2008年 07月 26日

shure typeⅢとアナログ遍歴暴露

とある写真を捜していたら、こんな写真がでてきた。
d0138082_064196.jpg

以前は、毎年針交換をしていました。VN35Mが、まだ製造されていたので、気楽に針交換が出来ました。今思えば夢の様な時代でした。
このTYPEⅢは私が所有した2代目。1台目は、針交換ばかりしていたせいか、穴が甘くなり写真のものを購入。
この頃のターンテーブルはマイクロの1500シリーズを使っていました。
d0138082_4513550.jpg

しかし、ターンテーブルをロクサンのRADIUSに買い替えてから、TYPE3はもう使わないだろうと思い、オークションに出品。RADIUSは美しく、音も良いターンテーブルだが、回転が安定しなかった。丸い断面のゴムベルトがよじれてしまい、回転ムラが生じてしまった。今でも、観賞用に欲しいのですが、そんな余裕はありません。
d0138082_4541212.jpg
d0138082_564624.jpg

2年ほどでRADIUSで悪戦苦闘しただろうか。

ついに堪え切れなくなり、YAMAHAのGT-2000Lに買い替えた。
ダイレクトドライブの使い勝手の良さにしばらく満足していたが、なんか味気ない。
そこでトーレンスのTD124を購入。
d0138082_572947.jpg
そうするとまたもやTYPE3が欲しくなり、現在のTYPE3をオークションでGETした。
その頃、フォノイコライザーはマッキンのC-40とロクサンのカスピアンフォノを使っていました。
この頃は、今よりアナログが充実していたと思います。

しかし、TD124とC-40とカスピアンフォノは今は有りません。レビンソンNo.26SL購入のための、手放してしまいました。(-_-;)

いつかはもう一度TD124を所有したいよ。
それと、ロクサンのフォノイコも柔らかい音で良かったな。若干フォーカスが甘めだが、良いフォノイコだと思います。それと、C-40の内蔵フォノ回路はなかなかです。
C-40も、余裕が出来れば、もう一度所有したいプリです。

アナログ回顧録になってしまった。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-07-26 00:17 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by jbl375jp at 2008-07-26 00:27
いまでは豪華な写真ですネ~(笑)
Commented by okamoto-arch at 2008-07-26 05:21
そうなんです。MR針は、まだまだ使えたと思います。ああもったいない。
交換針はTYPE3と一緒に嫁に行きました。
私もMR針のついた白文字鏡面のTYPE3をGETしたいです。
Commented by jbl375jp at 2008-07-27 14:03
Thorens124・・・カッコ良いですネ~
Commented by okamoto-arch at 2008-07-27 15:55
Thorens124カッコイイでしょう
ところで、日本にTD124をレストアする、マイスターがおいでるのを
ご存知ですか。
http://www.thorens-td124.jp/index.htm
次にTD124を入手したら、この方にレストアしてもらいたいと
思っています。


<< 暑中見舞      PL-70 >>