2016年 09月 19日

やなさん AK4497DM PCM vs DSD

 今日は、やなさんAK4497DMのファーストインプレッションの第2弾です。
PCM768KHzとDSD12.1MHzの比較試聴です。
d0138082_15043803.jpg
d0138082_15062987.jpg


プレーヤーは、GENNKIのデジタル出力を使います。
(GENNKI→PCM9211→AK4137P2D→AK4497DM→LUNDHAL→プリ)
d0138082_14535189.jpg
今日最初の音源は、ドルフィーのLAST DATEです。

まずは、PCMで聞きます。
かなり良いです。ちょっとびっくりです。

すぐさま、DSDで聞きます。
DSDどっちが良いのかな、微妙
PCMの方が少し良いかも
音抜けはPCMの方がよいと思います。
しっとり感はDSDなんだけど、PCMもどっしりしていて、今までのようなうわずいている印象がありません。
今までの、DSDの延長線上の音です。
私の環境では、PCMが一勝です。


d0138082_15352515.jpg
次は、CANDYです。
最初は、DSDで聞きます。
いい感じです。
次にPCMです。
少し、うわずった音になります。
スネアーもトランペットも少し、ドンシャリ感が顔を出しました。
LAST DATEの印象とは、少し違いました。

d0138082_15395288.jpg
次は、CANTATE DOMINOです。
左のCDはSACDとのハイブリッド版 右は17年ほど前に発売されたCDで、音が良いと評判でした。
実際、私も以前の環境で聞き比べしたときは、右のCDの方が良い感じでしたので、今回も右のCDで試聴を始めました。

最初はPCMです。
いい感じです。
でも、ちょっとざわざわした感じです。ノイズが多いのかな。
ハイブリッド版を聞いてみます。
あっ こっちの方が、すっきり聞こえます。ハイブリッド版で試聴を再開します。

AK4497DMだと、一曲目のCantate Dominoもうるさく感じません。(*^_^*)
ただし、クライマックスに近づき、コーラスが加わりボリュームが上がるにつれ、音の輪郭が怪しくなってきて、少しうるさく感じました。

次にDSDです。
DSDの方が、パイプオルガンの低域を再生出来ています。
また、先ほどのクライマックスを迎えても、音が崩れません。
CANTATE DOMINOはDSDの方のアドバンテージが出やすいのかもしれません。
d0138082_16372946.jpg
次に、JACK DeJOHNETTEのZEBRAです。
シンセードラムの再生がポイントです。
最初はDSDです。
良い感じです。
次にPCMです。
ダイナミックレンジが広く感じるのがDSDですが、少し、濃過ぎるかも
PCMの方が聞きやすいです。
エネルギー感とボリューム感のバランスが良いです。
PCMでも十分なのでは


AK4497DMでは、DSDとPCMの差が蚊4495DMよりも小さくなっていると思います。
AK4497DMになって、エネルギー感が増したこと、それと帯域が広がり、DACとしても基本性能が上がったことによって
PCMとDSDの差が小さくなったように思います。
また、音源や再生装置によって、評価は変ってくると思います。
傾向としては、PCMは切れが良く音像がシャープです。
ただ、バランスが良く、上付いた印象はありません。AK4495DMでのDSDの延長線上にある音だと思います。
より、DSDはしっとりしていて、低域と大音量の再生に闌けていると思います。

トータルで、少しDSDの方が優位かな。


CDの音をもっと良い音で聞く方法がないのか。
CDの音源をPCでDSDに変換して、SDTrance384で再生したら、どうだろうか。
d0138082_16570773.jpg

PCでの変換ソフトは、KORGのAUDIO GATEを使います。
音源はLAST DATEです。
d0138082_17002635.jpg
最初は、PCMです。
PCMをDSDに変換して、またPCMに変換する。アップサンプリングされているとは言え、良い音になるわけがありません。
でも、聞いてみないとわかりません。

うう やっぱりだけです。なんだか、がちゃがちゃしています。
d0138082_17005601.jpg
DSDです。
いい感じですね。
でもCDPからの同軸をDSDに変換した物と、さほど変りません。
低域が少し良くなったかな



[PR]

by okamoto-arch | 2016-09-19 17:15 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by のだっち at 2016-10-03 09:18 x
やってますね。(^^) 

自分もおかもとさんと環境が違い、原理基盤での試聴ではないので適正な評価できないのですが、あくまで自分の環境に置いては・・・PCで吸い出してソフト上で、CDのPCMをDSD(自分の場合は5.6MHzに)変換して、DSDプレイヤーで鳴らして試しましたが、気持ち・・・静けさや音の出たり消えたりの滑らかさが増した気がするものの、音質としての劇的な変化は感じませんでした。むしろ、自分の環境ではPCMのまま96/24あたりにアップサンプリングしたほうが元気が在っていいような気がしました。

でも自分も難聴以降、昔ほど良い耳ではなくなりましたのであまり変わらない感じで聞こえてるのかもしれませんが・・・。(^^;
自分はオープンリールデッキという「エフェクター」を持ってますので、CDをオープンリールに録音したものをDSD化すると聴覚上、全くプチノイズの無いレコードを聴いているような気がするのです。むしろ、そのままCD聴くより遥かに心地よい音なんです。でも、これも品質的に落ちているはずで・・・なんともオーディオって難しいものですね。

そういえば、ご存知かもしれませんが、近々、10月の14日~16日まで、金沢駅の地下一階のスペースにて、中古レコード市が開催されるとの事ですよ! 久々にアナログレコードでも覗きに行って見られては!?

ではでは(* ^ー゚)ノ
Commented by okamoto-arch at 2016-10-03 13:23
のだっちさん
相変わらずやってます。
他力本願ですが・・・・^^;
今は原理基板を使っていません。その替りAK4497DMを使っています。
この基板は、DSD22.2MHzとPCM768KHzに対応したDACです。
私のPC環境で、KORGのAUDIO GATEでアップサンプリングしても、CDには及びませんでした。
是非、AK44317P2D+AK4497DMの音を聞いてください。

のだっちさんの貴重なテープをDSDで録音しておきましょう。
テープには及ばないけど、SDTrance384でDSDを直接再生すればかなり良いと思います。
ケーシングが完了したら、持参します。
音盤祭、いくつもりです。
のだっちさんは
もし、来られるのであれば、我が家に寄ってください。


Commented by のだっち at 2016-10-15 16:11 x
なるほど、DACだったのですね。ちょっとスペック見てみたんですが、技術の進歩は凄いものがありますねぇ。過去の生録音のテープなどからDSD化進めてます。

ただ、ウチの機材では録音の段階で2.8MHzまでしか対応できていませんので、11.2MHz録音に対応した機器が有れば・・と思うのですが、DSD DISC作るときは2.8Mが便利で・・・(^^;; とりあえず出来ている分でもDSD DISCにして近々お送りしますね。

音盤祭にも、おかもとさんのお宅にも・・せっかくなので久々に行きたかったのですが、タイミング悪く13日に急な仕事が入り、14~15までずっとダメでしたので・・・明日16日が最終日とか・・。かなり行きたいのですが・・・ちょっと難しいかもしれません。(´・ω・`)ショボーン

おかもとさんは行ってらっしゃるようですが、会場はどんな感じでしたか?


Commented by okamoto-arch at 2016-10-16 11:33
のだっちさん
生録のDSD化是非是非
DSDの2.8Mでも、大丈夫ですよ。
我が家では、SACDからリッピングした2.8MHzのDSDデーターをP2Dで12.2kHzアップサンプリングしてDACで再生しています。CDの音源をP2DでDSD12.2MHzにアップサンプリングした物より、アナログに近い良い音がします。

DSDは加工性は良くありませんが、アナログに近い音だと思います。

今年の音盤祭、行けていません。
今日も打ち合わせが、入ってしまって・・・

会場は駅前の広場の地下なので、かなりのスペースがあります。
行くときは、半日は時間に余裕がないと消化不良を起こし、つまらない物を買ってしまいますので、時間の無いときは、行かないようにしています。
もう暫くしたら、少し、時間に余裕が出ると思いますので、平日でも大丈夫ですよ。
いろんな音源をいろんな方法で再生出来ますので、ちょっと面白いと思います。



<< サブシステム プチ改造 +サブ...      AK4497DM >>