2009年 03月 24日

コンデンサーのブレンドその2

低域のコンデンサー選びをしたいと思っていたのですが、手持ちの中で使っていない2種類の0.22μFのコンデンサーを使って見たくなり、中域で追加試聴することになりました。
d0138082_2344838.jpg
写真の左から

Ⅵ 0.22μF(TRW)+0.047μF(ASC)+0.02+0.015μF(マイカ)
Ⅶ 0.22μF(AUDYN-CAP)+0.047μF(ASC) 
右側が前回写真がなかったエントリーⅤ 0.15μF(TRW)+0.1μF(ASC)+0.33μF(WIMA)

今日は時間がないので、WE IS 4曲めだけでの試聴です。
まずは、前回最も良かったエントリⅢ MIT-CAP+WE です。
いいですね。この曲のバスクラだけで評価するならば、これ以上何を求めたらよいでしょうか。
今日もいい気分です。

エントリーⅥ を聞く事にします。TRWの0.22μFは未使用なので、さほど期待はしてはなかったのですが・・・・・
良いのです。これ以上何を求めたらと  思ったのもつかの間、これは良い。
MIT+WEと甲乙つけがたい MIT+WEの音にもう少し密度が濃くなったような充実感がある。
彫りが深くなったというより、潤いがあると言ったら良いのかな。
大きな差ではないが、質感が少し違うのかも
試しに、MIT+WEにもどしてみると、少し、荒く聞こえる。
こんなはずはないと思うのだが・・・・・・でも現実である。

エントリーⅦ
AUDYN-CAPはツイーターのネットワーク用に以前購入していたもの
なので、エージング済みのはず。ネットワークでは癖のない音で2405とあう。
さて、チャンデバではどんな音を聞かせてくれるのか。
はじめは、マイカと共に使っていたが、ちょっと容量オーバー気味で高域が荒れた感じがした。
0.02μFのコンデンサーを外し、指呼し改善。次に0.015μFのマイカも外し、バランスがとれた。
この状態で、サイドWE ISを聴くと、
これもなかなか良いのである。
MIT+WEよりも明るく元気な音で、音の深みと言う点では少し劣るが、これはこれでありだと思える音である。

多分今日の2つの組み合わせとMIT+WEがBEST3と言うことになる。
この3種は共に僅差。人によって評価がわかれると思われる。

もう少し、別のコンデンサーの音も聞いてみたいな
使っていない0.285μF以下のコンデンサーをお持ちの方、ご一報を

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
[PR]

by okamoto-arch | 2009-03-24 23:32 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by jbl375jp at 2009-03-25 18:11
ベスト3を切り替えて使いますか?・・・(笑)

どこかで手を打たないと、泥沼から足が抜けなくなりますよ(爆笑)
Commented by okamoto-arch at 2009-03-26 02:58
コンデンサー遊びは、まだまだ、はじめたばかり。
この先、クロスの変更やクロス曲線の変更など回路の変更を行う上で、
コンデンサーの性格を把握しなくては、より正確な評価が出来ないかな。

それと、私は泥沼状態 結構好きなんです。)^o^(
Commented by トンビ at 2009-03-26 10:24 x
使っていない0.285μF以下のコンデンサーをお持ちの方、ご一報を
メールにて写真をお送りいたしました、多分・・・・ 新しい車で、取りにきますか?
Commented by okamoto-arch at 2009-03-26 12:00
トンビさん 連絡ありがとうございます。
新しいクルマといっても中古車ですが、いいですね!
はじめての外車ですが、日本車にない良さがあり長く乗れそうです。

コンデンサお借りしたいな。土曜日以降電話して伺います。



<< マイカー      コンデンサーのブレンド >>