2014年 08月 18日

メインシステム復調か

d0138082_19401247.jpg

名古屋の方々とのOff会のあと、左右のスピーカーの向きがずれを修正するため
左のスピーカーを1㎝ほど移動した。

見た目は良くなったが、どうも低域がブーミーすぎる。
軟な4550だが、前はもうちょっと、しまっていたようなきがする。
このままでは、サブシステムにメインの座を奪われてしまう。

4550の初期型は密閉式だった。
私の4550は後期のタイプで、四角いバスレフポートが空いている。
正式には4550BKAというらしい。後期タイプには、サンスイが作ったものがあり、4550BKSと言うらしい。
我が家の4550は、国産箱の4550BKSなのだ。(>_<)


低域拡大のために開けられたバスレフポートから、いやな音が出まくっているような気がする。
そこで、厚手のフェルトでポートをふさぐことにした。
d0138082_19494859.jpg

これは、いいかも。
実は、一気にこの状態になったわけでなく、徐々にポートをふさいでいき、最終的にこの形になった。
板で、完全にポートをふさぐ手もあるが、以前試したときは良くなかった。
その時に比べると、ずいぶん音が落ち着いてきているので、今なら、完全密閉の方がよいかもしれません。

しかし、この状態でしばらく様子をみます。

最後に、いつもの「今日の音」
iphoneのカバーをつけたまま録音した上、私の持ち方が悪かったので、音が悪いけど、暇なときに聞いてみて。
中盤のアナログ以降は持ち方が変わったため、少しだけよくなりました。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-08-18 19:56 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< やなさんI/Vアンプその1      サブシステム1 >>