Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 02日

スピーカーのセッティング (ツイーター編)

d0138082_21351331.jpg


先日、スコーカーを2482と2440の2インチドライバーコンビにして、大きく進歩したと思われる、我がシステム。
昨日の朝と今夜の2回で、ツイーター選びをしました。

まずは、2420+カットオフ500Hzのトラクトリックホーンを10,000Hz6dB/octで、2インチドライバーの上でつなぎます。
5,000Hz位から使うと2420の個性がでますが、この帯域だと、2420のじゃじゃ馬的個性が陰を潜めて、聞きやすい音になります。
でも、根本的に、高域は伸びは、十分ではないので、スーパーツイーターが欲しくなります。
 
2420の上に、2405は20,000Hz辺りからのせてやると、良い感じになります。
これはこれで、2405だけの時よりも良いけど、私の好みじゃないかな

とりあえず、動画です。









d0138082_21505447.jpg


今ほど、2420+2405に替えて、linfof工房のALPAIR7の上のGauss1502を、ツイーターとして使いました。
2440+1502の組み合わせは、私がずっと使ってきた組み合わせなので、大いに期待です。

こちらも、カットオフ10,000Hz6dB/octです。

やっぱり、この音なんだよな。私の好きな音は。
後で、綺麗にセッティングするけど、その前にiphoneで録画です。







スピーカーの上を整理して、改めて記念写真です。
d0138082_23495827.jpg



[PR]

by okamoto-arch | 2014-12-02 22:03 | オーディオ&音楽 | Comments(5)
Commented by lagoonchii at 2015-07-10 21:21
okamotoさん、こんばんは。

古い記事にコメントで恐縮なのですが、
このときの、2420+2405と1502だけのokamotoスペシャルの音の比較、何度も聞いているのですが、実際どんな風に違いますでしょうか。可能であればご教示頂ければと。
現在のメインもこの構成でいらっしゃると思っているのですが。
Commented by okamoto-arch at 2015-07-11 00:08
lagoonchii こんばんは
確かに古い記事ですが、今も大して代わり映えしていません。
1502と2420+2405の音の違い
1502は2,500Hz以上で使え、20,000HHzまで伸びています。
ダイヤフラムは1.5インチ 2インチの2420より少し小さいけど、十分大型のツイーターです。特性がフラットなのか、耳障りが、良いとても使いやすいです。

JBLで言えば075と2405を合わせた帯域を再生することができ、075のように明るすぎることなく、上品な高域です。

2420は800Hzから10,000Hzまで再生出来ます。
特性がフラットではないのか、耳障りな音が出やすいです。
2420にツイーターをプラスしないと、シンバルの音がしめった感じになる印象があります。
良いホーンに出会えれば違った結果になったと思いますが

落ち着いた音なの音なのが、1502
じゃじゃ馬的快楽が必要なら2420+075も有りだと思います。

私は10,000Hzくらいで使って
ウーハーとの相性もあるので、再現性が無いかもしれませんが

2420との付き合いは長く、もう30年近いかも
JBL4320を入試して以来ですから。
Commented by lagoonchii at 2015-07-11 00:35
okamotoさん

早速にありがとうございます。
okamotoさんの、2420等との長く濃密なお時間に対する不躾な質問だとは承知で、甘えさせていただきました。
端的なコメントを頂き、中高域の戦略はだいぶすっきりしてまいりました。とはいえ、全体としてまだ頭の中とっちらかっております。。
Commented by lagoonchii at 2015-07-11 02:07
okamotoさん

もう一度最大音量にして聞いてみたら、結構違いが分かった気がしました。

2420+2405の方は、少しエッジが立って固めの明るい音のようだとおくと、1502の方は、もう少し柔らかいが、音の芯が充実した感じ、という差を感じた気がしました。
Commented by okamoto-arch at 2015-07-11 14:56
lagoonchiiさん
良く、こんな音源でわかりましたね。
すごいです。


<< 今朝の鞁筒      スピーカーのセッティング(2イ... >>