2016年 05月 22日

もう一枚のAK4495DM


d0138082_21361251.jpg
やなさんがもう一枚AK4495DMを送ってくれました。

なんで


へへへへ

d0138082_07050436.jpg
知る人ぞしる、AK4490EQAK4495EQの選別品 AK4490SEQAK4495SEQを使ったAK4490DMAK4495DMである。





d0138082_21402891.jpg
早々に音だしです


いいよ。ゆったりしていて音空間が広がったように感じる。
OSコンのエージングには1週間程度掛かるようです。



d0138082_21403505.jpg
最近のハイスペックDACの実力を出し切るには、やっぱりこれが無くっちゃ、宝の持ち腐れ
CDを直接アナログ変換しても、良い音だと思うけど、AK4137 P2DでPCM768KHzやDSD12.1MHzにアップサンプリングした方が、滑らかで解像度が高い。
やなさんのAK4137 P2DはPCMとDSD双方向変換及びサンプリング変換が自由自在
その上、アドオン基板を使って外部クロックも使え、ジッタークリーニングもしてくれるので、とても信頼感がある。
また、SCLKを生成するので、ラズベリーパイの劣悪SCLKを使わなくても良いなど利点が多い。

音にこだわったやなさんAK4137 P2Dなくして、今後進化していくDACの性能を発揮することができないと思う。
早く、やなさんDAI基板が完成するといいな。


[PR]

by okamoto-arch | 2016-05-22 21:45 | オーディオ&音楽 | Comments(4)
Commented by asoyaji at 2016-05-23 10:19 x
私もSEQバージョン送っていただきました。昨夜はんだ付けで。今夜音出るかな。

ところで、最近JPLAYに嵌っていますが、驚くほどの高音質です。
これまでとは次元が違います。

是非ともお試しください。
Commented by okamoto-arch at 2016-05-23 11:22
asoyajiさん こんにちは

AK4495DMはよいと思います。SEQとEQの音の差はそんなに大きくはありませんが、プラシーボ効果もあってか、比較すると良く感じました。
音色やバランスの変化は少ないのですが、解像度が上がるのかな見通しが良くなります。

asoyajiさんおなじみのFN1242Aがに音が近いのはAK4490DMだと思います。

JPLAYよさそうですね。
ちょっと気になっているのですが、
私は、ちょっと違う方向を模索中です。
PCオーディオはラズパイ+volumioで打ち止めして、今は脱PCを検討中なんです。
CDPもしくはトランスポート物色中です。
安くて音が良く見栄えも良い機種希望
そんな都合のよい機種は無いと思いますが・・・^^;
Commented by kkumax at 2016-06-12 09:40 x
>知る人ぞしる、AK4490EQの選別品 AK4490SEQを使ったAK4490DMである。
写真はAKS4495SEQなのでAK4490SEQの記述は間違いですよね?
カタログ見てもAK4490SEQは存在しません。存在したら是非欲しいです。
Commented by okamoto-arch at 2016-06-13 14:59
kkumaxさん
記載ミスです。ご指摘ありがとうございました。


<< シロアリ      久しぶりのAK4490SDM >>