Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:薪ストーブ( 5 )


2017年 12月 14日

薪ストーブアイテム

d0138082_09473384.jpg
こんなモノを作りました。
ステンレスワイヤメッシュ30x30x5を折曲げて、鉄筋を折曲げた足を取り付けました。

さて、何に使うでしょうか




じゃじゃ~ん
d0138082_09474613.jpg
薪ストーブの上に置いて、薪を乾燥させるのに使います。
今年は、現場から出る端材を薪として使っています。
乾燥材もありますが、未乾燥のモノもあります。
中には、雨に濡れたモノもあります。

でも、薪ストーブの上で2日間ほど乾燥させると、断面が小さい端材は乾燥して、良い薪になります。
そして、端材の水分は室内に供給され、その際に木の香りもでます。
今年は、杉が多いので、杉の香りが室内に漂い、リラクゼイション効果も期待できます。




d0138082_10064052.jpg
もう一つは、オーディオルームの薪ストーブの上に置きました。

いい音楽に、いい香り。
リラクゼーションの極みです。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-12-14 22:15 | 薪ストーブ | Comments(0)
2017年 12月 06日

今朝の鞁筒

d0138082_15294857.jpg
今年初めての積雪。
最近、荒れた天気が続いています。
寒さに負けないように、気合いを入れねば。






冬の楽しみといえば、薪ストーブ
今年の薪は、端材が中心だけど、いい感じで燃えています。
資源の少ない日本。堅木だけに拘るのもどうかと思う。
薪ストーブライフ18年。
始めて、アンコールの薪に針葉樹の端材を使います。
ストーブへのダメージ・燃焼時間や暖房能力など検証したいと思います。







[PR]

by okamoto-arch | 2017-12-06 15:54 | 薪ストーブ | Comments(0)
2017年 11月 29日

煙突掃除2017

d0138082_17555918.jpg
今日は、暖かく気持ちいい~天気!
伸ばし伸ばししていた薪ストーブの煙突掃除を午後から行いました。


まずは、自在管を外して、レジ袋をテープでしっかり留めます。
d0138082_17511895.jpg
左がリビング 右が事務所

d0138082_18034425.jpg
仕事場の室内煙突はングル煙突。リビングの煙突は全て、断熱材入二重煙突。
煤の量がまるで違います。
煤が少ないと言うことは、それだけ、完全燃焼に近い状態だと言えます。

d0138082_18075035.jpg
まずは、オーディオルームの煙突を掃除します。
d0138082_18085959.jpg
陣笠にも、ほとんど煤がありません。掃除の必要が無いくらいですが、念のため、陣笠を外して掃除しました。
この煙突の煤は、ストーブの内部に落とし、薪と一緒に燃やします。
オーディオルームのメンテナンスはこれで終了です。



二本目はリビングの煙突です。
d0138082_09341651.jpg
d0138082_08401030.jpg

陣笠への煤の付着は、オーディオルームより若干多いけれど、例年より少ないように思います。
煙突内部の煤は出口付近には煤が少し着いていますが、大した量ではありません。





三本目は事務所の煙突です。
d0138082_08502449.jpg

煙突トップの陣笠の形状が違いますが、煤の量は一番多いようです。
d0138082_09035058.jpg
出口付近の煤も多いようです。また、全体的に薄く5mmほどの煤が付着しているようです。
こちらも、ワイヤーブラシで綺麗に掃除を行いました。

d0138082_09362601.jpg
面倒な煙突掃除ですが、天気の良く空気が澄んでいる日に屋根の上に上がると、こんな景色が見られます。



d0138082_09063174.jpg
レジ袋に溜まった煤の量を比較します。
左が仕事場の煙突の煤です。大きなどんぶり一杯分くらいでしょうか。
右側がリビングの煙突の煤です。小鉢一杯分くらいでしょうか。量にして仕事場の1/6ほどだと思います。
薪もストーブの構造も違うので、煤の量が大きく違う要因がどこにあるのかはっきりわかりません。




d0138082_09145498.jpg
最後は、リビングのストーブの点検です。
ストーブ内部の灰をだし、背面バッフルと触媒を外します。
触媒の破損はありませんでした。良かった。
このストーブは2次燃焼時にセラミックに白金をコーティングした触媒を使って、排気ガス内の不完全燃焼ガスを燃焼させる方式です。
現在はクリーンバーン方式が主流ですが、最も排気が綺麗なのは触媒を使った燃焼方式です。

でも、構造が複雑で、メンテナンスが面倒です。しかも、触媒は4・5年で交換が必要になります。
しかも、3万円ほどします。
せめて10年使える触媒を開発して欲しいものです。


例年は、仕事場とオーディオルームの薪は端材で、リビングは堅木でしたが、今年はどのストーブも端材を薪として使います。
来年の煙突掃除の結果が楽しみです。














[PR]

by okamoto-arch | 2017-11-29 09:30 | 薪ストーブ | Comments(0)
2017年 11月 18日

端材

いよいよ寒さも本番を向えようとしています。
我が家には、薪ストーブが3台有ります。
3台分の薪を確保するのは、一仕事。
リビングの薪ストーブの燃料は、いつも堅木を使ったいましたが、2年前に薪割りが出来なかったので、今年使う堅木の薪が足りません。
そのため、リビングの薪ストーブも端材を使います。

端材は仕事の関係で入手は可能なんですが、温度が上がりすぎてストーブを痛めることがあります。
先日、ピザ釜用に入手した中古の薪ストーブも鋳物が変形していました。

温度を押えながら、しかも暖かくなるべく火持ちがいい運用をしなくてはなりません。

d0138082_17514476.jpg
端材をストーブ内になるべく重ねて並べます。
着火時は通常一番下に燃えやすい端材を並べますが、今回は中段に着火用の薪を仕込みます。
d0138082_17540998.jpg
その上の薪もなるべく重ねて隙間を小さくします。

この状態で、着火します。

d0138082_17550141.jpg
いい感じで燃え始めました。
d0138082_17552734.jpg
20分ほどすると、300度を超えました。
この状態で、空気を絞りダンパーを閉じます。
このようにすれば、暴走することはありません。
それと、沢山の薪を入れられるので、燃焼時間も長くなります。

d0138082_17571341.jpg
d0138082_17571706.jpg
事務所の薪ストーブも同じような方法で薪を並べます。

こうすれば、端材も薪として使えます。
何とかこの冬を乗り越えねば。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-11-18 17:59 | 薪ストーブ | Comments(0)
2017年 10月 27日

薪ストーブの改造

薪ストーブ屋さんに頂いた、壊れた薪ストーブ。
ヨツールのF220GPというストーブです。
d0138082_12513266.jpg
d0138082_12550286.jpg
シリアルナンバーから想像するに2004年に製造されたモノです。
設置は2004年もしくは2005年でしょう。
ぱっと見は、壊れてないみたいだけど、内部がかなりやられていました。
壊れた薪ストーブを何に使うかというと、BBQハウスでオーブン料理をしたり、ピザ釜として使いたいと思っています。

d0138082_13202274.jpg
10インチのダッチオーブンはジャストサイズです。
ちょっと無理をすれば12インチも入ります。
これで、オーブン料理は、ばっちりです。
あとは、ピザを焼くために一工夫すれば、使えそうです。



その前に、点検整備をします。
d0138082_12582792.jpg
空気の取り入れ操作部の動きが悪かったので分解。
レバーが外れていだけでした。(*^_^*)
これで、大丈夫。

よく見ると、インナーバッフルがかなり傷んでいます。
特に右のサイドバッフルは、割れて曲がっています。

d0138082_13264878.jpg
何とか取り外すことが出来ましたが、鋳物なので、元に戻らないだろうな。
万力で徐々に締め付けて元に戻るかためしてみましたが、3日目に破断してしまいました。
d0138082_13255860.jpg


背面バッフルも亀裂が入って曲がっています。
これじゃ、クリーンバーンが機能しないだろうな。
d0138082_13325503.jpg


最も大事な上面バッフル板もふくれ上がり、亀裂があります。
d0138082_13542082.jpg
d0138082_13545031.jpg
こんな状態になるんですね。
私も温度を上げますが、鋳物の大きな変形はありません。
事務所やオーディオルームはアイアンストーブなので、亀裂の心配はほぼありませんが・・・・

リペアー出来るところはなるべく手を入れて、長く使える様にしたいと思います。
また、ピザを焼くには、内部の熱容容量が大きい方がよいので、耐火煉瓦を使ってインナーバッフルを作る計画です。



[PR]

by okamoto-arch | 2017-10-27 14:00 | 薪ストーブ | Comments(0)