2014年 07月 09日

ケーシング

Kazz デバ
d0138082_2255541.jpg

長年、まな板状態だったパッシブチャンデバのケースに板材を使ってお化粧をしました。
板材は、農家の2階で長年床板として使われていた板材を使用しました。
囲炉裏の煙でいぶされいて、かんなを掛けると灰色の木目が現れました。
その板を、オイルで拭き上げました。
そうすると、飴色に変わり、何とも良い案配になりました。
材種は、タモかな?
今では、人工燻製されたものをフローリング加工し、サーモンアッシュという呼び名で、販売されています。


SG520もどき
d0138082_236111.jpg

次に、やなさんが製作したSG520もどきをケーシングしました。
電源BOXのケースはパチスロの電源トランスケースを流用。
安定化には、秋月のTPS4700A7基盤を使いました。
トランスは、トロイダルトランスとRコアトランスとEIコアトランスの音の違いを確かめ、
一番お気に入りのEIコアトランスでケーシングすることにしました。
SG520もどきの基盤は左右別々です。今回電源部も左右で別々とし、デュアルモノ構成としました。

d0138082_2484263.jpg

ケーシング後、一つの電源部から左右の基盤に電気を送りました。
帯域バランスの変化などはありませんが、少し音が雑な感じに聞こえ、音量を上げると、うるさく感じます。
気分的なことも含め、電源部のモノラル化のメリットはあるように思います。
d0138082_7213513.jpg

ついでに、イコライザー回路部分もマルツ電波で購入した1,100円ケースに入れました。
大きさ、デザイン共に電源部と違和感がなくなり、まずまずです(^_^;)


Kazzイコ
d0138082_2443226.jpg

さて、最後に、Kazzさん作のフォノイコの電源部です。
こちらも、前はトライダルトランスでしたが、EIコアトランスに変更してもらい、大きく低域が改善されました。
Kazzさんありがとうございました。
d0138082_247465.jpg

いつかは、こちらもモノラル化したいな。
[PR]

by okamoto-arch | 2014-07-09 02:52 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< Off会      久しぶりのBuffaloⅢ その2 >>