2014年 08月 23日

やなさんI/Vアンプ その3

d0138082_250160.jpg

LUNDAHで、音出し。
Rコアトランスx2を使った安定化電源で鳴らすI/Vアンプの音と比較。

 驚くような差はありませんが、中高域の音の抜けは、I/Vアンプの方が良いと感じます。
LUNDAHは、インピダンスの調整によって、どこまで中高域が改善できるかな。
でも、あまり期待できないし

I/Vアンプはパーツの選別などで、もう少し音をよく出来る可能性が残されています。
スケルトン抵抗や良質コンデンサなど

一方、電源にも敏感なので、プラスマイナス電源をどのようにして作るか
今のRコアトランスを2個使うやり方は、重量とスペースの関係場、現実的では無い

でも、オーディオ遊びとしては、楽しめそうなので、当面やなさんI/Vアンプで行きます。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-23 03:07 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by やなさん at 2014-08-24 20:45 x
高価な部品を使っていないI/Vアンプですが、良いですよね。
基板は完売しましたが、再製作中です。
真空管を使ったハイブリッド I/Vアンプは更に良いですよ。
Commented by okamoto-arch at 2014-08-25 04:31
このI/Vアンプ 実にコストパフォーマンスが高いですね。
LUNDAH1個分で、LUNDAHを越えることが出来ます。
これから、パーツの入れ替えを楽しみたいと思います。

真空管I/Vアンプも楽しみにしております。


<< やなさんI/Vアンプ(220)...      やなさんI/Vアンプその2 >>