辻支店も金沢の台所 近江町市場の建て替えに伴い壊されそうになりましたが、現在引き方をして、場所を少し移動して残される事になりました。
d0138082_5431761.jpgd0138082_5433222.jpg
次に蓄音器館を見学しました。まあ、これだけ多くの蓄音器をよくぞ集めたもんだと思いました。素晴らしい。でも、蓄音器の音が聞けなかったのは残念です。一日に1回しか演奏されないようですが、それでは、ただの飾りです。常時蓄音器の音を聞けるようにした方がよいでしょう。確かに、レコードはすり減ります。大切に残す事も大事ですが、今でも使われずに押入に眠っているSPはたくさん有ります。それらを集めて、常時演奏してくれたらもっと楽しいのにな・・・・・・
d0138082_551046.jpgd0138082_5542226.jpg
今回は兼六園に入らずに、息子も大好きな21世紀美術館へ向かいました。今では建築家の聖地となっております。「21美見た!」が他都市の建築家の挨拶になっているとかいないとか
21美の前の広場でサンドイッチとおにぎりを食べ腹ごしらえをしました。左手でサンドイッチを持って紙パックの牛乳を飲んでいると、後ろから突然何ものかに襲われました。
左手に持っていたサンドイッチが無くなっています。一瞬何があったのか分かりませんでした。
d0138082_601667.jpg
中へ入ると、アコーディオンとギターとチェロによる生演奏をしていました。タンゴ好きの私の血が踊りました。ギターもチェロのアンプを使っていないので、音量のバランスが良くなりませんでしたが、なかなかの腕前です。楽しい演奏でした。演奏が終り最後にかれらの自己紹介がありました。最近CDのメジャーデビューを果たしたパリ帰りのザッハトルテーというユニットでした。美術館のショップで3枚のCDが売られておりました。本当はデビューアルバムが欲しかったのですが、息子1が選んだのは、最新アルバム「おやつは3ユーロまで」でした。
なかなか野演奏ですが、録音が良くない。俗に言うドンシャリ系の音です。もう少しまともなバランスで録音して欲しいものです。(デビューアルバムが気になるな)
21美では日展が開かれていました。いつもは県立美術館で開かれているのですが、現在改修中なので、21美で行われているのかな。日展をやるようでは21美も落ちたものだ。
つくづく、悲しくなりました。
まあ、常設展で少しだけ現代アートに触れて、お茶を濁して21美を出ました。

今日の金沢は真夏のような暑さ!一体何度あったのかな
後で、調べておきましょう。
d0138082_62326.jpgその後、長町の武家屋敷後を散策しました。武家屋敷郡と市の広報では行っていますが、江戸期の建物は無いと思われます。せいぜい土塀くらいでしょうか。殆どが明治以降です。明治村のようなもんです。でも、息子1に見せていなかったので、ちょいと見せましたが、解説する本人が力が入らないので、息子1もどう感じたのか・・・・?

そろそろ、耐力の限界。出発地点の芸術村へ戻りました。


5時間あまり、歩けば、金沢の主要な観光地を見ることが出来ます。
この他にもUPしていない施設や名所も見ております。
野町の寺院郡や犀川沿いの施設を見ても1日あれば何とか見ることが出来ます。
観光でおいでる方は、自転車で2日市内観光すれば、その日から金沢通になれるはずです。
是非、金沢へおいでください。
そして、わが家へもちょいとお寄りください。(かなり離れていますが、車で25分ですのでお電話ください。)
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-29 18:34 | もろもろ | Comments(0)
2008年 04月 27日

SさんのNewシステム続編

d0138082_7442838.jpg
 数日前に、SさんのNewシステムの進化を確かめに行ってまいりました。フォステクスの12cmフルレンジもエージングが進み着実に進化しておりました。
 今回はスピーカーは部屋のほぼ中央にレイアウトされておりました。スピーカーの存在感は消え、後ろのスピーカーシステム近辺に音像が出来、とても不思議な体験をしました。ユニットから出た音が、部屋中に放たれ、後ろのスピーカー近辺で音像が結ばれているのでしょうか。
なかなか、良い音です。ハイエンドスピーカーのよりもハイエンドな鳴り方です。
 その後、システムを後ろのスピーカー当りまで下げると、音が濃くなり、プレーヤーのエネルギーが伝わってきました。
配置によって、音のプレゼンスが変えられるので、好みの音が得られると思います。
また、バッフル板を作るだけなので、工作手間が少なくて済みます。
ちなみにドライバーのバックカバーを外して鳴らしても良ければ、スコーカーにドライバーを使っても、面白そうです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-27 08:07 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
2008年 04月 26日

オープンハウス無事終了

d0138082_318729.jpg
 オープンハウスが無事終了いたしました。ご来場頂いた皆様、有り難うございました。
オープンハウス終了後、夜景の撮影を行ないました。今回はプロの方に撮影を御願いしました。出い上がりが楽しみです。
今回UPした写真は私が写したものなのです。下手くそでお恥ずかしい(^_^;)
近々に私のHPにUPします。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-26 23:25 | 建築 | Comments(0)
2008年 04月 23日

ようやく完成

d0138082_15381671.jpg
 久しぶりに建築ネタです。昨年春ごろから、設計に入った2世帯住宅が1年ちょいかかりましたが、ようやく完成をむかえることが出来ました。
26日にオープンハウスをいたします。ご覧になりたい方は是非おいでください。
場所は金沢です。詳しくはメールで問合わせ下さい。

d0138082_23524216.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-23 23:47 | 建築 | Comments(2)
2008年 04月 22日

ライントランス1

d0138082_13514345.jpg
 良くもまあ、短期間にこれだけのトランスを集めたものだと、我ながら感心したり、情けなかったりですが、ハンダもうまくなったし、音も良くなったし大満足です。
 ライントランスを購入したきっかけは、ノートパソコンを使ったPCオーディオです。
ノートパソコンのイヤホーンジャックの出力インピーダンスが低いと思われたので、アンプの入力に見合ったインピーダンスまで、昇圧したほうが、好ましいだろうというアドバイスをkazzさんからもらったのが、事の始まりです。

 PCオーディオのために3種類のトランスを用意しました。どの場合も、トランスを使った方が良い結果が得られました。イヤホンジャックの出力を使う場合は昇圧した方が良いようです。

 ここまでで、PCオーディオについてわかったことをまとめておきます。
まず、MacかWindowsかという議論に決定的な根拠がありません。ただ、聞いた中でMacBookが最も良い音でした。次いで私のDELLのノートブックでした。MacもWindowsもタワー型のものは、音が良く有りませんでした。
多分、ファンが影響しているかもしれません。
また、ノートブックは筐体がコンパクトな分振動に強いことも影響しているかもしれません。
 私はiTunesで再生しましたが、airMacEXPRESSを繋いで「複数のスピーカーから出力する」の設定にして、パソコン本体のイヤホンジャックから出力する方が良い結果が有られた。
 また、トランスで昇圧しない場合はケーブルの影響が多きので、自分にシステムにあったケーブル捜しが必要です。
わが家ではELECOMの音響用ケーブルが低価格帯の中では、よかったです。

将来的には、発熱の少ないCPUを使ってファンレスPCを組み、筐体に補強をしてオーディオ専用で使ってみたいと思っています。いつのことになるやら

誰か、セトロンの1G程度のパソコンあまってませんか。誕生日プレゼントに下さい。)^o^(
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-22 14:36 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 04月 21日

のだっちさんのCD

d0138082_162714.jpg
 富山のオーディオ仲間 のだっち さんから、プレゼントが届きました。前回はバレンタインデーの時だったのですが、今回は私の48回目の誕生日の直前です。)^o^(のだっちさんは、存じあげないことですが・・・・・)
今回のCDは先日のだっちさんが参加したクラシックの録音会のものです。
ホルンとピアノとフルートという構成です。
 今回の録音で特にお気に入りなのはホルンの音です。優しくしかし、曖昧さがなくとても癒されます。
のだっちさんの生録CDの特徴は、音の滑らかさと各楽器の音に癖を感じないことです。オープンリールを使ってアナログ録音されていますので、CDにすると音質が落ちるようです。
今度お邪魔する時に、オープンデッキの音を聞かせて頂こうかな!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-21 01:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 17日

SさんのNewシステム

d0138082_4591583.jpg
 一昨日の夜遅くにプログでカキコしてくれる、トンビさんことS氏のオーディオルームにお邪魔しました。
目的は写真にある新しいスピーカーシステムの音を聞くためで、平面バッフルによるダイポール(無指向性)スピーカーである。
ウーハーはパイオニアの30cmをダブルで使っています。スコーカーはフォステクス(型番はわかりませんが)の12cmです。
とても、切れのよい音で、音場情報が豊富です。箱が無いので、低域が出ないかなと想像していましたが、低域の伸びに不満は有りません。それどころが、バスドラなどは抜けが良いので、聴いていて気持ちがいい。
KAHIL EL'ZABARとDAVID MURRAYのWE ISではKAHILのパーカッションの切れとDAVID MURRAYがテナーを吹きながらステージ脇から出てくる様子がわかるなど、このスピーカー特質すべき長所を確認することが出来た。

まだまだ、未調整ですが、システムとしての可能性を大いに感じました。
今後の成長を見守りたいと思います。

 偶然ですが、わが家のグルンディッヒも上に向けて鳴らしているのでダイポールと言えるでしょう。)^o^(

写真は先日S氏より送られてきたものを使わせて頂きました。一昨日は少し補強が入っており日々進化しているようです。次回訪問が楽しみです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-17 05:05 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2008年 04月 16日

わらび

d0138082_184659.jpg
 鞁筒の朝晩は下界より3度ほど気温が下がるので、まだ、薪ストーブのお世話になっている。しかし、草花や木々も芽吹きもうしばらくすると新緑の季節をむかえる。
夕方、20分ほど散歩すると、片手いっぱいのわらびが採れた。
明日はわらびご飯かな。      楽しみ楽しみ
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-16 18:51 | 日常 | Comments(0)
2008年 04月 13日

PCオーディオ その5

d0138082_321556.jpg
 じゃじゃ~ん! PCオーディオのための新たなGOODSです。タムラのライントランス(70Ω:600Ω)です。先日オークションでGETしました。

このトランスでパソコンとアンプとのインピーダンスの不整合を調整したい考えています。
パソコンの送り出しインピーダンスとアンプの受けて側のインピーダンスが合わないと予想されるからです。
パソコンのイヤホン端子の送り出しインピーダンスは、カズさんの推測によるとイヤホーンのインピーダンスが20Ω前後であることから、8Ω~16Ω前後と予想出来るようです。

このトランスの1次側が70Ωなので、完全にマッチしているとは言えないが、それでも充分使えるようです。実は既にカズさんが実証積みなんです。

d0138082_402446.jpg
今回は試作機ということもあり、ケーブルはパソコンショップで購入したエレコムのケーブルです。でもでも、侮る事なかれ!これが結構いいんです。やはり、オーディオ業界はぼったくりなのかもしれません。

エレコムの3.5mmジャック~RCAケーブルを半分で切り、その間にトランスをいれます。
いかにもオーディオに詳しい人がやるような作業ですが、全てカズさんに教えていただきながらの作業なので、ノントラブルで作業終了。

エージングが必要なのかどうか分かりませんが、結構いいですね。力感がでます。
BLUE TRAINのコルトレンもカーティスフラーも良い感じです。
いいですね。

d0138082_452936.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-13 04:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 08日

Grundig試運転開始

d0138082_855713.jpg 昨晩丑三つ時にオーディオルームに行き、先日オークションで入手したGrundigグルンディヒの試運転をはじめました。楕円形のバッフルは簡単につくれないので、とりあえず段ボール箱をエンクロージャーに代用しました。製作時間10分少々です。

最初はCANTATE DOMINOです。パイプオルガンがチャルメラのような音に聞こえます。)^o^(
しかし、1時間ほど聞くと、徐々にパイプオルガンに近づいて来たような気がします。
女性の声は時々どきっとするほど、リアルに鳴ったりします。多分この帯域の良さを最大限引き出し、低域を如何にそれらしく聞かせるかが、使いこなしのポイントなるのでしょうか。

夜中は、ここでグロッキー。

今朝は事務所に場所を移してユニットの廻りをガムテープで塞ぎ、密閉度を上げて再試聴です。CANTATE DOMINOを聞くと、昨晩より低域が出ているように感じます。
 しばらくは、色んなジャンルの音楽を鳴らし、ユニットの癖をとりながら、妄想を続けたいと思います。
化けてくれるといいな!


追伸

半日鳴らして、結構低域が出るように鳴って来ました。
始めはチェロがバイオリンに聞こえましたが、今はビオラとチェロの間位の音で鳴っています。
現在Grundigは床で上向きで鳴らしています。
これが大正解。モノラルとは思えない音場と高域が減衰するために、低域にバランスがシフトします。もう少し、低域が出れば、素早い中域とのバランスもとれてくると思います。
結構いけそうです。

d0138082_13303320.jpg


現在こんなシステムで鳴らしております。不思議な組み合わせですね!

見栄えの良い段ボールに変えたいな!


追追伸!

グルンディッヒ試運転2日目
1日目よりも中低域が出るようになり、高域が更に魅力的な音に感じます。
CANTATE DOMINOのパイプオルガンも普通のバランスで鳴り出しました。
Jazzからクラシックそれにタンゴなども鳴らしていますが、Duke Ellington&Ray Brownのデュオアルバム This one's for Blantonでの硬質なピアノの音以外は問題なく再生してくれます。Ellingtonのピアノが難無く再生できるようになったら、BOXの構想を練りたいと思います。
それにしても、段ボールBOXとは思えない音です。


追追追伸!
今は12日夜中の2時を少々廻ったところ
事務所でグルンディッヒと409-8Eの聴き比べをしております。
いやはや参りました。
段ボールスピーカーの音がこれほどまで良くなっていたのかと少々驚いております。
音の艶滑らかさ段ボール箱とは思えません。密閉度が低いためか段ボールの内部損失が大きいためか、箱臭さを感じません。私の耳では感じないだけかもしれませんが。

昨日も友人T氏が来て聴いていきました。始めは「悪くないんじゃない」と見てくれの悪い段ボール箱の音を内心認めておりませんでしたが、帰る頃には「これ いい!」に変わっておりました。
耳障りの良さは特質ものです。大音量でバンバン聞く事は出来ませんが、29cmx18cmのサイズは中低域の余裕と高域のノビを両立しています。
30cmフルレンジのよさと18cmフルレンジの良さを兼ね兼ね備えております。

もう1個欲しくなっちゃった!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-08 08:56 | オーディオ&音楽 | Comments(4)