Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 12日

38cmバーチカルツイン Gauss4583ADW

 10月にスタートしたメインスピーカーの再構築。
2ヶ月たってそこそこよい状態になってきた。
しかし、バーチカルツインを目指してスタートしたが、現在は下段の4583ADW1本しか鳴っていない。
これでは、バーチカルツインとは言えない。

この状態で、楽しくお正月を迎えたいところだが、それではなんかね!
男の子なら、初心貫徹でしょう。
ということで、上段4583ADW化を開始
d0138082_4593054.jpg
D130は、しばらくお休みしてもらいましょう。
メインスピーカー構築のあと、君にはもっとすてきな家をプレゼントしてあげますよ。

d0138082_585377.jpg

上段のダクトは、下段と同じ40cmほどの折り曲げダクト

箱の中に入れると
d0138082_512410.jpg

有効容積がさらに少なくなっている。実質100Lほどかも。
でも、ダクトを外に出すのは、みっともないよね。

d0138082_4514230.jpg

組み込み完了。
そうそう、いつもの試聴曲を聴きながらダブルウーハー化による音の変化をチェック。

なんだか、低域がふわっと出る感じです。
ウーハーboxを大きくしたときの変化に近いかな

鈴木勲のBLUE CITYの出だしのベースソロが流れたときに、鳥肌が
弦の震え、胴なりがはっきり感じられる。
そしてスタジオの空間までもがわかる。
今まで、何度も聞いてきた曲なのに、全然違った印象。

低域の情報量が多くなったようだ。コーン紙の振幅が少なくなるからだろうか。

でも、良いことばかりではありません。
ボーカルが少しビックマウス的鳴り方をすること
フルオーケストラを聴くと空間が広がらないこと

原因がいくつか考えられる。
1)ダクトのジョイント部分は、テーパーがかかっていて、差し込んだダクトが一定の位置で止まっていないこと
2)上下のboxが分かれているために、床からの影響に違いがあるため、上下のウーハーから出ている音が違うため。
1)は何とかなるが、2)はこの箱ではどうすることも出来ないか(^^;)
[PR]

by okamoto-arch | 2012-12-12 04:52 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by Kazz at 2012-12-12 08:25 x
一度 ウーハーの横並べも試してみたら・・・
JBL DD 6xxxx みたいに僅かに外向きにしたりして・・・
意外に良いかもよ!?
Commented by okamoto-arch at 2012-12-12 09:03
猪飼さん ダクト長さを揃えても、改善されなければ、バーチカルツイン配置はあきらめようと思います。
予定では、2段積みしてもし良かったら、箱を新調しようと思っています。
確かに横並びしかも確認が必要ですね。
別箱なので少し向きを変えて配置することも出来ますしね。

猪飼さんが近くにいてくれたら、いろいろ楽しみながら実験できるのにね。
バーチカルツイン箱の新たな計画も妄想中です。(^O^)


<< 今朝の鞁筒      今日の鞁筒 >>