2008年 02月 01日

純正電源ケーブル

d0138082_558973.jpg

 MC2500の純正ケーブルを調べてみました。ケーブルをよく見ると、小さなタグにBELDEN C と書かれています。また、絶縁体には16-3 SJ 60C E3465-C LL7874-C 16-3 SJ 60C FT2 KT と書かれております。これが何を意味するのかわかりませんが、16は線材の断面積かもしれません。単線でないと思われるので1.6mm2と仮定すると線材の半径は役0.71mmとなります。絶縁体の劣化した部分がら、中を見ると、麻紐と3色のケーブル見え、1本のケーブルの太さが、2mmほどなので、線材の太さは1.5mm程度かもしれない。
 
 純正ケーブルが決して悪いわけではありません。少なくとも今までは、このケーブルの方が良い感じていました。純正ケーブルの特徴は帯域は広くありませんが、元気な音です。その時の気分で使い分ければ良いと思います。また、絶縁体が劣化している点が気がかりです。そのために、本来の性能が出ていない可能性があります。それと、ケーブル長さが3mもあるので、ノイズを拾っているのかもしれません。時間がある時に、ケーブル長さを2mとし、保護チューブで絶縁してみたいと思います。
 絶縁体などによる音の変化や長さの違いによる音の変化なども楽しみたいと思います。
どんな、絶縁体が売られているんだろう・・・・・?
[PR]

by okamoto-arch | 2008-02-01 06:39 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by 長塀 at 2008-02-02 18:04 x
こんにちは、こちらでははじめまして。
16って言うのはAWGのことでないですかね?
http://www.hitachi-cable.co.jp/ewc/pdf/technical/2-3.pdf
お使いのウエスタンの16AWGなんてのもこれのことですよね。
Commented by okamoto-arch at 2008-02-02 23:40
長塀さん ご無沙汰しております。我がブログに立ち寄って頂きありがとうございます。
16という数字の意味する所はWEのスピーカーケーブルと同じだったんですね。勉強になりました。
S氏の遺品の電源ケーブルは14AWG程度の太さです。
低域の再生帯域が10Hzほど下がるような感じがします。
ケーブルの影響の大きさを改めて体験しました。

また、おいでください。


<< スキー三昧      電源ケーブルと低域 >>