2008年 02月 23日

電源ケーブル FURUTECH

d0138082_2301383.jpg
 先日Sさんが持参してくれたケーブルFURUTECH FP-314AGが届きました。
構造は3芯ケーブルで廻りにメッシュがまかれております。


FURUTECHのHPから

15 AWG α-導体(断面積:1.82 Sq.mm)
※α-導体:α-導体はPCOCC導体、μ-導体或いはμ-OFC導体をそれぞれα-process処理(超低温処理&特殊電磁界処理)を行ったものです。
●導体  材質:α(Alpha) 導体+ Silver Plated α(Alpha) 導体 素材:Silver Plated μ–OFC導体/μ–OFC導体
 構成(本/mm):Silver Plated α(Alpha) 導体37/0.25 (赤) α(Alpha) 導体37/0.25 X 2C (自然色、黄)
 外径(mm):1.93
●絶縁体 材質:高密度ポリエチレン(赤、自然色、黄)
 厚さ(mm):0.8
 外径(mm):3.43
●撚り合せ:3芯撚り合せ
●シース-1 材質:柔軟性 PVC (Black)
 外径(mm):9.3
●シールド:0.12 α(Alpha) 導体編組
●シース-2 材質:柔軟性 PVC (Brown)
 厚さ(Nom.)(mm):1.5
●仕上がり外径(mm):12.9

●電気的特性

最大導体抵抗:10.0Ω/km
最小絶縁体抵抗:1000MΩ/km
耐電圧:AC 1000V/1 min

となっております。
エージングに最低100時間必要なようです。
このケーブルはMC2500に使う予定なので、延長プラグ仕様で作ります。
パソコンの電源につないで、5日ほどでエージングを完了させるつもりです。

来週末には試聴出来るでしょう。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-02-23 23:12 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by トンビ at 2008-02-26 10:34 x
次はそろそろ、スピーカーケーブルを・・・・・・
簡単に出来る方法があります、現在お使いのケーブルに、同等のあまっているケーブルをウーハのみWで(同一の長さ)使うと、質感を損なわずに、量感、重量感などが、増してきます・・・・ 簡単に出来ますので、今夜にでも早速試してみて下さい。
Commented by okamoto-arch at 2008-02-26 16:35
トンビさん お昼休みに実験してみました。結果は良いとも悪いとも。豪快な音になるのですが、まとまりが、なくなります。多分+-のケーブルが適度なピッチでよってあることが、影響していると思います。私の場合は14GAが最適かもしれません。もしくは現在のケーブルを4m以内にするかでしょう。以前の実験では3mがベストでした。
紹介して頂いた14GAのケーブル以前はよってあるものが、売られていたんですが。現在はありませんね。どうしようかな。


<< ブログの更新ままならず      JIAすわってみる住まいの模型展開催 >>