Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 02日

マコーマックDAC-1

フォノイコに続いて、愛知のB.Bさん所有のDACマコーマック DAC-1の試聴です。
d0138082_5251051.jpg

このDACが発売されたのは、1995年前後だと思われますので、10年以上前の
DACという事になります。
大きさは、No.26SLと同じほどですが、とても軽いです。
音と重さの関係が有るかどうかはわかりませんが、重い方が良い音で
鳴ってくれそうな気がすます。

はじめは、それほど良いとは感じなかったのですが、徐々に良さがわかってきました。
バランス的には、ピラミッド型のバランスで、帯域も広く有りませんが、大変聞きやすいです。
低域は、滑らかさと押出し感が両立していて、アナログ的な音です。
それは中高域についても言えるとおもいます。

気に入りました!

DACのチップは設計が古いので、最近のチップに比べると
解像度や帯域の広さは見劣りします。

しかし、オペアンプがOPA627の業務用キャンタイプに交換されているだそうです。
このオペアンプは音が良い事で有名です
私のチビ助DACもOPA627に交換したいと思っておりました。

最近、アナログを聴く時間が多いせいか、疲れのためか、
音の好みが変わってきております。

マコーマックの音の在り様は最近のDACには無い何かが有ります。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-09-02 05:53 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by のだっち at 2008-09-03 08:39 x
アナログライク!自分もそう感じました。長時間聴いていても心地よいというか、「これはこれでいいかな」と納得できる鳴り方ですよね。マコーマックのDAC、たまーにAudioGonとかの海外オークションサイトで安く出てますよ。大体$500前後でしょうか・・・。日本国内ではなかなか見ませんね。
Commented by okamoto-arch at 2008-09-03 13:54
のだっちさんも、そう感じられましたか。
それとDACと一緒にお借りしているデジタルケーブルの音が
なかなか渋いです。
このケーブルは方向性がありますが、逆使いの方が、滑らかに感じます。
$500ですか
Commented by BB at 2008-09-03 23:33 x
あ、ここの掲示板って、URL入れなくても大丈夫だったんですね~
知りませんでした。
インプレ有難うございます。  キャンOPA627は、標準で搭載
されてますよ。  ビシェイやキャドックの高性能抵抗も普通に
使ってあって、音より、このマニアックな造りが面白いものです。
この会社の社長が自分用に趣味で作ったDACと言ううわさの
製品です。(商品としては使用パーツが高価すぎる?)
私のは、おそらく試作に近いものです。  入手先の人は、
詳細は秘密だと述べてましたんで、これがまた怪しい(笑)
しかも、入手時は動作不安定で、重心の高い、硬めの音
だったんで、若干の調整はしました。
こちらのメンバーでは、おんちゃん殿も使用してますが、
トラポ、デジタルケーブル、電源ケーブルで
かなり音が変わる印象があり、使いこなしは難しいほう
かも知れませんね。 うちはエソテリのトラポにつないで
使ってますが、なんせヘッドフォン主体なんで、正直
あまり音の差とか分かりませんわ(笑)
Commented by okamoto-arch at 2008-09-04 07:06
BBさん DAC-1楽しく試聴させていただいております。感謝です。
DAC-1の出生秘話(?)ありがとうございました。
かなり良いパーツが使われているようですね。
縁があれば、入手したいDACです。

私の書込みは技術的根拠がないので、BBさんにコメント頂けると
助かります。
これからも、おいでください。



<< DACの聴き比べ       フォノイコライザーの聴き比べ >>