Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 10日

出張先で

昨日は出張でお隣の富山県南砺市へ行ってきました。
家から車で30分の距離なので、出張という表現は正しくないかな!
飲んで、ホテルに泊ったということです。
その、ホテルの食堂に、ALTECの銀箱が置かれておりました。
d0138082_1223119.jpg
ユニットは604のグリーンタイプとのこと。ユニットはAから始まり8Kまであったかな。
とにかく、38cnマルチセルラホ-ンタイプでした。
ホテルの名前はニチマ倶楽部ア・ミューです。

なかなかのシステムですね。
d0138082_12255137.jpgd0138082_12261142.jpg
アナログプレーヤーがガラードの301
デジタルプレーヤーはエソテリックのDV-50sです。
d0138082_12321923.jpgd0138082_1230444.jpg
プリと下段左のパワーアンプはSound&Partsの製品のようです。
詳細は聞き忘れました。
右側の真空管アンプはオークションで見かけるガレージメーカーのアンプです。
ハムノイズがあると言っていましたが、このようなレイアウトではノイズが出ても当たり前のような気がします。

音に関してはBGM程度でしたので、コメント不能です。

kazzアンプで鳴らしてみたいな!
[PR]

by okamoto-arch | 2008-06-10 12:02 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by Kazz at 2008-06-11 00:52 x
素敵なセットですよね~
プレイヤーやCD-P等の選び方から察するに
パワーアンプも何らかの意図があって選ばれたんだと
思います。
んでもKazzアンプは この手の同軸に強そうだから
気持ち良く鳴っちゃうかも知れませんね~
聴いてみたいな・・・と純粋に思ってしまいます。
Commented by okamoto-arch at 2008-06-11 03:26
銀箱と真空管アンプの組み合わせは、良さそうですよね。
石アンプのパワーで鳴らす方法も無きにしも非ずですが、
軽めのコーン紙で能率もよいウーハー、ちょっと癖のある
ドライバーなどの要件を総合的に判断すると、真空管アンプで
うまく鳴らしたいですね!
定版的アンプはやなさんも使われているMC275でしょうか。
kazzアンプが、どう604を鳴らすのか、興味があります。
ホテルのマネージャーと仲良しになって、kazzアンプの
持込試聴したいと思います。
Commented by eiju at 2010-01-07 10:54 x
おせっかいかもしれませんが、南砺市のホテルのシステムにアドバイスさせていただいたもよろしいでしょうか。
私もALTECの銀箱とエソテリックDV-50s、吉柴音響の真空管アンプを使っています。私のシステムもハムに悩まされていましたが、CDを離しただけでハムが抑えられました。吉柴さんのアドバイスではCDが雑音を発信しているそうです。
Commented by okamoto-arch at 2010-01-08 05:15
eiju様 コメントありがとうございました。

良い情報をありがとうございました。
CDPがハムの原因なんですか。
当方、ニチマ倶楽部ア・ミューで宿泊する事は、滅多にないのですが、
近くへ行った際に、コーヒーでもいただきながら、ハム情報を伝授してきたいと思います。
ただし、このアンプがまだあればですが。

拙いブログですが、今後もよろしくお願いいたします。


<< 腸重積      USBメモリー比較 >>