Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 31日

電源ケーブルと低域

 オーディオルームの床補強工事を始めて20日経ちました。週末工事なのでなかなか思うようには進みませんが、焦らず効果を確認しながらゆっくりしっかり作業を進めています。

 先週当りから、地盤改良の効果を感じるようになっていたので、つらい作業もさほど苦にならなくなりました。床下のオーディオフリークにも会えたし、結構楽しいこともあります。

 地盤改良によって、低域が締まってきたことは前にも書きましたが、その傾向は今も続いています。そして、2日前当りから、低域が逆に締まり過ぎて結果中低域が盛り上がりを感じるようになりました。低域をもっと伸ばしたいと感じるようになりました。
 バスレフダクトの調整をして少し改善しましたが、もう少し音が抜けて欲しい。

d0138082_1338317.jpg
 そこでMC2500の電源ケーブルを交換してみました。この電源ケーブルはオーディオショップabcの高岡の店長だったS氏の遺品です。彼もMC2500を自宅で使っていたことがあり、その時に彼が愛用していた自作ケーブルです。ケーブルにネットがかかっているので、どこのケーブルなのか分かりません。プラグはオスメス共にハッべルのホスピタルグレードです。

 以前の印象では、低域が伸び、演奏が静かに感じた。そして、少し温度感が低く、低域がだぶつき気味になった。このケーブルの良さを認めながらも、使いこなせなかった。
 今回はどうだろうと思いながら、純正ケーブルと交換した。 おおお いいじゃありませんか。情報量が多いのか、ライブハウスの空気感が目に見えるように伝わってきます。生々しいと言うのではなく、自然なのです。ライブハウスの空気感が目に見えると書きましたが、そうではなく、ライブハウスの空気に包まれると言った方が良いかもしれません。この現象は低域の再生帯域が伸びたためではないかと、想像しております。
それと、演奏が静かに感じます。S/Nが向上したような感じです。無音状態でも、ざわざわした感じが、押さえられます。

 いままで、わが家で経験した音とは、少し次元が違うのではと一人にんまりしています。
ケーブルを変えるまでは、明らかにドライバーより上の帯域の方が良かった。カズアンプのお陰です。今はもしかして、低域の方が良いのではと思わせる時もあります。

今週末は忙しいので、地盤改良はお休みして、ゆっくり音楽を聞きた~いが、ちょっと無理かな。(*_*)
[PR]

by okamoto-arch | 2008-01-31 09:00 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 純正電源ケーブル      オーディオルームの住人 その1 >>