2013年 04月 05日

GATES CB-500 マット交換

 CB-500が我が家に来たのが2010年7月
ようやく、CB-500にふさわしい環境が整ってきたと思う。
これを機に、CB-500のフェルトマットを交換することにしました。

フェルトをめくり始めたのは良いのですが、プラッターとフェルトは薄いフィルムで接着されていて
剥がすのが容易ではありませんでした。
このフィルムでプラッターの振動を抑えているのかな
剥がし始めた事を後悔しましたが、後の祭り。
d0138082_6401538.jpg

シンナーでフィルムを溶かし、のりをへらでそぎ落として粗方きれいにしてから、金属研磨剤で磨き、
Kazzさん伝授のワックスで磨き上げどうにか、きれいな状態になりました。(#^.^#)
d0138082_6395682.jpg


次に、やなさんにいただいたスエードの切り出しをしました。
カットにはコンパスの先端をカッターに変えて行いましたが、これが大失敗。
生地を引きずり、円が歪みしかも、生地のたわみが発生。
見てくれが悪すぎです。
d0138082_6441657.jpg

これでは、CB-500に申し訳ない。
ネットで調べましたが、同じものがありませんでした。
この、微妙なオレンジ色が気に入っていたので、やなさんに相談。
やなさんが手持ちの生地を送ってくれました。
感謝感謝です。
いつもいつもすみません。

送っていただいた生地を慎重に切り出します。
今回はカッターを使わずに、ハサミでチョキチョキしました。
d0138082_653934.jpg

完璧というわけにはいきませんでしたが、自分的には結構きれいに切れたので満足。)^o^(


さて、スエードのマットで視聴です。
前のフェルトの方が、輪郭がはっきりしているかな。
全面貼りの効果があるのかもしれません。
d0138082_91676.jpg

ということで、スエードと5mm純毛マットを組み合わせてみました。
どっしりとして、静寂感があります。
次に3mmこちらの方が若干元気な感じがします。

次にROKSANのマットでも試してみました。
d0138082_9154476.jpg

これは良い組み合わせです。
適度に元気があって情報量も多いような気がします。

失敗した、スエードのマットを401用に作り直しました。
d0138082_9165796.jpg

デザインも良いし、エコだし。満足!
さて音の方は、いいんじゃない。オリジナルのゴムマットよりは良いと思います。


しばらくは、マット遊びをしてみます。
[PR]

by okamoto-arch | 2013-04-05 09:18 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by のだっち at 2013-04-07 08:46 x
やってますね。それにしても、この頃のプロ用機器って採算度外視してるのがおおくて造り込みが凄いですよね・・・。
Commented by okamoto-arch at 2013-04-07 09:05
CB-500と比べると、ガラードがおもちゃのように感じます。
CB-500はターンテーブルというより、ろくろに近いです。)^o^(


<< お花見      サッカーのビデオ >>