2015年 04月 28日

GRUNDIG360その後3

d0138082_02212189.jpg
d0138082_02212525.jpg
ツイーター遊びが続いています。
先日RFTの4インチコーンツイーターを入手しました。
当初、ツイーターを1個だけで鳴らしていました。
高域が柔らかくソフトになります。でも、ちょっと物足りないような

そこで、ツイーターをダブルにしました。
なんか、いい感じです。
出しゃばらず、でも、ツイーターの良さが出ている。

縦と横どっちがいいかな?????


先日まで使っていた、リボンツイーターと比較すると
リボンツイーターの方が、シャープで現代的な感じがする。
ビンテージ感がなく、あえてGRUNDIGを使う必要があるのか疑問に思える。
オーディオ的にはリボンツイーターの方が優秀なのかもしれないけど
しっかり音楽の本質を伝えつつ、耳障りでない上質な音というイメージではない。
どこか、音楽と対峙してしまうような感じがします。

コーンにはコーンってことか

でも、まだ結論が出せない。

iPhoneでの動画をアップしました。


[PR]

by okamoto-arch | 2015-04-28 02:42 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by mambo at 2015-04-28 23:12 x
岡本さんこんばんは
先日は有難うございました。
コーン型のTweeterは、背面をガッチリカバーして、塞がないと前に飛び出してきません。
例をURLで飛んでいただけば見れます。
Telefunken RB70の例ですが、98dB近く出てます。(引用の前後にf特出てます。)
がっつり背面カバーがありますでしょ。
もしRFTの背面がフルカバーで音圧が低い場合には、それは合わないでしょうね。
普通は、12cm x 8cm位の楕円がこの360には合うと思います。
がんばって〜〜〜
Commented by okamoto-arch at 2015-04-30 09:04
mamboさん 情報ありがとうございました。
私のコーンツイーターの平面は完全にふさがれています。
音圧が低いのかな
Telefunken RB70の98dbという数字は、驚異ですね。
楕円のツイーターも物色してみます。


<< 春      GRUNDIG360その後2 >>