2008年 06月 04日

PCI延長ケーブル

d0138082_749371.jpgPCIコネクター延長ケーブルが届いたのだが・・・・・・・







d0138082_131531.jpg今日は秋葉原に行きました。お目当ては・・・・・・・・・・サウンドカード  ではありません。

仕事です。

電気街口へ来たのは何年振りだろうか。
こんな、超高層のビルが建っているなんて

電気街口で、少し写真を写したあと、照明のヤマギワのショールームを目指しました。
新作発表会に招待されたのですが、今設計している物件の照明計画の情報をしいれてきました。



d0138082_1402919.jpg

ヤマギワのショールームへ到着する前に収縮チューブの束を210円で売っているお店を発見。
安い!!そして、狭い店内へ入って、色んなパーツを見てきました。
電気音痴の私が見ても、仕方ないのですが、とても楽しいです
探し求めていた端子台を発見。
端子台は1個480円でした。

でもでも、秋葉原は誘惑が多過ぎます。オヤイデ電気の前を通りかかった時は、お店の前で10数分うろうろしておりました。(-_-;)

でも、今回は仕事がメイン。たまに東京へ来たのだから、建物見物をしなくては
という事で、東京ミッドタウンのある六本木へ行きました。
d0138082_8132477.jpgd0138082_8221064.jpg
東京ミッドタウンの中に隈研吾設計のサントリー美術館もありましたが、
時間の関係で今回は外観だけチェック。

このような大掛かりな開発が東京ではいくつも実現しています。
田舎者にはこのようなプロジェクトの意味が理解できませんので、ノーコメントです。


d0138082_839226.jpg

東京ミッドタウンの裏の公園に、安藤忠雄設計の21_21DESIGN SIGHTがあるので、見てきました。
現在 三宅一生ディレクション「XXlc.21世紀人」展が開かれていました。
偶然、もりはなえもお供の方を連れて、来ていました。
このスケールの建物がイイですね。
施設は地中に埋もれていて、屋根だけが地上に出ています。
屋根の割れ目から建物に入って行き、展示スペースは地下にあります。
昔の安藤さんの作品の雰囲気が少し感じられ好印象でした。
雑誌で見るより、良かったな。
東京ミッドタウンの裏の公園に有りますので、ちょっと覗いてください。

そのあと、急いで新国立美術館を見てきました。今年なくなった黒川紀章の設計ですが
彼の作品は、おおざっぱで好きではありません。
今回はどうなんだろ・・・・
d0138082_854347.jpgd0138082_8442872.jpg

今までよりはディテールは少し進歩しましたが、建築としては大味です。
残念!国立の美術館に求められているものは何でしょうか。

とにかく、東京は平日だと言うのに、人が多いですね。東京・神奈川・埼玉・千葉で日本の人口の3割なんですって
なんか、変だと思いませんか。この3割の人口の半分近くが地方出身者だそうです。
働く年齢までは地方で育ち、働くようになって東京近郊へ出てくる。
どんどん、中央にお金がたまる訳ですね。地方は、労働者を育成するために、税金を使い
就労年齢になるといなくなる。これでは地域格差が拡大して行くだけです。

この日の東京は、肌寒いのか、大抵の人は、ジャケットなどを来ていました。
しかし、電車の中はエアコンがかかっています。
行き帰りのJALの機内も同様にかなりエアコンが効いておりました。
機内放送では、JALはエコに勤めています などと放送されておりましたが
どうなんでしょうね・・・・もしかして、冷房をかけ無い状況では、この季節も機内の
温度がここまで下がると言う事なのかな・・・・

まあ、東京近郊で生活している方々、ご苦労様でした。
私には、田舎が合っております。金沢の繁華街へ行くだけでも疲れる体質に
なってしまいました。

22時、無事鞁筒へ帰ってきました。
のだっちさんのHPにONKYOのSE-200PCI LTDが届いたと報告が載っております。
掲示板にファーストインプレッションが載っております。合せて、見てください。
エージング終ってどんな音でなるのか、報告が楽しみです。

また、等ブログでコメントを頂いているえぬさんTASCAM DV-RA1000をGETされたようです。
私にとって、もっとも良いインターフェースかもしれません。
インプレッションを楽しみにしています。

やなさんのHPもどんどん更新されております。
皆さん、とてもパワフルですね。
それぞれのアプローチで楽しまれています。
友人のT氏も着々と進歩しております。
取り残された私は、サウンドカードを物色中です。
やなさんPCをお返ししないと、なかなか決心がつかないので、そろそろお返しします。
何を買おうかな。・・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2008-06-04 07:59 | オーディオ&音楽 | Comments(8)
Commented by えぬ at 2008-06-05 19:47 x
DV-RA1000到着しました。USBケーブルが無いので外付けPCドライブとして検証しておりませんが、CDトランスポートとしての初期リポートです。

音色の濃さで色合いを感じさせる絵画的なCEC TL1Xと高解像度で3次元的な奥行きを錯覚できるような写真的なDV-RA1000といったところでしょうか?。もちろん多少誇張していますが。

しかし、事前設定が必要な操作性もPCライクで、本当にPC用を流用したDVD-rwドライブの回転音がうるさく、トレイの開け閉めの動作も含めまさに音楽製作業務用に特化したPCです。

ですから、PCとの親和性がありUSBで接続できるのでしょうね。
Commented by えぬ at 2008-06-05 19:58 x
光学ドライブの回転音が音楽再生時の無音部分で耳に付く為、(ポピュラー系ではそんなに目立たない。ちなみに設置場所はセンターラックでリスニングポイントからは約3m。)リッピング専用で使うことになるだろう。

DNRH-001は大容量外付けHDDからのデーター再生となりそうだが、果たしてこのPCトランスポートとして出すことの出来た音をPCオーディオで越えることが出来るのだろうか?。
Commented by okamoto-arch at 2008-06-05 21:49
えぬさん DV-RA1000の第一報ありがとうございます。
DACは何を使われての比較レポートでしょうか。
同じDACでの比較ならば、回転音のうるさいCDトランスポートよりも
PCオーディオの方が音が悪いとは、考えにくいです。

USBケーブルを買ってきて、PCオーディオのトランスポートとしての
性能をチェックして、インプレッションをえぬさんのブログにカキコしてください。
Commented by えぬ at 2008-06-06 00:54 x
やな様の暫定ホームページの方も新たな展開ですね。記事の中でACS-CX700Mというこれまた激安パソコンを注文されたのことですが、現物が到着する前に改造意欲が失われたと言うことですので、もし宜しければ私が3万円で買い取りしても良いですよ。

その際は私のDNRH-001のマザーボードとスワップする作業をして頂けないでしょうか?。もちろん手間賃もお支払いいたします。

VIA C3よりもC7の方がクロック周波数が高く、なお消費電力と発熱が低いとのことで、またマザーボードにCFカードスロットも付属しているらしいからです。

この改造記事を是非、やな様のホームページで展開しませんか?。

他力本願ですし、okamoto様のコメント欄をお借りしてのお願いですが如何でしょうか?。
Commented by えぬ at 2008-06-06 01:03 x
上記の中で内容が判り難い部分がありました。DNRH-001のマザーボードをACS-CX700Mのケースに入れて使用するのではなく、より高性能なACS-CX700Mのマザーボードを使用する為にDNRH-001のケースを利用したいと言うことが一番言いたかったことです。すみません。
Commented by やなさん at 2008-06-06 02:40 x
えめ様、今晩は。
ACS-CX700MのマザーボードをDNRH-001に移植するのは、
CPUクーラーが無いので難しいと思います。
詳細に関しては宜しければ私にメールを頂けないでしょうか。
メールアドレスは私のホームページの親ページ(ヤナソフト)の
一番下の会社名のメールアドレスです。

マザーボードを交換して性能アップするのなら、私のホームペ
ージで新展開しているその3で使うIntel D201GLY2Aが安くて
お勧めですが、DNRH-001のケースにはCPUファンの背が
高いので収まらないかな。C7を使った安いマザーも探すと
沢山あります。
Commented by okamoto-arch at 2008-06-06 06:36
いやはや、お二人の勢いは凄いですね!
先端派のお二人に対して、私はどう対抗するか
ちょっと方向転換をして、違ったアプローチを試みたいと思います。
最先端の情報をこれからもお待ちしております。
Commented by okamoto-arch at 2008-06-09 09:38
先週行ったばかりの、秋葉原で凄惨な事件がありました。
被害に合われた方のご冥福を祈ります。

今の日本はどうなっているんでしょうね。

悪いのは政治だけでは、ありません。
現状を受け入れ、そこに価値を見出して行く姿勢が大切です。
どんな状況下でも、等しく価値があります。
それを見つけ出せるかどうかが、人生の鍵ではないでしょうか


<< G-03X      裸族のBatta 見参 >>