Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 19日

やなさん R-2R基板 試聴

d0138082_20032805.jpg
息子のテスト期間の為、自嘲してたR-2Rの試聴、ようやく普段の音量で行いました。
AK4137P2Dは、PCM 384.0Kの32LJで出力。
PCM嫌いの私としては、今一、テンションがあがりませんでしたが

聞いてびっくり!!
素直な音です。
PCMらしく無い。
いい意味で裏切られました。
PCMに対する考えを改めなくてはなりません。

中低域の音の太さが自分好みで、良い感じです。
とにかくバランスの良い素直な音です。
解像度を強調するような神経質な音とは正反対の音ですが、決して解像度が、悪いわけではない。
音場も広く奥行き感も有ります。

試聴に使うOrendaも広大な大地で歌っているような気がする広さを感じます。
まだまだ、視聴時間が短いので、R-2Rの能力を把握できたわけでは有りませんが、かなり良さげです。
電源は5Vが、2箇所だけ。
電気音痴には、ありがたい。
ケーシングの際も省スペースです。



こりゃ参ったな。






[PR]

by okamoto-arch | 2017-05-19 20:47 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by マイペース at 2017-05-20 12:04 x
こんにちは。
R-2R基板の音が気になりますね^ ^ DSD原理基板の音と同じような感じでしょうか?
私はAK4495DMでPCMで聴いています。AK4137P2Dが完成したのでPCMの384kで音出ししようと
しているところです。
Commented by okamoto-arch at 2017-05-20 21:48
マイペースさん コメントありがとうございました。
DSD原理基板の音は、ICによって音が違いますので、DSD原理基板とは比較が難しいです。
でも、やなさんのAK4495DMは、以前使っていたので比較は出来ます。
AK4495DMで聞くPCMとDSDでは、PCMはメリハリのある音で、よく言えばキレの良い元気な音。悪く言えば、ドンシャリです。AK4137P2Dで、DSD変換して、再生すると、滑らかで落ち着いた音になります。
基本的にAK4495DMで再生するDSDの音に傾向は似ていますが、もっと自然な音に聞こえます。
私は、ES9038DMよりも、魅力を感じています。

ただし、I/V変換方法で評価は変わると思いますので、私の環境下での結果であることを承知願います。
Commented by てにえ at 2017-05-21 08:17 x
このR-2R基板の出力は、写真に写っているトランス(タムラ?)でIV変換しているのですね?

だとすると、トランスとの組み合わせで、更に音質を追求できそうですね。
Commented by okamoto-arch at 2017-05-21 08:31
てにえさん I/V変換はトランスで行っています。
今使っているタムラ、なかなかですよ。
でも、手持ちのトランスでしか試していないので、もっと良い組み合わせがあると思います。


<< こんにちは      クロメダカと姫メダカ >>