Studio Okamoto の 徒然日記

okamoto1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 26日

GATES CB-500の整備 2

d0138082_9384449.jpg

模型専門店でタミヤの塗料を買ってきました。
何色か調合して、CB-500のトップの補修穴をタッチアップします。

d0138082_9414663.jpg

いったん、パテ埋めしたところを塗装しました。
ベースの色は場所によって、微妙に色が違う。
長い年月を経ているので、設置環境によって、退色具合が違うようです。
アーム付近は若干濃いです。

d0138082_9415551.jpg

筆や爪楊枝で、少し塗料を盛ります。
しかし、この作業がなかなか思ったようには、行きませんでした。
筆などの先端に付ける塗料の量が少ないと、全然塗料が付きません。
多いと、大きな粒になってしまいます。
思ったようには、行きませんでした。

これだと、ちょっとわざとらしいですね。
少し、ペーパーで塗料の頭をカットしてみようかな。

d0138082_9525949.jpg

どうでしょう。夜だと、さほど気にならない。ことにしましょう
これで、いったん穴埋め作業は終了とします。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-09-26 09:54 | オーディオ&音楽 | Comments(10)
Commented by Kazz at 2012-09-26 11:53 x
解んない!解んない!上出来でしょ♪♪
Commented by okamoto-arch at 2012-09-26 14:23
えへへ。Kazzさんのご忠告のおかげです。

最も補修痕がわからない写真をアップしました。(^_^;)
実際はもう少しわかりますが、気にしないkとにしました。
時間とともになじんでくれるでしょう。
Commented by jbl375jp at 2012-09-26 15:53
いやいや立派なものです!
Commented by okamoto-arch at 2012-09-26 17:54
やっさん お褒め頂き、めちゃうれしいです。
早く音だししたいな。
Commented by FD at 2012-09-26 18:36 x
お見事!
私なら剥離材かけて、ハンマートーンでオールペンしちゃいます。
大掛かりになってもそっちのほうが楽そうなので。
Commented by okamoto-arch at 2012-09-26 21:14
FDさん ごぶさたです。
一時はハンマートーンのオールペイントを考えましたが
私の中では、CB-500のハンマートーン塗装がしっくり来ませんでした。
特にオリジナルにこだわったわけでは、ありませんが。
ちょっと生意気ですが、まっさらになるより、かすかに修理痕を残すことで、
CB-500の歴史とCB-500への愛着が、そこに刻まれたように感じました。
Commented by ボロトレーン at 2012-09-27 14:31 x
はじめまして、いつも楽しく読ませてもらっています。
私も去年、フェアチャイルドを剥離し、塗装しましたが、剥離途中で前のちがう色が出て来て、歴史を感じました。
今は元とは全く別の色になりました、キレイにはなりましたが剥離した事を後悔しています。
Commented by slowhand.st56 at 2012-09-27 19:52 x
ビンんを見た時に田宮カラーと思ったのですがやはり...   
Commented by okamoto-arch at 2012-09-27 22:57
ボロトレーンさん 初めまして。
コメント頂き、ありがとうございます。
フェアチャイルドのターンテーブルをお使いなんですか。
フェアチャイルド美しいカーブのアームは、知っていますが、
ターンテーブルについては、知りません。
あの美しいアームを設計するメーカーなので、ターンテーブルも
美しいんだろうな。
全塗装されたんですか。剥離剤を使ったことで、歴史を感じることが出来たのでよしとしましょう。
また、お暇なときにでも、コメントをください。
Commented by okamoto-arch at 2012-09-27 23:02
ビンんを見て田宮カラーとわかるなんて、凄いな。
プラモに着色したことが無い私には、未知の世界です。
ところで、slowhand.st56さんのファーストネームはリョウノスケでしょうか。



<< 2012金沢市民スポーツレクリ...      IKEA >>