Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 21日

念願のGauss HF4000 その2

d0138082_11203337.jpg
友人のMさんが使っていないHF4000を送ってくれました。
外観は、私がGETしたものより綺麗です。
感謝!101.png
直流抵抗で11.2Ωなので、インピダンスは16Ω
私が入手したモノと一緒です。

よく見ると、スロートに傷があります。
これはかなり傷が深いです。
実は私の2440にも、かすかなひび割れがあったのですが、修理してもらって使っています。
d0138082_11270756.jpg
これを修理するとなると結構大変かも。

念のため、ダイヤフラムもチェックしてみます。
おっとセンター付近が少し変形していますが、許容範囲でしょ。
d0138082_11305557.jpg
あれ、ロールエッジが
d0138082_11420058.jpg
破断していました。
これでは、十分な性能が出ませんね。

HF4000は限界点が高い強力なユニットなので、ついついボリュームを上げたくなるのでしょうね。
屋外の使用で飛ばしちゃったのかな。
残念無念!103.png


オリジナルダイヤフラムが見つかるまで状態の良い方を使ってみます。






[PR]

# by okamoto-arch | 2017-08-21 13:49 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 08月 17日

スイレン花

d0138082_09243024.jpg
d0138082_09243887.jpg
最近、はっきりしない天気が続きましたが、今朝は久しぶりに快晴です。
今年、五つ目の花を咲かせたスイレンも、朝日を浴びて輝いています。

なかなか、いい写真がとれません。
修業せねば。




d0138082_09273995.jpg
今年5月に生まれたメダカが先日卵を産みました。
すごいな!
それを別の容器に取り分けて観察を続けたところ、赤ちゃんメダカが無事生まれました。
自然界でも、生まれた年に卵を産むのだろうか?
元気に育つか見届けるために、しばらくは、別容器で育てます。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-08-17 09:32 | もろもろ | Comments(0)
2017年 08月 16日

念願のGauss HF4000

d0138082_16100204.jpg
念願の2インチドライバー Gauss HF4000をヤフオクでGET。
HF4000は、Kazzさんのところで聞いて以来、いつかは入手したいと思っていました。

とにかくでかくて重いです。
多分、2440より重いと思います。
ちょいと調べてみると 2440についてはオーディオの足跡に掲載されていますが、HF4000は、見つかりません。
正確がどうかはわかりませんが、拾ってきた情報では
Gauss  HF4000
2吋、アルニコマグネットドライバー
F特・・500~15,000Hz
許容入力・・60W
音圧レベル・・110dB(1W/1m)
インピーダンス・・16Ω
寸法・・・178mm×145mm
重量・・・13,8kg

JBL  2440
スロート径5cm
インピーダンス16Ω
許容入力(連続プログラム)60W
音圧レベル118dB(1mW、9.1m)
周波数特性500Hz〜12kHz
クロスオーバー周波数500Hz以上
ボイスコイル直径・材質10.2cm、アルミ
磁気回路重量10.8kg
磁束密度20,500gauss
外形寸法直径178×奥行136mm
重量11.3kg

HF4000の方が少し重くて大きいようだ。
音出しが楽しみです。





ちょっくらホーンをつけて、動作チェック。


あれれ、片方からビビり音が。






バックキャビネットを外すと
d0138082_16371512.jpg
ガ~ン!!!!
ダイヤフラムにひびが入っています。
これじゃね!
出品者に即連絡。
ダイヤフラム分を値引きで手打ち!!パンパン!
せっかくのご縁。
この程度じゃあきらめません。

幸いアメリカにHF4000のダイヤフラムを扱っているところを発見。
片方だけ交換してもな。
両方交換する必要があるようなないような。
オリジナルなんだろうか。
よくわからないな。
誰か教えて!!

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-08-16 16:44 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
2017年 08月 14日

真空管アンプのアウトプットトランス

d0138082_10131233.jpg
トンビさん製作の真空管プリアンプは非常に音が良いのですが、メインシステムにつなぐとノイズが出てしまいます。
原因はメインシステムのパッシブチャンデバにあると思います。
しかし、パッシブチャンデバは、電源部がないので、ノイズ対策に限界があります。
バランス転送にすれば、ノイズがでないことは、実証済なのでプリアンプにバランス出力を組み込むため、
いろんなトランスを試してきました。

インピダンスは600Ωから10kΩ。有名トランスもあれば無名トランスある。
小さなモノもあれば、大きなものもある、古いモノもあれば新しいモノもある。

この中から、最終的に選んだのが、
d0138082_10345095.jpg
有名な国産トランスメーカー タムラの古くて大きなトランスを採用する事にしました。
型番は、P6935。
2KΩ:600Ωで使います。

しかし、この大きなトランスをプリアンプに組み込むのは、かなり無理があります。
d0138082_11371726.jpg
パワーアンプならトランスを天板の上に載せる方法も考えられるが、私のデザインイメージと違うので、却下。

d0138082_11394039.jpg
やっぱり、無理矢理トランスを納めよう。
考えられるのは、この2パターン。

電源トランスからの影響をなるべく回避するには上のレイアウトか。
トランス自体ノイズの発信源でもあるので、回路への影響を回避するには下のレイアウトか。

どちらも組み込み難易度が高い。
私に出来るだろうか?105.png

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-08-14 11:53 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 08月 14日

アナカリスの花2・3

d0138082_03240066.jpg
一輪もいいけど、これも又良し

でも、写真はだめだめ 難しい^^;103.png

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-08-14 03:28 | もろもろ | Comments(0)