2008年 05月 02日

PCオーディオ その8

d0138082_730268.jpg
 昨日に続いてPCオーディオネタです。
昨晩友人T氏が、airMac EXPRESS持参でやってきた。
まず、T氏にアウトレットパソコンの音を聞いてもらう。(変な話しだが、T氏は自分が購入したパソコンで、まだ、音出ししていません)
次にairMac EXPRESSをつないで、iTunesの設定を「複数のスピーカーから出力」に設定して、まずはパソコン本体からの音を聞きました。若干低域にボリューム感が出てきたでしょうか。次にairMac EXPRESSから出力します。こちらは結構良いですね。音の立ち上がりが速く力感もあります。Jazzにあいます。ただ、少し音が硬いです。チェロを聞くと倍音が美しいDELLノートの方が魅力的な音です。

そろそろ、お仕事なので、続きは後程

今日の午前中は金沢工大の非常勤講師のお仕事でした。週に一度若い学生と話しをすると気分がリフレッシュされます。脳も若返ればいいのだが・・・・?

話しをPCオーディオに戻すと、PCも音楽を再生する時はオーディオと同じ扱いをしたいと思っています。そのため、DELLノートにもLinfof工房のインシュレーターを使っております。
アウトレットパソコンにはSILTECHの高級インシュレーターを使っていました。
なんとなく、メタルタッチになっているのが、気になりだしたので、カリンのブロックに交換しました。
CDPと同じように、カリン独特の高域のきらびやかな音に変化しました。
ではではということで、Linfof工房のケヤキインシュレーターを使ってみました。
どんぴしゃです。少し、音がほぐれ、音数が増えたような感じがします。
PCと言えども、インシュレーターで音が変わる事を再発見。
これなら、結構いけそうです。
後程、オーディオルームで再度ガチンコ対決をしたいと思います。
それではまた・・・・・・
[PR]

by okamoto-arch | 2008-05-02 07:31 | オーディオ&音楽 | Comments(3)
Commented by やなさん at 2008-05-03 00:09 x
お久しぶりです。

コストパフォーマンスの良いPCですね。スタイルもグーです。

Macの方が音がいいのは、以下のホームページ等で説明さ
れているWindowsのカーネルミキサーが音に影響している
からではないでしょうか。
http://park19.wakwak.com/~soundtherapy/audio/musicpc/musicpc02.htm
http://www.gjmda.com/index.php?no=r36

ASIOドライバをインストールすることで、カーネルミ
キサーをスルー出来ます。インストール後はすぐに
ASIOドライバを利用でき、本ソフトの設定画面から
ASIOドライバの有効・無効やバッファーサイズなどを
設定できます。
http://www.asio4all.com/

Vistaでインストールと動作確認はできました。腰痛の
ため、音の評価はしていません。
Commented by okamoto-arch at 2008-05-03 07:16
やなさん お久しぶりです。腰の状態が良くないようですね。一日も早く治ると良いですね。そんな状況下で、貴重な情報を頂き感謝です。
しかし、昨晩友人のもとへパソコンは帰ってしまい、ASIOドライバの検証は出来ませんが、友人に連絡しておきますので、検証してもらいたいとおもいます。後日結果を報告いたします。
やなさん紹介のHPを読むと、拡張スロットルが使えなくてもUSB接続でデジタル信号を外部へ出してやることも検討の余地があるようですね。ネット上ではUSBは音が悪いと言われていたので、検討除外していましたが、実験もせずに判断するのは良くないですね!
わが家ではDELLノートの音がかなり良いのですが、ASIOドライバをインストールしてみます。わからない場合は、助けて下さい。

Commented by okamoto-arch at 2008-05-05 09:34
やなさん どうにかASIOドライバーとFrieve Audioのインストール及び設定が終了しました。現在音が出ております。iTunesはASIOドライバーをサポートしていないので、正確な検証は出来ていませんが、音がカチッと締まるような印象を受けました。
今は、仕事場のシステムでしか試聴を行っていないので、GW中にメインシステムでも検証してみます。



<< PCオーディオ その9      PCオーディオ その7 >>