Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

075+2405 V.S 1502

d0138082_233451.jpg
 今日の金沢は春のような陽気。メチャンコ気持ちの良い日でした。
陽気に誘われたわけではありませんが、久しぶりに、075+2405(0.22μFオイルコン)
をツイーターとして使いました。
3週間1502を使ってきて、徐々に見えてきた1502の姿。それを確かめるためにも075+2405を聞く必要がありました。
 先日までは2アンプ変則4Wayで鳴らしていたが、今回075+2405はデジアンで鳴らしました。2405にはロシア軍放出のオイルコン0.22μFをかましています。
2440とのクロスオーバーは1502と同じ6,000Hzとし、Candyでバランス調整をしました。
いいですね。1502に比べると、中高域の明るく、2440とのキャラクターとあるように思います。ブルーノートなどはあまりフラとだと味気なく感じる時がありますが、075のキャラクターが2440+2350のキャラクターに合うようです。

d0138082_18522673.jpg
 次に嶋津トリオのall kind of ballardsの3・4曲目を聞きました。この録音の醍醐味は嶋津さんのニュワンス豊かなピアノと岡田佳太のダイナミックなドラミング。それらを支えるゆったりしているが芯のある加藤真一のベースが、バランスよく・ダイナミックに再生できるかどうかが、チェックポイントです。075+2405も悪くはないが、1502に比べるとこじんまりとし、各楽器の奥行き感が狭くなり、音像が前後に重なるように感じます。音の立ち上がりと音の骨格の確かさ、また5,000Hz以上での特性の直進性は1502が勝ります。それでは、1502の方が総べてよいかというとそうではないのです。1502は温度感が少し低いようです。クールな感じがします。5・60年代の小人数のJAZZは075+2405の方が楽しく聞けます。新しい録音やクラシックなどは1502の方が良いようです。 ユニットの物理的な優秀さは1502が勝ります。5,000Hz以上の帯域で使った印象ではツイーターというより1インチドライバー+ツイーターのような性格です。そのためか、音の線の太さや音の厚みの点では1502の方が統一感があります。
ドライバーを使ったマルチシステムで2インチのドライバーと1インチンドライバーを使われる方がいますが、その気持ちは分かります。私も一時は2440と2420を使っていたことがありました。しかし、その時点ではアンプやホーンの性格など色々なパラメーターを制御できずに諦め、075+2405に推移した経験があります。
その点1502は2インチドライバーとの繋がりにおいて、とても良いと思います。
 075+2405は良いにつけ悪いにつけ075のキャラクターが影響します。2405の調整のよって、奥行感やなど改善できると思いますが、現時点では1502の方が総合力と将来性で勝ると感じています。しかし、人間は不思議な物、出来の悪い子供ほど可愛いといわれるように、075+2405にも魅力を感じます。
 今回の結果もデジアンをツイーターに使った時の結果であり、カズさんに御願いしたツイーター号が出来あがると、また、違った結果になりかもしれません。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-11 23:04 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< デジアンの聴き比べ      電源ケーブルの試作その2・3 >>