2014年 06月 16日

やなさん ES9018DMその2

d0138082_23141835.jpg

早朝、やなさんES9018DMの音だしまで、こぎつけた。

前日、ワールドカップ 日本 vs コートジボアールの時間に地域のソフトボールバレーボール大会に出場し予選で敗退。
その疲れから、21時に就寝。

4時に起床したが、疲れが体全体を覆っていた。

もう少し、寝ようとも思ったが、前日行われたワールドカップ初戦敗戦のショックが大きくて、眠れない。

4時から始まるフランスvsホンジュラス戦を見ようと一瞬脳裏をよぎったが、日本の敗戦を受け入れられない自分が、ノーと言った。

心身ともに重く仕事を始められる状態でなかった。

でもこのまま一日ぼーっとしてられない現実もあり、気分転換にオーディオルームに入り、作業途中のやなさんES9018DMと向き合った。


前々日の作業で、ケーブルやコネクターの作業もほとんど終わっていた。
配線ミスがないか、特に電源周りのミスは致命傷となるので、入念にチェック。

そして、意を決して電源を入れた。
トグロスイッチのパチッという音と同時に、ES9018DMの文字がLCDに表示された。

配線ミスがなかったようだ。ほっ!

電源部は、トランス4台電源基盤4x2段の超豪華仕様です。
(内UDAとP2Dの電源はトランス1電源基盤2)
メーカーじゃこんなことは絶対にしないよね。
自作の特権です。

d0138082_23142330.jpg

みどりの枠が、BuffaloⅢをDM化したシステム
白い枠が、やなさんES9018DMシステム。
大きさが、全然違う。

もともとBuffaloⅢは、1枚の基盤でステレオ再生や8チャンネル再生できる仕様。
単純比較は出来ないが、それでも、やなさんES9018DMの省スペースは驚異的。

やなさん すごい!

音だしして、1時間。ようやくコンデンサのエージングが始まったようだ。
この時点での音の評価は差し控えよう。・・・・・・・・・・・・



やなさん ありがとう!
[PR]

by okamoto-arch | 2014-06-16 23:22 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< 久しぶりのBuffaloⅢ その2      やなさん ES9018DMその1 >>