Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 13日

頂き物のその後

先日kazzさん・やっさんとBBさんから送られたモノは・・・・・・・・・

 
 
 
 
 
 
 
d0138082_985416.jpg
 
kazzさんから送られたのは、kazzさん作のパッシブチャンデバ
カズチャン改め kazzデバです。
これは、友人のN氏の依頼で作られたもの

kazzさんオリジナルのオールアルミの筐体 なかなかカッコいいでしょう
kazzアンプと組み合わせると・・・・・かっこ良過ぎです。

現在私が使っているチャンデバのkazzデバをベースに低域重視の部品構成にしています。
kazzデバN氏号はクロスオーバー周波数1,200Hz 12dB/oct 高域のみボリューム
私もお願いしようかな
試聴のインプレは後日


d0138082_992886.jpg

次にやっさんから送られてきたコンデンサです。
使い古しと言うことでしたが、中には未使用のものも

足の短いものはつぎ足しをして、出動準備完了です。
次期kazzデバ岡本号vol2・3で使用予定ですが、組立作業が完了していません。
試聴インプレは、しばらくお待ちください。


最後はBBさんから送られたCDです。
d0138082_9222458.jpg

1枚はBEV KELLY in Personという女性ボーカルのアルバムです。
サラの若い頃の声ににているような。それでいて独特の雰囲気があり、なかなかです。
特に私の奥さんが気に入ったようです。
ちょっと天地真理に似てませんか?

もう一枚はオーディオチェックCDなども出しているsheffield lad のCDです。
Erich Leinsdorf指揮によるLOS ANGELES PHIHARMONICのCDです。
クラシックは門外漢ですが、1曲目は映画で使われていたような、聞き覚えのある曲です。
2枚とも仕事場中に聞く事にしました。
[PR]

by okamoto-arch | 2009-04-13 09:33 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by jbl375jp at 2009-04-13 09:57
おはようございます。
また、違うブログか、と思っちゃいました(笑)

今回のkazzデバはアクティブなんですか? それも球の・・
気になりますね~
Commented by Kazz at 2009-04-13 16:35 x
ガハハ!作った本人が言うのも何ですけど
確かに並べるとカッチョエ~です!
素敵な画像を載せて頂きアリガトウございます。
Commented by BB at 2009-04-13 16:51 x
Kazz殿:のセンスの良さと凝ったアンプの造りはいつも感心
しております。オーディオと物作りへのこだわりそのもの!!
私は実験的に作るくらいしかやらないですからねえ。
おかもと殿:また、いろいろと見せていただくのが
とっても楽しみです。 ソフトは、まだヘンなのがあります
ので、話のタネにボチボチと・・・ 最近はなぜかフィガロ
の結婚とか良く聴いてます。  ジャズばかり聴くので、
気分転換って感じかな? 
Commented by okamoto-arch at 2009-04-14 01:35
やっさん いつもありがとうございます。
桜も最盛期を過ぎましたので、元のイメージで再スタートです。
ただ、前に使っていた画面デザインがわからなくなり、似通ったものとなってしまいました。

N氏号のkazzデバはパッシブです。
kazzさんらなアクティブも作れると思いますが、kazzさんのこだわりでアンプ部をつくると、完成がいつになるのかな・・・・
今回のパッシブチャンデバを使って感じたのが、そもそも、なぜチャンデバにアンプ部が必要なのでか という事です。
kazzデバは、低域の力強さ・低域の伸び・音の立ち上がりとも超1級品。もちろん音の繋がりもとても良いです。
チャンデバにアンプ部を持つことの弊害の方が多いのではと感じてしまうほどです。

良いプリを使っても、チャンデバのパワー部が良くなければ、その後どんなパワーアンプを使ってもチャンデバのパワー部の音を増幅しているのに過ぎません。
市販チャンデバのパワー部はどの程度の実力なんでしょうか。
せめて、プリアンプ同等のアンプ部がなければ音が劣化すると言うことだと思います。
という事で、私は今後もパッシブチャンデで行くつもりです。



Commented by okamoto-arch at 2009-04-14 02:01
kazzさん こんばんは kazzデバと一緒に送ってくれたスナックエンドウ美味しかったです。日曜日のお昼と本日の夕食でなくなってしました。
食べだすと止まりません。
kazz農園のレモンは贅沢にもレモンサワーで丸ごと頂きました。
酸味の中に甘みがありとても美味しかったです。
子供達には内緒です。

本日、kazzデバの武者修行へ行ってまいりました。
対戦相手はGAUSS4583A+JBL2420+2405をベイリンガーのデジタルチャンデバ(DCX2496 ULTRA-DRIVE PROかな?)です。

われわれとユニット構成が似通っているので、結果は想像どおり中低域がかなり良くなりました。
S氏もWE ISを聴いた瞬間、その違いに納得されていました。

まずは第一関門突破です。

Commented by okamoto-arch at 2009-04-14 02:16
BBさん いつもありがとうございます。
今週末kazzデバをご披露します。
しかし、今回マルチ使いのすえさんが不参加なので、ちょっと残念。
すえさんのチャンデバだけでも参加してくれつと良いのですが・・・

BBさん DACの聴き比べ楽しみにしています。
ブログにUPしていませんが、金田式DAC太郎丸のカプコンを交換。入力3回路にそれぞれ違ったカプコン付いています。
それぞれの違いも結構楽しめますよ。

BBさんはクラシックもいけるんですね。
私は友人が持ち込んだクラシックの中でこれはというもの以外聞きませんが、オーディオと通してクラシックも聞くようになり少しづつですが、コレクションを増やしたいと思っています。

Commented by すえ at 2009-04-14 05:14 x
チャンデバの参加はOKですよ、XLR-RCAケーブルもそのまま付けますね。  
今の設定では荒々しさが消えてつまらない気もします、メモってますので自由に変更してみて下さい。
Commented by okamoto-arch at 2009-04-14 09:06
すえさん おはようございます。すえさんも早起きですね。
チャンデバの参加有り難う御座います。

と突然話しを出しても何のことやらと思われるとでしょうね。、
実は4月19日Linfof工房さんと楽しいお仲間がわが家へお出でになり、恒例のBBQ付off会をします。

すえさんは今回参加出来ませんが、チャンデバを貸し出してくれます。
これでまた、楽しみが一つ増えました。

それではよろしく御願いします。


<< 太郎丸のオペアンプ交換      頂き物 >>