Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 08日

パッシブアッテネーター

d0138082_18230320.jpg
夏頃、とんびさんに頂いた50kΩ 2連ボリュームを使って、パッシブアッテネーターを作りました。
このボリュームは抵抗を切り替える方式で、抵抗はDaleの1/8Wのようです。
ボリュームによって音が変わると聞きますから、興味津々です。
パッシブアッテネーターは、ノイズが気になるけど、電気音痴の私には電源のないので、助かります。
内部配線は、信号線にWEの単線をグランド線にOFCの銀メッキ線を使いました。

ケースは薄いアルミ製の市販品にウォールナットの善板を取り付けました。
これだけで、ちょっと高級感が出ます。
ウォールナットの化粧板は、フローリングの見本を使いました。
厚さ15mmのフローリングを電気かんなで削り、片面を曲面に仕上げています。
ボリュームのつまみは、アイアンウッドにしました。
d0138082_18220648.jpg
まずは、動作チェックです。
linfof工房のアンプとDACの間で使ってみました。

ノイズが少し減り、なんだか音が良くなったような
プラシーボ効果かな(*^_^*)

気を良くして、もう少し手を加える事にしました。
ホームセンターで2.6mmの化粧ボルトを探しましたが、見当たらず3mmの六角ボルトを購入しました。
タップ切り直しして、アルミケースに黒のつや消し塗装をしました。
ちょっと高級感がアップしたでしょうか?

d0138082_18280532.jpg
これで、ボリュームの無い、パワーアンプが使えます。(*^_^*)




[PR]

by okamoto-arch | 2015-11-08 18:28 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< やなさん AK4137EQ P...      JBL 075 16Ω v.s 8Ω >>