Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 28日

やなさんPC動作状況 PCオーディオ その21

やなさんPCを使って丸2日が経ちましT。
このへんで、やなさんPCの動作状態をご報告いたします。
HDDが2.5inchに変わっているため、回転音が殆ど気になりません。
真夜中の微音試聴でも、回転音が聞こえることはまれです。
もう一点。発熱量がバッタ君とは比べ物にならないくらいに少ないです。
筐体トップの温度はかなり違います。
このように、バッタ君とは生れが同じはずなのに、育ちが違うためか
品位が違います。

ただ、FrieveAudioでASIOが使えませんでした。
やなさんの許可をもらい、色々設定をいじくり回しました。

その結果、このマザーボードではASIOが不要ではと思えるようなりました。
このマザーボードのサウンドを制御しているのは、HDドライバーなのかな
HDDユーティリティーで出力周波数を48KHzに設定したときだけ、ASIOが使えるように
なることがわかりました。
d0138082_19301527.jpg

41.8kHzに設定すると、ASIOの出力先が見えなくなってしまいます。
また、HDDドライバーだけを認識させてユーティリティーをアンインストールしたいのですが
パソコン音痴の私にではうまくいきません。

でも、HDDドライバーがASIO同様の働きをしているということは無いでしょうか

iTunesのプラグインプログラムのfoobar2000をアンインストールしてiTunesで再生すると
音が良くなっているような気がしました。
私のパソコンの知識ではfoobar2000の再インストールと設定をすることが出来ないので
聴き比べをすることができませんが、今の状態の方が音が良いと感じます。
という事で、ASIOも不要だと思うのですが、いかがでしょうか。
しかし、何の根拠も有りません。
超無責任モードでの発言です。

続きです

何度か、ASIOと標準ドライバーを切替えて音出ししていたら、ASIOでのプレイが出来なくなりました。ASIOの出力デバイスのアサインはちゃんと表示されるのですが、プレイ出来ません。
もちろんHDDユーティリティーの出力は48KHzにしております。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-05-28 19:31 | オーディオ&音楽 | Comments(1)
Commented by okamoto-arch at 2008-05-29 02:26
3時間ほど小音量でやなさんPCを聞いておりました。
音もさることながら、発熱が少ないですね。サウンドカードへの影響なども考えると、MBの交換はメリットが有りそうです。


<< PCオーディオ その22      やなさんPC試聴 PCオーディ... >>