Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:オーディオ&音楽( 809 )


2008年 04月 17日

SさんのNewシステム

d0138082_4591583.jpg
 一昨日の夜遅くにプログでカキコしてくれる、トンビさんことS氏のオーディオルームにお邪魔しました。
目的は写真にある新しいスピーカーシステムの音を聞くためで、平面バッフルによるダイポール(無指向性)スピーカーである。
ウーハーはパイオニアの30cmをダブルで使っています。スコーカーはフォステクス(型番はわかりませんが)の12cmです。
とても、切れのよい音で、音場情報が豊富です。箱が無いので、低域が出ないかなと想像していましたが、低域の伸びに不満は有りません。それどころが、バスドラなどは抜けが良いので、聴いていて気持ちがいい。
KAHIL EL'ZABARとDAVID MURRAYのWE ISではKAHILのパーカッションの切れとDAVID MURRAYがテナーを吹きながらステージ脇から出てくる様子がわかるなど、このスピーカー特質すべき長所を確認することが出来た。

まだまだ、未調整ですが、システムとしての可能性を大いに感じました。
今後の成長を見守りたいと思います。

 偶然ですが、わが家のグルンディッヒも上に向けて鳴らしているのでダイポールと言えるでしょう。)^o^(

写真は先日S氏より送られてきたものを使わせて頂きました。一昨日は少し補強が入っており日々進化しているようです。次回訪問が楽しみです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-17 05:05 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
2008年 04月 13日

PCオーディオ その5

d0138082_321556.jpg
 じゃじゃ~ん! PCオーディオのための新たなGOODSです。タムラのライントランス(70Ω:600Ω)です。先日オークションでGETしました。

このトランスでパソコンとアンプとのインピーダンスの不整合を調整したい考えています。
パソコンの送り出しインピーダンスとアンプの受けて側のインピーダンスが合わないと予想されるからです。
パソコンのイヤホン端子の送り出しインピーダンスは、カズさんの推測によるとイヤホーンのインピーダンスが20Ω前後であることから、8Ω~16Ω前後と予想出来るようです。

このトランスの1次側が70Ωなので、完全にマッチしているとは言えないが、それでも充分使えるようです。実は既にカズさんが実証積みなんです。

d0138082_402446.jpg
今回は試作機ということもあり、ケーブルはパソコンショップで購入したエレコムのケーブルです。でもでも、侮る事なかれ!これが結構いいんです。やはり、オーディオ業界はぼったくりなのかもしれません。

エレコムの3.5mmジャック~RCAケーブルを半分で切り、その間にトランスをいれます。
いかにもオーディオに詳しい人がやるような作業ですが、全てカズさんに教えていただきながらの作業なので、ノントラブルで作業終了。

エージングが必要なのかどうか分かりませんが、結構いいですね。力感がでます。
BLUE TRAINのコルトレンもカーティスフラーも良い感じです。
いいですね。

d0138082_452936.jpg

[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-13 04:09 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 08日

Grundig試運転開始

d0138082_855713.jpg 昨晩丑三つ時にオーディオルームに行き、先日オークションで入手したGrundigグルンディヒの試運転をはじめました。楕円形のバッフルは簡単につくれないので、とりあえず段ボール箱をエンクロージャーに代用しました。製作時間10分少々です。

最初はCANTATE DOMINOです。パイプオルガンがチャルメラのような音に聞こえます。)^o^(
しかし、1時間ほど聞くと、徐々にパイプオルガンに近づいて来たような気がします。
女性の声は時々どきっとするほど、リアルに鳴ったりします。多分この帯域の良さを最大限引き出し、低域を如何にそれらしく聞かせるかが、使いこなしのポイントなるのでしょうか。

夜中は、ここでグロッキー。

今朝は事務所に場所を移してユニットの廻りをガムテープで塞ぎ、密閉度を上げて再試聴です。CANTATE DOMINOを聞くと、昨晩より低域が出ているように感じます。
 しばらくは、色んなジャンルの音楽を鳴らし、ユニットの癖をとりながら、妄想を続けたいと思います。
化けてくれるといいな!


追伸

半日鳴らして、結構低域が出るように鳴って来ました。
始めはチェロがバイオリンに聞こえましたが、今はビオラとチェロの間位の音で鳴っています。
現在Grundigは床で上向きで鳴らしています。
これが大正解。モノラルとは思えない音場と高域が減衰するために、低域にバランスがシフトします。もう少し、低域が出れば、素早い中域とのバランスもとれてくると思います。
結構いけそうです。

d0138082_13303320.jpg


現在こんなシステムで鳴らしております。不思議な組み合わせですね!

見栄えの良い段ボールに変えたいな!


追追伸!

グルンディッヒ試運転2日目
1日目よりも中低域が出るようになり、高域が更に魅力的な音に感じます。
CANTATE DOMINOのパイプオルガンも普通のバランスで鳴り出しました。
Jazzからクラシックそれにタンゴなども鳴らしていますが、Duke Ellington&Ray Brownのデュオアルバム This one's for Blantonでの硬質なピアノの音以外は問題なく再生してくれます。Ellingtonのピアノが難無く再生できるようになったら、BOXの構想を練りたいと思います。
それにしても、段ボールBOXとは思えない音です。


追追追伸!
今は12日夜中の2時を少々廻ったところ
事務所でグルンディッヒと409-8Eの聴き比べをしております。
いやはや参りました。
段ボールスピーカーの音がこれほどまで良くなっていたのかと少々驚いております。
音の艶滑らかさ段ボール箱とは思えません。密閉度が低いためか段ボールの内部損失が大きいためか、箱臭さを感じません。私の耳では感じないだけかもしれませんが。

昨日も友人T氏が来て聴いていきました。始めは「悪くないんじゃない」と見てくれの悪い段ボール箱の音を内心認めておりませんでしたが、帰る頃には「これ いい!」に変わっておりました。
耳障りの良さは特質ものです。大音量でバンバン聞く事は出来ませんが、29cmx18cmのサイズは中低域の余裕と高域のノビを両立しています。
30cmフルレンジのよさと18cmフルレンジの良さを兼ね兼ね備えております。

もう1個欲しくなっちゃった!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-08 08:56 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
2008年 04月 04日

PCオーディオ その4

d0138082_22271471.jpg
 今宵は進まない仕事の出口が見えたので、気分転換を兼ね、PC+EL34ppで音楽をかけております。PCのボリューム機能を使ってEL34pp直接コントロールしております。
また、パソコンのマスターボリュームのレベルと下げることにより、ノイズの軽減も期待できます。

EL34の明りは実にいいですね。癒されます。
貴婦人の佇まいです。

音 もちろん良いですよ。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-04 05:15 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 04月 03日

ジャーマンビンテージ

d0138082_8323549.jpg
 昨日、オークションで入手したジャーマンビンテージのグルンディヒのオーバルスピーカーが届きました。1個だけだったので、格安でした。ラッキー。
ホーンの様な深いコーン紙が特徴です。音が飛んで来そうです。
箱ナシでならしてみましたが、中高域はイメージ通りのジャーマンサウンドです。
石の教会で録音されたCANTATE DOMINOなどの再生は良いかも。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-03 08:38 | オーディオ&音楽 | Comments(1)
2008年 04月 02日

PCオーディオ その3

d0138082_2582720.jpg
 PCオーディオの真夜の姿です。夜な夜な事務所で仕事をしていて、ふと音のするへ目を向けると、パソコンの画面が目にはいります。本当は真空管の方が絵になるんだが。
仕事中ずっとEL34ppを使うのはちょっと気が引けます。

今日(既に日付がかわってしまったが)airMac EXPRESSがT氏の元へ帰っていった。なんとなく元気がない。力感が減退するようです。仕事中は聞き易いと言えないこともないが、やはり音は良い方が精神的に良い。

 実際はairMac EXPRESSから音が出ている分けではないので、何か別のサウンドボードでも良さそうである。USBサウンドカードで代用品は無いのかな?
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-02 03:37 | オーディオ&音楽 | Comments(11)
2008年 04月 01日

久しぶりの075

d0138082_13335885.jpg
 1ヶ月ちょいぶりいGAUSS1502を外して075に交換しました。
まずはCandy!馬鹿の一つ覚えです。荒っぽいけど、楽しいな。トランペットのビブラートが多めです。やはり2440には075の方が合うのかな!
コンデンサーで音色を調整するにしても限界があるし
30分の試聴だったので、断定は出来ませんが、方向性があっているように感じます。

ただ、1502の音の強さは魅力です。
075をスタックすれば良いのかも

しばらくは気分で入替えて使っていきたいと思います。

以下は追加コメントです

 やはりというか、当初から感じていたんですが、2440+2350と1502の個性が少し違うようです。2440+2350は少しホーンの響きがのり、高域に明るさがありますが、1502は温度感が若干低いようです。1502の温度感を上げるようなコンデンサーがあれば、うまく繋がるかもしれません。コンデンサーの個性については知識を持ち合わせていませんので、どなたかお薦めのコンデンサーがあれは教えて下さい。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-04-01 13:41 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
2008年 03月 31日

やっぱりアナログ

d0138082_13393534.jpg

今日は久しぶりにアナログです。
やっはアナログはいいですね!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-31 13:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2008年 03月 29日

PCオーディオ その2

d0138082_8483252.jpg
 昨晩、PCオーディオの実験をしました。友人T氏所有のAirMac Expressを使ったて再生と、先日聞いたPRO CABLEベルデン 88760 を再度お持ち頂き、SILTECHとの音の差を検証しました。

今回の視聴はMisha Maisky演奏のバッハ無伴奏チェロ組曲で行くことにしました。

まずは、現状を聞いてもらいましたが、T氏は何も言いいません。

 次に、ベルデン 88760 にケーブルを交換しました。
チェロがビオラに聞こえます。これは、いけません。
先日視聴したときは、市販の数百円のケーブルに比べるとずいぶんよい音だと思ったのですが、今回はそれ以上の差です。早々に元へ戻しました。

 次は今回の実験の目玉AirMac Expressを使って再生してみます。
はじめに、AirMac Expressからの出力で聞きます。音場が平面的で音に冴えがありません。聴き易いといえないこともないのですが・・・・私の好みではありません。
 iTunesの設定を複数のスピーカー出力にしてパソコンから出力します。
低域に力感が出てきます。少し、不満だった低域の量感が出てきました。
しかし、不思議です。AirMacを認識させているだけで、AirMacは何もしていないはずですが、音が変わります。
 T氏曰く、「バッファーが聞いているんだろう」ということは、ハードディスクにデーターをおくのではなくメモリーにデーターを置けばさらに音がよくなるのかな。
d0138082_934440.jpg
 
ということで、USBスティックメモリーで検証してみました。
我が家には128Mのタイプしかないので、1曲のみの検証ですが、わずかながら、滑らかに感じます。よりアナログ的です。

T氏は今日から3日間出張なので、AirMac Expressをお借りすることにしました。

ラッキー!!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-29 09:34 | オーディオ&音楽 | Comments(13)
2008年 03月 27日

PCオーディオ

d0138082_23342220.jpg
 あまり使わないWindowsのノートパソコンを使って、PCオーディオのまねごとをしました。
イヤホン用の端子から昨日購入した、3.5mmからRCAへの変換コネクターを使って、デジアンに入力しています。
 始めは、ほどほどよいが程度でしたが、友人の情報などを参考に設定を詰めていくと、かなりの音になって来ました。
それと、なんといってもケーブルです。ブルーのケーブルSILTECHとの相性が良いです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-27 23:47 | オーディオ&音楽 | Comments(2)