2008年 05月 14日

SさんのNewシステム続編その2

d0138082_19423119.jpg
昨晩、Sさん宅を訪問した。ウーハーに改良が加えられていました。2本のウーハーを逆相で駆動するアイソバリック方式だそうです。確かに低域は伸びて、パイプオルガンも難無く再生できますが、前と比べるとやはり箱が鳴っているように感じます。個人的には以前のように全て平面バッフルだった時のほうが、好みかな。あの、音像は目に見えるようでしたし、スピーカーの存在がまるでなかった。それでいて、強い音も出せるし・・・・なかなかないよ そんなシステムは
Sさんも、その当りにジレンマを感じていて、次回はウーハーのBOXを止めてアイソバリック方式で鳴らす予定だそうです。それは良いかも ダイポールの良さはそのままで、低域が補強されるような気がします。
今のままでは、見た目が少し気になりますが、音が決まればサランネットを製作されるようなので問題なしです。
しかし、Sさんのエネルギーは凄いです!
このような人が、身近にいると、オーディオに対する考え方が広がります。そして楽しいです。
感謝です!

今回もDELLnoteを持込PCオーディオを聞いて頂いた。
d0138082_6291563.jpg

進化の具合を見てもらおうと思ったのですが、CDPやパワーアンプそれにウーハーの駆動方法も変わったので、前回との比較は難しいが、パフォーマンスの高さは確認してもらったと思う。
また、Sさんのコンパクトフラッシュメモリーに音楽データーをコピーしてFrieve Audioで再生するとハードディスクの時より音に静寂性があり、そのためか、音場の見通しも一段と良くなり響きも自然な感じがしました。これは間違いなく良いです。
USBフラッシュメモリーではどうだろうか。
もうしばらくすると16GのUSBフラッシュメモリーが到着予定だが、その前に128Mのフラッシュメモリーでも確認しておこう。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-05-14 19:45 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< PCオーディオ その12      PCオーディオ その11 >>