2016年 10月 09日

やなさん AK4497DM ver1.1

d0138082_20564184.jpg
 先日、試聴させていただいた、やなさんの最新DAC AK4497DMの製品版(REV1.1)がリーリースされました。
しかし、既に売り切れ、次回発売は未定です。
何せ、AK4497EQが入手出来ない状態だそうです。
販売されていても、べらぼうな価格なので、購入出来ないようです。困った物ですね。
旭化成もとっとと、パーツ屋さんに、販売すればいいのに。
こんなことしてると、ESS9038Proに市場を独占されてしまうような気がします。
せっかくの国産のDAC。
応援したいけど、今の状態では応援のしようがありません。
まあ、私の応援など、ゴミのような物ですが。

 のっけから、旭化成に対するぼやきとなってしまいましたが、PCM9211DAI+AK4317P2D+AK4497DMはDACとして一つの完成型だと思っています。
今まで、ずっと追い求めてきたFinal DAC
まさしく、その名に恥じない音を奏でてくれます。
やなさんに改めて感謝です。

I/V変換は、試聴の結果、LUNDAHLのLL1538XLトランスを止めて金田式221ハイブリッドアンプを使うことにしました。
中域のしなやかさが、魅力です。
しかし、電源トランスが2個・+ー電源基板が1枚・ヒーター用電源基板が1枚必要です。ケーシングの難易度が数段増しました。emoticon-0141-whew.gif


[PR]

by okamoto-arch | 2016-10-09 21:39 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< サブシステム プチ改造 ネットワーク      サブシステム プチ改造 +サブ... >>