2008年 10月 16日

プチoff会

本日、のだっちさんとトンビさんの3人でプチoff会をしました。

のだっちさんがおいでる前に、トンビさんがYAMAHAのパワーアンプPC4002Mを持ち込んでくれました。
重いアンプを持参していただき、感謝です!
片チャンネル400Wのパワー MC2500と出力では互格。何度かトンビさんのところで
聞いていますが、わが家でどんなパフォーマンスを発揮するのか・・・・・

d0138082_22325647.jpg


まずはウーハーで使用。
ウーハーのパワーアンプを変えただけで、全体がYAMAHAサウンドに変身
3アンプ5Wayマルチのウーハーのパワーアンプ(~200Hz)を変えただけなのに。
ウーハーの音の支配力を実感しました。
奇麗で清らかな音です。これはこれでありです。
Jazzを熱く聴くにはMC2500、しかし、一般的にはYAMAHAの方が良い音なのかもしれません。
バランスが良いといえばよいのでしょうか。

しかし、体育会系の音が好きなわが輩にはMC2500でしょうね。

次にミッドバスにYAMAHAを使用。
悪くは無いのですが、MC2500との相性が良くないと感じました。
熱いウーハーにクールなミッドてな感じです。


ここで、のだっちさんが登場です。

のだっちさんが持参してくれたDENONのオープンリールをセッティングしてしばし談笑。
d0138082_532888.jpg

トンビさんとのだっちさんは専門的な話しで盛り上がっていました。
いやはや、お二人の知識には脱帽です

しばらくは、ミッドバスのアンプをYAMAHAの状態で色々聞いてもらい、その後kazzアンプへ切替えました。
やはり、MC2500との相性はkazzアンプの方が良いようです。
沈む音はより沈み、明るい音はより明るくといったように、音の方向性が一致しています。

YAMAHAとの比較でkazzアンプでもE-120を充分鳴らせることもが確認できました。
これは、大きな収穫です。


今日の目的は、のだっちさんの生録をオープンリールで聞く事とミッドバス導入により
どの様な変化があったのか、確認してもらうことです。

オープンリールで聴く音は、自然です。生録の良さがダイレクトに伝わってきます。
特に中高域の滑らかさと解像度は良いです。シンバルのアタック音と響きが減衰していく感じはちょっと感動もんです。
生録時のセッティングについても色々な話しを聞く事ができ、新しい世界を垣間見たような気分になりました。
一度、録音会に同行したいもんです。



ミッドバス導入による音の変化をのだっちさんはどの様に感じられたでしょうか
のだっちさんのHPにかかれているので、覗いてください。



d0138082_10422916.jpg
その後、Jazz Bar 穆然へ行き、4350を聞いてもらいました。
私が、ミッドバスにこだわる理由が穆然の音にあるからです。
カウンターバックの棚の上(実際は棚の後ろから単独で基礎が立ち上がっています。)に置かれた4350は、
ある意味箱庭的な音なんですが、それを不自然と感じさせない何かがあります。
音楽が楽しいのです。
カウンター上部に設置されているので、重低音は出せません。グラスががたがた鳴りだします。
しかし、充分な低音感が有り、中域が充実しています。
高域は高解像度を売りにしたような音ではなく、ドライバーの良さを重視した音だと感じました。
多分、JBLの音ってこんな感じの音なんでしょうね。
以前鳴らしていた4320の音が懐かしく感じられます。
これが原点なのかもしれません。

今日は、のだっちさんと一緒だったので、わが家の爆音に負けまいとボリュームを廻す手に力が入ったのか、
いつもより大きな音だったような気がします。
普段は、普通に話が出来て、しかもオーディオ的に満足できる音なんですよ


あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。

今度は穆然でお酒を飲みましょうね。


JIA写真展2008 ~ 残したいもの 締め切りが20日です。応募よろしく御願いします。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-10-16 22:32 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by のだっち at 2008-10-20 09:38 x
先日はお世話になりました。昨夜、京都から帰ってきました。あれから自宅に帰ってうちのシステム聴きましたが、やはり中域の密度感はおかもとさん宅や穆念に遠く及びませんね。(^^; 出てはいるのですが、音の質がやはり固いですし、低域とつながる部分が少し薄いです。ホーンドライバーの宿命ですね。結局、ミッドレンジに使用してる 2482(改)のクロスを297Hzから204Hzまで下げて使用することで、少しだけマシになりました。

(アルミダイヤフラムにはかなりリスキーに感じられますが、もともとラジアンのフラムは500Hzで75w入力に耐えうる設計ですので、200Hz程度でも数ワットの入力ではダイヤフラムが飛ぶことは無いようです)しかし、いずれはWウーファー化が必須でしょうね・・・。(;・∀・)
Commented by okamoto-arch at 2008-10-21 00:15
のだっちさん 当日はその後勉強会があったんですね。
穆然に付き合わせて、ごめんなさい。

中域の密度感が上がったのは良いのですが、やはり、高域は前よりも
品位が落ちています。
アンプが足りないのと、チャンデバからネットワークに替えたことが原因です。
という事で、ネットワークを使ってドライバーとツイーターを別のアンプで
鳴らしています。
これが、結構いけます。

この状態でのだっちさんに聞いてもらえば良かった。


<< 義理の兄      床下のプチ改修 >>