2016年 11月 17日

JBL 4550補強工事再開その7


d0138082_14582897.jpg
d0138082_14590013.jpg
天板取り付けに作業に取り掛かります。
まずは、カンナで塗装をあらあらと落とし、出っ張り部分を削ります。
次にサンダーで簡単に磨きます。
これで、貼り付け面の準備が出来ました。

d0138082_14595917.jpg
d0138082_15003992.jpg
天板を乗せて、クランプなどで固定方法を検討します。

ホーン部分は天板から、ビス留めするので、先にビスの位置をマーキングして、下穴を開けておきます。
d0138082_05235588.jpg
次に4550の天板にネダボンドを塗ります。
欠けた部分はネダボンドを盛り、へらで平らになるように成型しながら、全体に素早く塗ります。
構造用合板の接着面は、抜け節や割れた部分を重点的に塗ります。
そして新しい天板を乗せ、位置合わせをしてクランプなどでしっかり固定したら、ひたすらビスを打ちます。
d0138082_15012018.jpg
ビス留め所要時間2時間。
作業時間3時間。
片チャンネル無事終了です。
d0138082_15020841.jpg



[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-17 22:52 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by aitoyuuki32 at 2016-11-22 19:06
腰の具合は大丈夫でしょうか(^_^)

箱がしっかりすると低音の塊間もアップですね
音が決まった頃おじゃましたいな~
Commented by okamoto-arch at 2016-11-23 05:40
aitoyuuki32さん

ご心配頂きありがとうございます。
すっかり治ったと言いたいところですが、左足に痺れが残っています。
でも、やれる時にやっとかないとね。

吉と出るか凶と出るか
みなさんに聴いてもらえるような成果が有れば是非是非

蟹も待ってるよ〜!




<< JBL 4550補強工事再開その8      JBL 4550補強工事再開その6 >>