Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 05日

JBL 4550補強工事再開その3

組み立て前の準備です。
d0138082_07244537.jpg
構造用合板の重量を計りました。
天板・底板の大きさは1,578x850で、重量は14.2Kgです。
とすれば、850x907の側板は8.2Kgです。
裏板は1530x907なので、14.7Kgです。
構造用合板だけで、59.5Kg増えることになり、4550BKAは公称88Kgなので147.5Kgとなります。
ほぼ、アップライトピアノと同じ重量です。
ふ~


d0138082_07424354.jpg
ビスの検討です。
今回は2枚の合板(18mmと24mm合計42mm)の接着強度を高めるためにビスを用いますので、引き寄せ力が勝負です。
引き寄せ力の強いビスを左から順番にならべました。
一番左のものは、引き寄せ力が、もっとも強いけど、ビスの足長さが42mmとなり、2枚の合板の厚さと同じとなり、内から外に向かってビスを打つ場合は使えません。
その隣は38mmのビスですが、首から下は、少しねじが切られていないので、引き寄せ力が期待できます。
右の少し短いビスは、引き寄せ力が一番小さいけど、表の合板に食い込む際に少し引き寄せ力が、期待できます。
と言うことは、どれでも良いと言うことかな・・・・・
でも、一応セオリー通り、今回は、主に左から2番目のビスを使って行きます。

d0138082_07254487.jpg
また、ボンドが乾かないうちに、ビス止めしなくてはなりませんので、作業途中でバッテリー切れになっては、話になりません。
今回、新たに、BOSCHのインパクトレンチを購入しました。
ビットは長短2種類用意しました。

その他、ネダボンドとへらクランプも必要です。




[PR]

by okamoto-arch | 2016-11-05 07:31 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< JBL 4550補強工事再開その4      JBL 4550補強工事再開その2 >>