Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 23日

すえさんのフォノイコ

d0138082_18101763.jpg
 先日、off会で試聴することが出来なかったすえさんのフォノイコを試聴しました。
サウンドP製という事でしたが、Pさんの自作のようです。
ケースはカタチの物と言うことですが、シンプルでしかも機能的。カッコイイですね。
天板の穴からほのかに真空管の光が見えます。

入出力は共に1系統ですが、MCとMMに対応しているようです。
まずは、TYPEⅢにつないで見ました。
ノイズレベルが低いです。殆ど無音状態です。
これは、期待が出来ます。

ディジョネットとレスター・ボーイのDUO ZEBRAA を聴きます。
打ち込み系のシンセイドラムも難無く再生します。立ち上がりが早く現代的な音です。
温度感は若干私には低めに感じますが、中庸の範囲でしょうか。
音の腰もしっかりしていて金田式DACに通じるものを感じました。

20分ほどの試聴だったので、時間と共にどの様に変化するのかな
近々に徹底試聴します。楽しみ楽しみ!
[PR]

by okamoto-arch | 2009-04-23 17:31 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by すえ at 2009-04-23 18:10 x
長野の有名なガレージメーカーさんのCR型です
数時間経つと密度もUPすると思いますよ。
Commented by okamoto-arch at 2009-04-24 04:45
すえさん おはようございます。
>長野の有名なガレージメーカー
わからないな!
サウンド P
Pから始まる名前なのかな
検索してもそれらしいメーカーが見当たりません。

おしえてください。すえさん!
Commented at 2009-04-24 05:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okamoto-arch at 2009-04-24 05:45
すえさん 情報ありがとうございました。
高級機ですね!
素人で、あの静寂は凄いと思っていました。
CDよりも静かなくらいです。
MCはトランスを使っているのでしょうか。
ソフトンの色気も良いのですが、個人的にはこちらの方が好みかな!
もう少し聞かせてください。
Commented by すえ at 2009-04-24 15:29 x
キリッと締まった音がしますでしょ
のだっちさんも聞かれるようでしたら回して下さいね。
Commented by okamoto-arch at 2009-04-24 17:24
通電後30分ほどで色気も出てきます。
色付けが少なく、カートリッジの個性がわかりやすいですね。
S/N 解像度 情報量 音のダイナミックレンジ どれをとっても
ハイレベルだと思います。
ちなみに、いくらでしょうか?
HPではフォノイコ単体の価格が乗っていなかったようですが・・・
Commented at 2009-04-24 18:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by okamoto-arch at 2009-04-24 18:59
すえさん ありがとうございました。
LCR型だともっと高いんでしょうね。
フォノイコの最終型はLCR型だと思っていたので欲しくなってきました。
kazzさんが挑戦中のフォノイコもLCR型だったような。

ちなみに、kazzデバはLC型です。


<< 電源BOX      例のあれ >>