Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

やなさん DAI2基板 見参

d0138082_23120404.jpg
やなさんのDAI2基板が完成しました。
発売前なのに、既にRev1.3です。
相当苦労したんだろう事は、容易に想像できます。

DAI2基板のポイントは、二つ。
一つはWIFIマイコンになった点とAK4173を搭載している点です。

WIFIマイコンって何に使うのと思われるでしょう。
マイコンのアップデイトが、自宅でできる点です。

アナログ入力や同軸も備えていることです。
CDPのデジタル出力で変換することも出来ます。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-06-25 00:03 | オーディオ&音楽 | Comments(0)
2017年 06月 22日

Flektogon 20mm F2.8 red MC 試写

昨日、メンテナンスした Flektogon 20mm F2.8で早速定点撮影です。朝7時
d0138082_13081475.jpg
F=2.8ピントは奥の白い車
d0138082_13243839.jpg
F=5.6ピントは奥の白い車
開放ではソフトフォーカスですが、4つ絞るとカチッとした絵になります。
激変!(^0^)
朝日を入れて、撮影してみます。
逆光には、あまり強くはありません。
d0138082_13342087.jpg
左がF=2.6 右がF=8
絞ると、シャープな絵になり彩度が上がります。
仕事には、どうかと思いますが、こんな絵は好きです。


レンズをSEL1635Zに交換
もたもたしていたら、曇ってきました。
d0138082_13411214.jpg
SEL1635Z 左F=4 右F=22
全開放から解像度の高い絵になります。
絞り値を上げると同じように彩度が上がりますが、解像度には大きな変化がありません。
どことなく繊細で、日本的な落ち着いた色合いです。

どちらも個性があって使い分けが出来そうです。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-06-22 14:27 | もろもろ | Comments(2)
2017年 06月 21日

Flektogon 20mm F2.8 red MC メンテナンス


Flektogon 20mm F2.8のフォーカスリングを廻すと、無限大に近づくにつれ、妙な抵抗と音がするので、分解掃除に挑戦しました。
(自分の記録用です)
Flektogon 20mm F2.8の分解手順を検索しましたが、あまり詳しい情報を見つける事が出来ませんでした
困ったな。このまま状態で使い続けようかな。
でも、フォーカスリングに悪影響が出るだろうな。それに、気分が良くない。

Flektogon 20mm F4のメンテナンス情報 を参考に、レンズの構造を頭に入れ、作業を開始した。
d0138082_22223196.jpg
マウント面の3本のネジを外します。
d0138082_22421679.jpg
絞りリングが外れました。
真っ黒なグリスが、はみ出ています。
汚れが溜まっていますね。
現状、絞りリングはスムーズに動いていますが、はみ出た黒いグリスを取り除きオイルとグリスを混ぜ合わせたものを可動部分に塗りました。
d0138082_22550916.jpg
絞りリングとレンズのずれを防ぐ2本の爪を固定しているネジを外し、フォーカスリングを廻します。
d0138082_23005129.jpg
すると、フォーカスリングが外れます。さらにフォーカスリングの内側のレンズを固定する部分も外します。
d0138082_23040687.jpg
d0138082_23051794.jpg
目的地に到着です。
グリスが真っ黒です。
フォーカスリングの内側にもゴミがありました。

外したパーツはパーツクリーナーを綿棒やティッシュにしみこませて、汚れを取り除きます。


また、我がFlektogon 20mm F2.8は、ネット上で見かけるFlektogon 20mm F2.8で撮影した写真より、少しピントが甘いような気がします。
私のスキルの問題かもしれませんが・・

レンズの剛性も今一不足しているような気がします。
レンズ外周部にレンズを固定していますが、固定リングが緩るみ易いらしく、その部分を確認します。
どうやって外すのかな

まずは、レンズの名前が書かれたリングを取り外します。
d0138082_08500827.jpg
ちょうど、ペンキのスプレー缶のキャップがジャストサイズでした。
レンズとキャップの間に布を挟んで、圧力を掛けて廻します。
ある程度、緩んだら指3本でリングの内側から外側へ力を掛けて、廻しました。

この状態で、レンズ本体を少し廻したら、固定リングが廻ってしまいました。
案の定、レンズをロックしているリングが少し緩んでいました。
d0138082_23314695.jpg
一旦取り外して、こちらもクリーニングしてオイルタッチして元に戻します。
専用工具がないので、マイナスドライバーを使ってレンズをしっかり固定します。
ああ、すっきりした。

d0138082_23135884.jpg
ヘリコイド部分にはどんなグリスを使えば良いのかな。
我が家にあるグリスの中でよさげな物は、SHIMANOのプレミアムグリスです。
高級なオイルのはず。
自転車のグリスですが、大丈夫かな。



おお・・・。滑らかさのと適度な重さ。
上品なタッチに激変しました。


元に戻すのは、分解の3倍大変でした。(^^;
悪戦苦闘の末、絞り・ピント共に改善されました。
良かった。(*^_^*)


覚え書き
絞りは22の状態で、絞りリングをレンズに取り付けしたほうが、うまくいきます。




[PR]

# by okamoto-arch | 2017-06-21 23:58 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 20日

New レンズ

d0138082_22355302.jpg
一昨晩、オークションで出会ったレンズ
タイミングよくアダプターと一緒に届きました。
d0138082_23015613.jpg
このレンズは、CARL ZEISS MC FLEKTOGON 20mm/2.8 JENA DDR です。
d0138082_23043535.jpg
外観はあまり綺麗じゃありませんが、お値打ち価格だったので良とします。

d0138082_23041448.jpg
α7Ⅱと組み合わせて普段使いしたいと考えています。



我が家のリビングで、画像確認です。
d0138082_23101819.jpg
SEL1635Z 16mm
d0138082_23103434.jpg
FLEKTOGON20mm


16mmには、敵わないけど、普段使いには十分な画角がです。
ただ、今回はシャッタースピードが1/5
レンズに手ぶれ補正がななためか、若干ぶれているような気がします。

このレンズ、どことはいいにくいけど、良いレンズだと思います。


[PR]

# by okamoto-arch | 2017-06-20 23:09 | もろもろ | Comments(0)
2017年 06月 19日

再出発

d0138082_09135019.jpg
d0138082_09140236.jpg
とりあえず、こんな感じでシステムを組みます。
d0138082_09150368.jpg
人様にお聞かせできる様にするには、ちょいと時間が掛かりそうなので、Grundigも加えて、スピーカーのレイアウト完了


久しぶりに、今日の音です。
高域アンプのボリューム調整だけを行いました。





d0138082_09172538.jpg
やなさんとのだっちさんから、荷物が届きました。
ありがとうございます。

セットアップが終わるまで、しばしお待ちください。

[PR]

# by okamoto-arch | 2017-06-19 09:18 | オーディオ&音楽 | Comments(2)