Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 09日

DL-103LCⅡ

d0138082_1261734.jpg
オークションで中古のDL-103LCⅡをGETした。ちょっと針が右に
曲がっているが・・・・・まっ いいか。
ケンウッドKP-1100のシェル付き、しかも今まで見た事がないリード線がいています。
撚り線1本づつ被覆されていいます。

果たして、どんな音がするのであろうか。

楽しみ楽しみ


それでは後程


試聴してきました。
まずは重量を計ると、今回GETしたものが、2.2G重い(リード線含む)
なかなか良さそうなシェルです。

エージングもせず、GOLDEN SEAを爆音で聞きました。
今までの組み合わせより、少し重心が上がります。
よりフラットな帯域バランスです。
少し、物足りないと感じる時もありますが、低域は静かに伸びているようです。
高域はすっと抜けるちょっと前で止まってしまってしますが、なかなか良いです。

リード線を今まで使っていたものと交換しました。
0.7G重いです。
音も重くなってしまいました。
今回付いてきたリード線の方が良いです。

前の組み合わせとどっちが良いか
バランスが良いのは今回の組み合わせです。
でも、Jazz的なのは今までの組み合わせかも

結論は直には出せないが、なかなか良い買い物だったようです)^o^(
[PR]

by okamoto-arch | 2008-08-09 12:11 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by jbl375jp at 2008-08-09 14:42
こんにちは。
カートリッジもさることながら、訳ありそうなリード線が気になりますね・・
Commented by okamoto-arch at 2008-08-09 20:43
でしょ。現物は写真の印象よりもっと細いですよ。
被覆は絹でしょうか。ものすごく細い繊維で織られています。

こんな細かい作業どうやってやるのでしょうか

私はやっさんのツイーターのスピーカーケーブルが気になるな


<< 久しぶりのPCオーディオ      PL-70のその後 >>