Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 16日

スピーカー内部配線3

d0138082_13010504.jpg
てにえ さんがWEの単線絹巻きケーブル24GAを送ってくださった。感謝感謝。
お願いしていた2mツインだけでなく、4mツインも送ってくださった。本当に感謝です。

手持ちのSIEMENS 単線ツイストケーブルと線材の太さを比べてみた。
d0138082_13011810.jpg
どちらも0.6mm程度 両方とも錫メッキ線の単線
WEの被服は絹と紙。SIEMENSはビニール。
さて、音の違いは


さっそく、SIEMENS1mに変えて、WEのツイン1mで試聴しました。

SIEMENSと比べると、少し音がまろやかになりますが、そう大きな違いはありません。
とりあえず、この状態で1日使ってみることに

1日経過。改めて比較試聴をおこないました。
前日と印象は変わりません。
SIEMENS1mとWE1mでは、少しSIMENSの方がエネルギーバランスが
高域よりシフトします。
その為かSIMENSの方が解像度が高いように聞こえます。
WEの音は、ケーブルが太すぎる時に感じるピントの甘さのような気がします。

そこで、4mのケーブルを半分にして、2mで試聴してみます。
被服の色は違いますが、芯材の太さも同じなので、たぶん同じものだと思います。


d0138082_16523897.jpg
スピーカーの間にアンプがあるので、ケーブルが余りすぎですが・・・・・・

アンプのスイッチを入れたとたん、ふくよかで響きのきれいな音が流れてきました。
とてもバランスがよい。
解像度も十分です。
今の状態ではWEのツイン2mが最も良いです。

現在、内部配線は、Grundig360にはWEの撚り線16GAでツイーターはWEの撚り線24GAです。
それらをWEの単線か、SIMENSの単線に交換すれば、
スピーカーとアンプの間のスピーカーケーブルは、WEの1mくらいが、ちょうど良いような気がします。
私のような、電気音痴は、このような些細なことにも目を向けて、少しでも良い音になるよう気を配らなくてはなりません。


とても、有意義な体験ができました。
てにえ さん ありがとうございました。




[PR]

by okamoto-arch | 2015-06-16 16:54 | オーディオ&音楽 | Comments(15)
Commented by てにえ at 2015-06-16 19:32 x
okamotoさん、早速実験して戴き、ありがとうございました。試聴記がとても参考になります。

私は、内部配線にもこの線材を使います。スピーカーだけでなく、アンプの信号線にも使っています。被覆を剥くのが面倒で、作業効率がかなり低下しますが、私のお気に入りです。

なお、ここぞと云う所には、更にグレードの高い(と、私が考えている)絹巻き・ワックス含浸の黒エナメル単線の18AGを用います。こちらは、お分けするほど手持ちがありません。悪しからず。
Commented by okamoto-arch at 2015-06-16 22:06
てにえ さん
本当にいい経験をさせて頂きました。
さらなるグレードアップ方法も教わったので、試作エンクロージャーの成果を元に、改めてエンクロージャーを作り、唯一無二の音作りを目指します。
その際は、ブラックエナメルの単線も試してみたいと思います。

今後共よろしくお願いします。
Commented at 2015-06-16 22:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lagoonchii at 2015-06-17 00:06
Okamotoさん

私も電線病は、表皮効果を考えると、というあたりで治癒したと思い込もうとしていますが、ディープな実証を固唾を飲んで拝見しております。
Commented by てにえ at 2015-06-17 05:34 x
okamotoさん、おはようございます。

注目度も高いようですし、「乗り掛けた舟」。

ヴィンテージの絹巻・ワックス含浸・黒エナメルの18AG単線を2m、特別に進呈することにします。明日の朝投函しますので、今暫くお待ち下さい。
Commented by okamoto-arch at 2015-06-17 06:06
てにえ さん 
おはようございます。
一夜明けて、さらに良くなっています。
ネットラジオのクラシックが、大変心地よく鳴っています。
感謝です。
貴重なヴィンテージの絹巻・ワックス含浸・黒エナメル線は、最終調整の時に、自分でGETします。なので、送って頂かなくても大丈夫です。
楽しみは、あとに取っておきます。(*^_^*)
Grundig360のシステムは、良い状況になったので、エンクロージャーの設計に入ります。
本番の加工はプロにお願いし、今週末にlinfof工房さんご一行がお越しになり、打ち合わせ予定です。
てにえさんもお時間があれば、いかがでしょうか。

Commented by okamoto-arch at 2015-06-17 06:14
lagoonchiiさん
伝染病は怖いです。
かつては、私も伝染病に感染しましたが、今は完治しています。
今回は、今まで使ったことがない、ヨーロッパのビンテージユニットの音と、ケーブルの個性が合っていないような気がしたので、試して見ました。
現状で、満足いく状況になったので、いったんケーブル遊びは終了します。
Grundigにふさわしい、エンクロージャーを作ってあげたいと思います。
キーワードは無骨な気品です。
お楽しみに!
Commented by てにえ at 2015-06-17 07:49 x
okamotoさん、お誘いありがとうございます。金沢へ行けたらそれだけでもとても嬉しいのに、okamotoさんのお宅を訪問できたら更に嬉しいのですが、今度の週末は予定が入っています。無論、おいそれと金沢まで行けないと云う切実な理由もありますが・・・。

ケーブルもエイジングが効きますね。

愛・地球博の年でしたから、ちょうど10年前のことですが、友人宅でvintageのWEのケーブルやら巻線抵抗のヴォリューム、ライン・トランスの音を聴いて、正に目から鱗が落ちました。それまで私は、ケーブルの品質が問題にされていなかった時代の電線の音が良い筈はない、そう云うケーブルを好むと云うのは、きっとセピア色の写真が良いと云うのと同じだろうと極め付けていました。ところが、そこで聞かされた音は、驚くほど鮮烈で瑞々しく「これは何だ」と心底驚きました。

以来すっかり電線病に罹り、暫くはWEのケーブルをいろいろ集めました。今回お送りしたのも、その頃買い漁った物の一部です。
Commented by okamoto-arch at 2015-06-17 08:29
てにえ さん 残念です。
金沢へお越しの際は、ご連絡ください。
かにシーズンですかね。
てにえさんの電線病 WEケーブル限定だったようで、良性の伝染病です。
私は、1万円/m以上の伝染病は悪性と決めつけてします。
Commented by てにえ at 2015-06-17 12:36 x
蟹のシーズンに行けたら良いですね。もっとも、妻からは「お父さん一人、そんな贅沢をして」と昨年咎められました。

電線病は、比較したいこともあり、少しは他の線も集めましたが、私の比較した中ではWEが良かったです。と、偉そうに言うほど集めてはいませんが。

電線病とかLINN病とか、気をつけましょうね。
Commented by lagoonchii at 2015-06-18 01:57
okamotoさん

是非参考にさせていただきたいと思っていたのが、その電線病へのご見識に裏打ちされた、今回の記事です。

恐ろしい電線病の治癒済患者としては、ユニットごとの相性ということもないように思っていたのですが、甘かったようで。
勉強します。
Commented by okamoto-arch at 2015-06-18 15:11
lagoonchiiさん
能率が低く、インピダンスが低いものほど、ケーブルとパワーアンプを選ぶ印象があります。
私は、能率の悪いスピーカーを使った経験がほとんど無いので、いい加減な印象です。
機会があれば、その辺も検証して頂けると良いと思います。

Commented by lagoonchii at 2015-06-20 09:50
okamotoさん

インピーダンスが低いとパワーアンプを選ぶ、そしてケーブルを選ぶというところはすぐわかるのですが、
能率が低いとケーブルを選ぶ、というところは是非検証したいと思いました。
いずれも電流が多く流れるからでしょうか。
ちょうと16オームと8オームの同一種類のユニットの違いを考えていたところなので、悩みます。
Commented by lagoonchii at 2015-06-20 09:58
能率が高いということは、電流がたくさん流れるから比較的に低い電圧でも同じ音圧が得られるということなのだとすると、わかる気がするのですが。

なんか、うまくセットできれば電流駆動がいいという話にもかかわってきそうで、凄いヒントを頂いた気がしています。
Commented by okamoto-arch at 2015-06-21 07:36
lagoonchiiさん
電気音痴なので、理論的な事はわかりません。
能率が低いとケーブルを選ぶというのは、必ずしも正しくないかもしれません。
能率は、車の燃費をイメージしています。
ただし、車体は同じ大きさでなくてはなりません。
能率が低いと言うことは、同じ音量を得るには、アンプの出力が沢山いります。
と言うことは、電気が沢山流れるので、太いケーブルが必要だということだろうと思います。




<< 20150621 楽しいoff会      スピーカー内部配線2 >>