2008年 09月 09日

ミッドバスにこだわる理由

私が行く、Jazz Bar ぼくねんのスピーカーはJBL4350である。
d0138082_285883.jpg

マスターとはかれこれ20年以上の付き合いである。

JBL4350の前はUREI813だったと思う。
スピーカーの設置場所がバックカウンターという悪条件にかかわらず、マスターは4350
導入を決断した。3年ほど前だったかな

それから、悪戦苦闘すえ、今はとても良い音でなっている。

ぼくねんの音を聞くとミッドバスの重要性がわかる。
バックカウンターの上に置かれているので、最低域はSONATA op1で
絞っているにもかかわらず、充分な低音感がある。

ここで、聞いた後にわが家の音を聞くと低域が寂しい。
ぼくねんの音を忘れるように努力しても2・3日は寂しい思いをしてしまう。

のだっちさん 今度金沢へおいでの際はぼくねんへ行きましょう。

追伸
今日、仕事で外出したついでにぼくねんへ行ってきました。

前回伺った時の方が少し良かったな
しかし、EMT930+ルミエールの音は最高でした。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-09 09:00 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by kiirojbl at 2008-09-09 16:28
ご無沙汰しております。おとがでるだけです。
のだっちさんのBBSでおかもとさんにご挨拶させて頂いた時、どなたなのか分からなかったのです・・・すいません!
おっちょこちょいですが、よろしくお願いします。
Commented by okamoto-arch at 2008-09-09 17:46
おとがでるだけさん。私のブログへお出でいただきありがとうございます。
おまけに、幸せの黄色いホーン資料室 にLINKを貼って頂き、感激です。
おとがでるだけが夏期休暇の間、BBSやブログを巡回していても
何故か満腹感が得られませんでした。
あまり、長期の休暇はとらないでくださいね。)^o^(

Commented by kiirojbl at 2008-09-09 18:43
こちらこそLINKしていただいてありがとうございました。
長期休暇は・・・そろそろネタ切れの噂がちらほらしておりまして・・・

一つ質問なのですが、アイソバリックにすると背面取付けになるので中低域の音圧の低下を感じるようなことはございましたでしょうか?
それから、おとがでるだけは長いので「OD」で呼んでください。
Commented by okamoto-arch at 2008-09-09 21:07
おとがでるだけさん 改め ODさん

ネタ切れ?いんぎら~っと続けてください。

理論的な事はわかりませんが、当初は低域が伸び、しかも、低域の解像度が上がったと思います。
ベースの音階もよくわかり気持ちよく爆音していました。
しかし、最近、低域が不足してきたように感じだし、スピーカーの位置を
変えたり、ケーブルを交換したりしましたが、その傾向は改善できませんでした。
そのため、初心に帰りシングルウーハーに戻しました。
なので、ODさんのコメントのように、中低域が不足するのかもしれません。
Commented by kiirojbl at 2008-09-09 22:04
低域が不足しますか・・・難しそうですね。
理論と言ってもコーン紙同士の間に空間がありますし、解明されていないみたいですね。
試しがいはあるようにいつも思っているのですが、ダブルウーファーの方がいいのかもしれません。
迷います。
Commented by okamoto-arch at 2008-09-10 02:19
ODさん 私の浅はかな考えでは、コーン紙の重量が2倍になるので
foが下がり、駆動力は倍になるので、重苦しくならないのではないかと
思われます。
但し、大きなウーハーの場合、向かい合ったユニットが正確に理論通りの
動きが出来るのだろうかと少々疑問もあります。

アイソバリック方式を採用している製品は、いくつか有りますが、大きなユニットでは有るのかな

私の友人のトンビさんは30cmウーハーでアイソバリックをやっていますが、
こちらは大成功しております。

私の技量不足が問題なのかもしれません
Commented by のだっち at 2008-09-10 09:12 x
一度聴いてみたいですね! とりあえず、9月はそここそ忙しいのですが、後半か、あるいは10月に入ったらまた伺おうかな・・と思ってます。
しかし、写真のリンデマンのCDP・・気になるなぁ・・(笑
Commented by okamoto-arch at 2008-09-10 10:03
リンデマンはいいですよ。ホブランドのプリも私は好きです。

パワーアンプはバックヤードの中で見えませんが、壮観です。
よくぞ個性の違うパワーアンプを使ってここまでまとめ上げたものだと
感心します。
まあ、水先案内人が、セッティングのプロなのでここまでこれたのでしょうが・・・・・
それと、ママが音にシビア。
女性の方が感性が鋭いような気がします。
機械に対する思入れが無いのが、良いのかな。

また、9月の終り頃に連絡を取りあいましょう


<< やなさんDAC      オリジナルLP と 電源ケーブル >>