Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:もろもろ( 173 )


2017年 06月 22日

Flektogon 20mm F2.8 red MC 試写

昨日、メンテナンスした Flektogon 20mm F2.8で早速定点撮影です。朝7時
d0138082_13081475.jpg
F=2.8ピントは奥の白い車
d0138082_13243839.jpg
F=5.6ピントは奥の白い車
開放ではソフトフォーカスですが、4つ絞るとカチッとした絵になります。
激変!(^0^)
朝日を入れて、撮影してみます。
逆光には、あまり強くはありません。
d0138082_13342087.jpg
左がF=2.6 右がF=8
絞ると、シャープな絵になり彩度が上がります。
仕事には、どうかと思いますが、こんな絵は好きです。


レンズをSEL1635Zに交換
もたもたしていたら、曇ってきました。
d0138082_13411214.jpg
SEL1635Z 左F=4 右F=22
全開放から解像度の高い絵になります。
絞り値を上げると同じように彩度が上がりますが、解像度には大きな変化がありません。
どことなく繊細で、日本的な落ち着いた色合いです。

どちらも個性があって使い分けが出来そうです。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-22 14:27 | もろもろ | Comments(2)
2017年 06月 21日

Flektogon 20mm F2.8 red MC メンテナンス


Flektogon 20mm F2.8のフォーカスリングを廻すと、無限大に近づくにつれ、妙な抵抗と音がするので、分解掃除に挑戦しました。
(自分の記録用です)
Flektogon 20mm F2.8の分解手順を検索しましたが、あまり詳しい情報を見つける事が出来ませんでした
困ったな。このまま状態で使い続けようかな。
でも、フォーカスリングに悪影響が出るだろうな。それに、気分が良くない。

Flektogon 20mm F4のメンテナンス情報 を参考に、レンズの構造を頭に入れ、作業を開始した。
d0138082_22223196.jpg
マウント面の3本のネジを外します。
d0138082_22421679.jpg
絞りリングが外れました。
真っ黒なグリスが、はみ出ています。
汚れが溜まっていますね。
現状、絞りリングはスムーズに動いていますが、はみ出た黒いグリスを取り除きオイルとグリスを混ぜ合わせたものを可動部分に塗りました。
d0138082_22550916.jpg
絞りリングとレンズのずれを防ぐ2本の爪を固定しているネジを外し、フォーカスリングを廻します。
d0138082_23005129.jpg
すると、フォーカスリングが外れます。さらにフォーカスリングの内側のレンズを固定する部分も外します。
d0138082_23040687.jpg
d0138082_23051794.jpg
目的地に到着です。
グリスが真っ黒です。
フォーカスリングの内側にもゴミがありました。

外したパーツはパーツクリーナーを綿棒やティッシュにしみこませて、汚れを取り除きます。


また、我がFlektogon 20mm F2.8は、ネット上で見かけるFlektogon 20mm F2.8で撮影した写真より、少しピントが甘いような気がします。
私のスキルの問題かもしれませんが・・

レンズの剛性も今一不足しているような気がします。
レンズ外周部にレンズを固定していますが、固定リングが緩るみ易いらしく、その部分を確認します。
どうやって外すのかな

まずは、レンズの名前が書かれたリングを取り外します。
d0138082_08500827.jpg
ちょうど、ペンキのスプレー缶のキャップがジャストサイズでした。
レンズとキャップの間に布を挟んで、圧力を掛けて廻します。
ある程度、緩んだら指3本でリングの内側から外側へ力を掛けて、廻しました。

この状態で、レンズ本体を少し廻したら、固定リングが廻ってしまいました。
案の定、レンズをロックしているリングが少し緩んでいました。
d0138082_23314695.jpg
一旦取り外して、こちらもクリーニングしてオイルタッチして元に戻します。
専用工具がないので、マイナスドライバーを使ってレンズをしっかり固定します。
ああ、すっきりした。

d0138082_23135884.jpg
ヘリコイド部分にはどんなグリスを使えば良いのかな。
我が家にあるグリスの中でよさげな物は、SHIMANOのプレミアムグリスです。
高級なオイルのはず。
自転車のグリスですが、大丈夫かな。



おお・・・。滑らかさのと適度な重さ。
上品なタッチに激変しました。


元に戻すのは、分解の3倍大変でした。(^^;
悪戦苦闘の末、絞り・ピント共に改善されました。
良かった。(*^_^*)


覚え書き
絞りは22の状態で、絞りリングをレンズに取り付けしたほうが、うまくいきます。




[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-21 23:58 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 20日

New レンズ

d0138082_22355302.jpg
一昨晩、オークションで出会ったレンズ
タイミングよくアダプターと一緒に届きました。
d0138082_23015613.jpg
このレンズは、CARL ZEISS MC FLEKTOGON 20mm/2.8 JENA DDR です。
d0138082_23043535.jpg
外観はあまり綺麗じゃありませんが、お値打ち価格だったので良とします。

d0138082_23041448.jpg
α7Ⅱと組み合わせて普段使いしたいと考えています。



我が家のリビングで、画像確認です。
d0138082_23101819.jpg
SEL1635Z 16mm
d0138082_23103434.jpg
FLEKTOGON20mm


16mmには、敵わないけど、普段使いには十分な画角がです。
ただ、今回はシャッタースピードが1/5
レンズに手ぶれ補正がななためか、若干ぶれているような気がします。

このレンズ、どことはいいにくいけど、良いレンズだと思います。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-20 23:09 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 18日

試写

2台のカメラを使って、家の廻りで試し撮りしました。

d0138082_09480743.jpg

d0138082_14173307.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO 35mm/2.4
ぼけ味は、なかなかです。



d0138082_14382484.jpg
α7Ⅱ+Pentacon 29mm/2.8


d0138082_14411164.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z 35mm/4.0
全開F4で撮影。
背景がぼけてくれました。
ぼけ具合も良い感じです。


d0138082_14450678.jpg
d0138082_14463313.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO


d0138082_14471219.jpg
d0138082_14474187.jpg
α6000+FLEKTOGO
マクロレンズに近い使い方が出来ます。
甘い汁におぼれた蜂。蓮の花に抱かれて天国に召されました。



d0138082_14504740.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z 16mm/4.0



d0138082_14515485.jpg
α7Ⅱ+FLEKTOGO



d0138082_14534910.jpg
d0138082_14545115.jpg
α7Ⅱ+Pentacon


d0138082_14560685.jpg
α7Ⅱ+SEL1635Z


少しずつですが、特徴がつかめてきました。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-18 14:57 | もろもろ | Comments(2)
2017年 06月 13日

SEL1635Z購入

d0138082_18535963.jpg
初めてのデジタル対応35mmレンズSEL1635Zを購入。
でかいな!
d0138082_18555443.jpg
APS-Cフォーマットの55-210mmズームレンズSEL55210と較べても長さは同じくらいだけど二回りほど太い。
口径はSEL55210の49mmに対して、SEL1635Zは62mm。

まだ、フィルターが届いていないので、試し撮りはしていません。
d0138082_19014297.jpg
α7Ⅱには、似つかわしくないぶっとさです。
正直、重い。私には

でも、どんな写真が写せるのか楽しみです。
フィルターよ。早く来い。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-06-13 19:34 | もろもろ | Comments(0)
2017年 02月 06日

仕事場のアイアンストーブ

d0138082_14330146.jpg
 週末2日間ストーブに火を入れなかった週明け月曜日の朝の仕事場は、寒い
こんな日は、細かい建築廃材を多めにくめて、一気にストーブの温度を上げます。
こんな乱暴な使い方が出来るのが、ローテック・アイアンストーブの良いところです。

d0138082_14364057.jpg
 着火時の炎、いきよい良く燃えているときの炎、おきの炎 それぞれ表情が違います。
また、煙突からでる煙の状況も違います。

 着火時は盛大にグレーの煙が出ます。
しかも、臭いもします。不完全燃焼状態です。^^;

 いきよい良く燃えているときも、煙突から煙が見えます。
しかし、臭いはほとんどありません。
完全燃焼に近い状態ですが、木に含まれる水分が水蒸気となって排出されるので、着火事より白い煙となります。
煙の量も減ります。

 おきの状態になると、煙突から、出ている煙は見えません。
水分もなくなり、排出されているのはほとんどが二酸化酸素となっています。
この状態が理想の燃焼です。
吸気口も絞ります。

 如何におきの状態を長く維持するかが、薪ストーブ使いの目標です。
ただ、薪の状態は一定ではなく、樹種も違うので、セオリーがなく自分で経験するしかありません。
建築廃材のほとんどが、針葉樹で、堅木ではありません。
軽い薪は、おきの状態が短いという欠点はありますが、入手しやすく燃えやすく、急激に温度を上げることが出来ます。
空間や使い勝手に合わせて、薪ストーブを選ぶとよいと思います。





[PR]

by okamoto-arch | 2017-02-06 14:59 | もろもろ | Comments(0)
2017年 01月 01日

謹賀新年

d0138082_09362243.jpg
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

[PR]

by okamoto-arch | 2017-01-01 09:35 | もろもろ | Comments(4)
2016年 12月 31日

大晦日

d0138082_14285183.jpg
今年の大晦日は、雪がありません。
今年も庭をイノシシに荒らされてしまい、雑然とした庭が一層荒れ地と化しています。
雲の間から時折太陽が顔を出し、北陸の暗く重い季節ですが、来年に向けて気持ちを入れ替えております。
d0138082_23431828.jpg
今年、デジタル再生環境が大きく進化しました。
これも、やなさんのおかげです。
4450の補強は、たぶん失敗に終わると思います。
来年は、メインシステムの再構築に挑戦したいと思います。

拙いブログも10年目を向えました。
来年もまたよろしくお願いします。
それでは、皆様 良い年をお迎えください。
[PR]

by okamoto-arch | 2016-12-31 14:45 | もろもろ | Comments(12)
2016年 12月 12日

今朝の鞁筒20161212

d0138082_09062554.jpg
 今年の12月は暖かい日が続きましたが、今朝は冷え込みました。
昨日の雪で薄ら雪化粧をしました。
楽しくて、辛い冬がやってきます。
今年の冬は、どんな感動を運んでくれるでしょうか。
今年は、薪がいっぱいあるので、寒さを楽しむ余裕があります。
楽しみです。
d0138082_08371865.jpg
メダカ鉢に、氷がはりました。メダカたちは大丈夫かしら?
メダカは寒さに強いようですが、山の寒さに耐えられるかは、不明です。
倉庫に入れてあげようか。
それとも持って日当たりの良いところへ移動しようか。

[PR]

by okamoto-arch | 2016-12-12 09:06 | もろもろ | Comments(0)
2016年 08月 13日

オニヤンマ

d0138082_09444281.jpg
d0138082_09445268.jpg
オニヤンマが飛んでいました。
カメラを向けると、くるりと反転して遠ざかっていきますが、又直ぐに戻ってきます。
好かれたかな。
でも、飛んでいるオニヤンマをカメラに捕らえるのは、へぼな私では難しいです。
連写で300枚ほど写してトンボが写っているのは1/3ほど。
まあまあピントが合っていたのは、1/10ほど。
でも、画面の端っこだったりトンボの向きが悪かったり
何とか見られそうなのは1/50。
でも、この程度。
難しいですね。

[PR]

by okamoto-arch | 2016-08-13 09:51 | もろもろ | Comments(2)