2008年 02月 12日

インシュレーター

d0138082_23363017.jpg
  今日の金沢は雨。天気予報では雪のはずだったが・・・・
我が家の周りでも、雪がほとんど消えてしまった。なんとなく物悲しい初冬風景です。
 お昼休みに、SUPRALORADをA730に使い爆音モードで、音楽を聞きました。やはり、クラシックが気持ちいいです。ということは、Jazzでは低域が少し音が甘いかな・・・・私のオーディオチェック用CDの中で最も出番の多いCANDYを聞いてみました。
やはり、低域が少し、だぶつきます。でも、解像度が低いためにおきる現象ではないようです。現在、スピーカーが置かれているところは、床の構造が弱いので、そのために起きる現象だと思われます。MC2500の電源ケーブルを交換しただけならば、今の場所でもさほど問題は無かったのだが、A730の電源ケーブルを交換したことによって、さらに低域のエネルギーが増したように思われます。音量ではなくエネルギー感もしくはトルク感と言ったらいいのでしょうか。ここで、元のケーブルに戻せば低域のだぶつきは解消できるのですが、失うものも大きい。床の補強は徐々にではあるが、進んでいるのでもうしばらく様子を見ることにして、今日のところは、A730に使っているLinfof工房製のインシュレーターで調整してみることにしました。常用インシュレーターはベースがチーク上部がオーク(チーク+オーク)のLinfof工房スペシャルバージョンです。もう少し、低域を締めたいので、いろいろ試してみました。始めはケヤキ+カリンを使ってみました。やはりというか、さらに重心が下がり低域が少し重く感じます。なので、却下です。
次はカリン+エボニーです。チーク+オークとさほど変わりませんが、少し高域にキャラクターが乗ります。なので、却下です。次はオールローズウッドです。低域が締まります。しかし、高域が少し硬くなります。
そこで、ウールの高級毛氈をインシュレーターとA730のゴム足の間に、挟んでみました。
いいじゃないですか。解像度はそのままで、高域が落着いてきた感じがします。しかし、少し甘過ぎるかな。そこで、前2枚の毛氈を撤去。いいじゃありませんか
d0138082_0193953.jpg

ここで、ディジョネットのニューダイレクションズを聞いてみました。
ドラムが炸裂します。大変気持ちがいいです。
クラシックのときは、4個のインシュレーターに毛氈を敷くとちょうど良いです。布の敷物は毛氈などのウール100%のもの、もしくは、使わなくなった背広の生地も代用出来るようです。
カシミヤのセーターなども良いかも。一着しか持っていないので、オーディオの敷物には出来ません。)^o^(

毛氈とは、お茶の席で床に敷く赤いじゅうたんです。
[PR]

by okamoto-arch | 2008-02-12 23:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< バレンタインプレゼント?      電源ケーブル >>