2012年 06月 14日

デスクトップオーディオ

d0138082_7442112.jpg

 デスクトップオーディオ ってカテゴリーがあるのかどうかは知りませんが、okamoto流のデスクトップオーディオを楽しんでます。

okamoto流とは
その1) あまり、お金をかけない。手持ちの余剰機器の中でまかなう。
その2) 仕事をしながら使うので、聞き疲れしないこと。そして、しっかり音楽を聴きたいときは、正しく楽しく音楽が再生されていること。

デスクトップで使うスピーカーは、どれも小型である。
でも、小型でいいの。

大型フルレンジの方が、実体感があっていいんじゃあないの
ということで、YAMAHAのボンセンを後面開放で鳴らしています。

振動版が広いので、音像も適度な大きさがあってよいです。

白いボンセンは、世界で1台だけかも(*^_^*)

d0138082_812334.jpg

アンプはS.M.S.LのSA-50です。
そして、昨日、とんびさんにお借りしたS.M.S.LのUSB_DAC SD-1955を使います。

JAZZ RADIO の音源でも、かなり楽しめます。

スピーカーは、1,000円 アンプは6,000円弱 DACはとんびさんからジャンク品をいただく予定。
なんとも、コストパフォーマンスの高い音です。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-06-14 08:08 | オーディオ&音楽 | Comments(2)
Commented by のだっち at 2012-06-18 00:16 x
やってますね(笑
オイラは、ココ最近はちょっと違った方面に走りすぎてますが、
また、近々マルチに戻ります。(^^;

でも、その前にまたヘンなもの仕入れてしまいました・・・
そのへんは後日に・・
Commented by okamoto-arch at 2012-06-18 06:46
のだっちさん 久しぶりのマルチシステムを聞いた感想はいかがでしたか。
あっしは、最近、小型スピーカーしか聞いていないので、マルチシステムに戻れるかちょいと心配です。
体力・気力が続くかな。

300Bを入手されたんですね。価格を考えると、滅茶つくりがよさそうですね。
私のアンプはすでに製造されていないものばかりなので、今のうちにストックしておかなくては、なりません。
でも421Aもかなりロングライフの玉なので、10年くらいは使えそうなので、すでに、100年ほどのストックがあります。
私の孫が、Kazzアンプを使ってくれるとよいのですが・・・・


<< オーディオルームの屋根      工事は進んでいますが、ちょいと... >>