Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 11日

やなさんAK4497DM2 再試聴

d0138082_10484338.jpg
前回の試聴で、思ったほどのパフォーマンスで無かったAK4497DM2を2日間連続運転させました。
やなさんは、昨年の10月に完成させているので、エージング不足だとは、考えにくいけど、我が家に来てからは、動作チェックしただけで比較試聴をしたので、ちょっとなじみが悪かったのかな^^;。

と言うことで、再試聴をします。

おおお
いい感じです。数日前より随分良い感じです。
音像の出方や帯域バランスは変わりませんが、奥行き感が出たように感じます。
また、音の立上がりも早くなり、私が気になった部分が改善されています。

また、設定を少し変更しています。
SOUND4 SUPER Low に設定を変更しています。
出力はPCM768kです。

その後、ES3098DM2と聞き比べしました。
確実にその差は縮まっています。
ただし、音の傾向は違います。
音場空間が広く、スピーカーから奥に音像が展開するES9038DM2
スピーカーから前に音像が展開されるAK4497DM2。jazz派には良いかも。
我が家では、ライブ録音などは特に良い感じです。







[PR]

by okamoto-arch | 2018-01-11 09:04 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 今朝の鞁筒20180111      やなさんの最新DAC聞き比べ >>