Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 21日

やなさん原理基盤 & I/V変換アンプ

 今日、やなさん原理基盤32TAPが届きました。
今回は4SET購入。
どのICと組み合わせようかな

原理基盤と一緒にLH0032を使ったI/V変換アンプも送っていただきました。 
d0138082_20151520.jpg


I/V変換に使っているLUNDAHL LL1538と比較試聴をします。
前にも別のオペアンプで比較試聴していますが、今回はオペアンプの名器LH0032ということで
大いに期待しています。

第一印象は、さほど変わらないと思いました。
どちらも、正確にI/V変換が行われているのでしょう。

でも、細かなところは違います。
S/Nは1538の方が若干良いと思います。
低域の力感はアンプの方があります。LH0032の特徴が音に反映されているように思います。
少し、表現過多な部分はありますが、より音楽が楽しいのはアンプの方です。

どちらが良いということはできませんが、解像度を求める人はLUNDAHL
楽しく音楽を楽しむ人にはLH0032を使ったアンプかな

でも、組み合わせによって、評価が変わりそうです。
似通った部分も多いのに、目的とする音が違うような印象です。
また、一つ欲しいものが増えてしまいました。(*_*;
[PR]

by okamoto-arch | 2013-07-21 20:35 | オーディオ&音楽 | Comments(11)
Commented by やなさん at 2013-07-22 00:03 x
LH0032良いでしょう。
でも、サイズが問題です。LH0032変換基板と放熱器を付けると
高さも嵩張ります。+ー電源も必要です。
小型ジッタークリーナーを使っても、今のケースには収まりません。
ケースを替えるまでは、ルンダールのトランスで行きます。
Commented by okamoto-arch at 2013-07-22 09:31
やなさん 確かにケーシングが大変ですね。
トランスは3個必要ですしね。
今朝はルンダールで試聴しました。
アンプ式メリハリがあり、明るい
LUNDAHLは、落ち付いた感じがする。でも、抵抗で正確も変わるから
現在2.2Kだけど1K当たりもおもしろいような気がします。お借りしている間に試してみます。
Commented by asoyaji at 2013-07-23 09:27 x
私はルンダールの後に、東京高音のアッテネーター+バッファを付けていますが、このバッファのオペアンプにLH0032を使っています。どちらも音質が大きく変わります。うちでは両者の個性がともに生きて素晴らしい音になっています。
Commented by okamoto-arch at 2013-07-23 22:19
LH0032の個性が好きか嫌いかによって、評価が分かれると思います。
VHC ABT AHCの3種類のやなさん原理基盤のI/V変換をLUNDAHLとLH0032アンプで比較しました。
LH0032と一番合うのが、意外なことにVHCでした。
逆に一番合わないのがABTです。
AHCはそれぞれ良いところがあるので引き分けでした。
VHCの弱点である高域をLH0032がカバーしてくれます。
高域が伸びているというより、高域の特性が良くなったのか
不足感を感じなくなったという感じです。
低域がだぶつくのではと心配していましたが、低域がしまってよい感じでした。
二つの個性が助け合った感じです。
Commented by asoyaji at 2013-07-25 09:00 x
人それぞれ様々な組合せで聴いているので、1つの機器や部品の個性だけで音を言いきれませんね。うちではダメでもあちらではOKといったことですね。
VHCも試してみることにします。
Commented by okamoto-arch at 2013-07-26 01:21
個人的にはABTも好きです。
P2Dが二つあるので、2台組もうと思っていますが、それぞれに良さがあり本当に迷っています。(^_^;)
Commented by okamoto-arch at 2013-07-26 01:35
asoyajiさん 私は次期VHCではIC2と3をAHCのICを使う予定です。
AHCの方がローノイズなので、VHCのローノイズ化が少し期待できます。
でも、今はモチベーションが低いので、作業は何時になることやら(^_^;)
Commented by テイクファイブ at 2013-07-27 06:42 x
DAC9018S+シンプルIV(オールOPA627BP)で使っていますが、I/V変換をルンダールLL1538に交換してみました。
静かで滑らかで良いですね。
少し中低域が厚く感じたのでルンダールをホーザンで消磁したところすっきりしてバランス良くなりました。
ルンダールは帯磁に敏感なようですね。
すでに御存知でしたら失礼いたしました。
Commented by okamoto-arch at 2013-07-27 08:27
テイクファイブさん 消磁情報ありがとうございます。
帯磁について真剣に考えたことが、無かったので消磁機なるものをもっていません。
価格もリーズナブルだし、購入してみようかな
どのタイプがおすすめでしょうか
Commented by テイクファイブ at 2013-07-27 08:58 x
消磁器はGreece7さんから教えていただいたホーザンHC-33を使っています。
http://www.yodobashi.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%B3-HOZAN-HC-33-%E6%B6%88%E7%A3%81%E5%99%A8/pd/000000224701104637/
HDDやスピーカーなどマグネットを使っているもの以外ほとんどのオーディオ機器に効果があります。
Commented by okamoto-arch at 2013-07-27 10:43
さらなる情報、ありがとうございました。早速、ポチッちゃいました。

楽しみが一つ増えました。


<< 長くて楽しいハードな1日      やなさん原理基盤 VHC版32TAP >>