Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 06日

アナログなお昼

d0138082_13214169.jpg
 今朝は真っ白に雪化粧をした鞁筒もお昼には、雪が消えてしまいました。お昼は結構暖かいです。
昨日、No.25のブーンノイズが解消されたので、今日のお昼はアナログ三昧です。どれも名盤中の名盤なので、解説は省きますが、どれも気持ちよくなってくれました。特にFOUR&MOREはしびれました。トニー・ウイリアムスのdsとロン・カーターのベースがのりのりです。もちろんハービー・ハンコックも素晴らしい。御大のマイルスはWALKIN’で目ざめたような演奏に変貌します。高校時代York片町という金沢のJAZZ喫茶で聞いたマイルスを思い出しました。あの頃のYorkはガラード+アンプジラ+A7という超硬派なシステムでした。奥井さんがわが家の音を聴いたら何と言うかな・・・・
しかし、冷静に分析すると、まとまりに欠ける様な気がします。CDばかりで調整したいたので仕方ありませんが、そろそろアナログの方も調整していきたいと思います。まずはプレーヤーとアームのセッティングからやり直しです。それから針圧とリード線選びでしょうか。
 そうそう、書き忘れて下りました。カートリッジはカズさんからお借りしているDENONのDL-103LCⅡです。DL-103よりは帯域が広く使いやすいですね。私の常用カートリッジはMMタイプなので、No.25(MCタイプ)では使用できません。なので、カズさんにフォノイコの製作をお願いしております。こちらも楽しみですが、カズさんが納得できるフォノイコが出来るかどうか。現在カズさんは格闘中です。このブログにカズフォノイコがアップできるといいんだけど・・・・・カズフォノイコって言いにくいし、カズイコってのも変だし。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-03-06 13:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 電源ケーブル FURUTECH...      No.25のノイズ >>