2014年 08月 20日

やなさんI/Vアンプその1

 ES9018DMのI/V変換は、今までずっとLundahl LL1583XLを使ってきました。
私にとっては、もはや空気のような存在。
無くてはならないけれども、存在を感じないトランスです。

I/V変換方法で音が変わる。

今まで、DACを評価するため、I/V変換方法を固定してきました。
やなさんのES9018DMも完成し、一応、計画していたDACの試聴も終わったので
これからは、I/V変換方法を含め、トータルで音の評価をする必要があると感じています。 
 
d0138082_954592.jpg

これは、やなさんが作ったI/V変換アンプです。
いつもの事ですが、回路の事は、わからないので説明は出来ません。(^_^;)

d0138082_10315395.jpg

まずは、非安定化電源±17Vで、音出ししました。
トランスは2段 100V→60V(EIコア)→12V(トロイダル)→整流回路となっています。

Lundahlと、大きく変わらないと言うのが、第一印象です。
若干、低域が甘くなるかな、という程度。

以前、藤原さんのLH0032もどきI/Vアンプを試したことがあります。
その時は、Lundahlより劣ると感じました。

エージングが済んでいないことを考慮すると、十分可能性があると思います。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-20 10:36 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< やなさんI/Vアンプその2      メインシステム復調か >>