2017年 04月 19日

やなさん ES9038DM DAC DSD v.s PCM

d0138082_05423816.jpg
 やなさんES9038DM DACでPCMの音を検証しました。
まずは、私の入力部の構成を明記しておきます。
ラズパイ→やなさんDAI基盤→やなさんAK4137P2D→やなさんES9083DM DAC→I/V変換トランスです。
DACまでの接続は全てI2S接続です。

 AK4137P2Dを使って、ラズパイの信号をPCM768KにアップサンプリングしてDACで再生させます。
毎度思うのですが、AK4137P2Dは本当にすばらしいです。入出力共にPCM・DSDが自由に選べて、出力サンプリングも自由に設定できます。
同時に、システムクロックをジッタークリーニングしてくれます。
現在在庫切れになっていますが、常時在庫して欲しい基板です。


 ES9038DMでPCMを再生しました。
あれれ、ノイズが出ています。
そういや、ES9038DMのPCM再生時の設定を全くやっていませんでした。

ES9038DMは設定項目が沢山あり、PCM・DSD・SPDIFそれぞれで設定します。
PCMの設定でデフォルトから、Sync ModeをNormaiモードからSync Modeに変更し、同期モードとします。
Slock SelectをSCLKx2とします。
JC Bandwidthは、最も厳しいLowestに変更します。
最もシビアで最高の音が期待できる設定です。101.png
d0138082_06205844.jpg
d0138082_07095789.jpg

 この設定で、PCMを再生します。




おおおノイズが消えました。

いや、良い音です。101.png101.png101.png
DSDとさほど差がありません。
PCMの音が良くなったと言われているAK4497DMでも、PCMとDSDでは、DSDの方が2ランクほど好みの音でしたが、
ES9038DMでは、それほど明確な差はありません。
少しだけ、DSDの方が良いように思いますが、プラシーボ効果が働いているかもしれません。
AKシリーズの、PCMの再生は明瞭で明るく切れが良いけど何か深みが足りない音でしたが、ES9038DMのPCMの音は、
私の好みの音に近づいていると思います。
PCMの音だけを較べると、AK4497DMよりも2ランク上の音が出ていると感じました。
DSDの音の差は、PCMほどありません。

ここで、問題となるのが、チップ内でDSD信号がどのように処理されているのかです。
DSDは電子ボリュームで音量を調整出来ないようです。
だとすれば、ES9038PRO内部で、DSDをPCMに変換している可能性があります。
また、ES9038PROの設定項目に、DSD信号の内部処理に関する設定項目が無いようです。
DSD信号の処理については、チップ自体の問題なので、どうしようもありません。


Bunpeiさんより、ES9038ProのDSD信号の電子ボリュームについてのコメントを頂きました。
下記を参照してください。
> DSDは電子ボリュームで音量を調整出来ないようです。
> だとすれば、ES9038PRO内部で、DSDをPCMに変換している可能性があります。

ESS Technology社のSabre32アーキテクチャはマルチレベルΔΣ変調出力です。一方DSD入力は1ビットΔΣ変調信号です。従ってDSD入力はES9038PROの中で何らかの非ΔΣのマルチレベル(これは普通のPCMと同じとは限りません)信号に変換された後、再びマルチレベルΔΣ変調処理されているはずです。途中の非ΔΣのマルチレベル信号の段階でボリューム制御が行われていることになります。
ところでマルチレベルΔΣ変調信号は2のべき乗の重み付のPCMではありません。ユーナリコーディングですので、重みが等しいディジタルスイッチが例えば64個ずらっとならび65レベルを表現するような形になります。

ES9038DMは、PCM音源を使っている人によりグレードアップ感が高いと思います。
とすれば、ES9038DMにあるSPDIFも期待が持てます。
CDPのデジタル信号を直接ES9038DMで再生する事も可能となります。


[PR]

by okamoto-arch | 2017-04-19 06:59 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by Bunpei at 2017-04-19 09:54 x
> DSDは電子ボリュームで音量を調整出来ないようです。
> だとすれば、ES9038PRO内部で、DSDをPCMに変換している可能性があります。

ESS Technology社のSabre32アーキテクチャはマルチレベルΔΣ変調出力です。一方DSD入力は1ビットΔΣ変調信号です。従ってDSD入力はES9038PROの中で何らかの非ΔΣのマルチレベル(これは普通のPCMと同じとは限りません)信号に変換された後、再びマルチレベルΔΣ変調処理されているはずです。途中の非ΔΣのマルチレベル信号の段階でボリューム制御が行われていることになります。
ところでマルチレベルΔΣ変調信号は2のべき乗の重み付のPCMではありません。ユーナリコーディングですので、重みが等しいディジタルスイッチが例えば64個ずらっとならび65レベルを表現するような形になります。
Commented by okamoto-arch at 2017-04-19 11:32
Bunpeiさん
電子ボリュームに関する、コメントを頂きありがとうございました。
PCMに変換されていないということがわかって、すっきりしました。
しかし、詳しい事は理解できませんが、わかる人の為にブログに書かせて頂きます。
Commented by aspyaji at 2017-04-20 13:09 x
岡本さん、早いレビューですね。私はようやく音出しに成功し安定したばかりです。

ところで、DSDはLPFフィルターを通すだけでアナログになるので、ΔΣDACチップ内では、当然OverSamplingやΔΣ変調はスルーして、直接後段のLPF部に送られます。9038のことは詳しくは知りませんがせっかくの信号を捏ね繰り回すことは考えにくいのですが。
Commented by okamoto-arch at 2017-04-21 05:37
aspyajiさん
コメントありがとうございました。
もしかしてasoyajiさんでしょうか?

せっかくコメントを頂きましたが、私には難しすぎて、コメント出来ません。ご了承ください。



<< 久しぶりのやなさんAK4497DM      やなさん ES9038DM D... >>