2012年 03月 22日

D130

Kazzアームを評価するために環境を整えなくては

まずは、スピーカーですね。
D130を4320のエンクロージャーにマウントしようとしましたが、2215Bとフレームサイズが違うのか、ウーハーが収まりません。
d0138082_215856.jpg

d0138082_224253.jpg

ウーハー開口を少しだけ広げるなどという芸当は私にはないので、トリマーで開口のコーナーを落としてみました。
d0138082_241991.jpg

3mm~5mmほどエッジを落としました。
どうかな
d0138082_272721.jpg
ドンピシャです。全く余裕がないのはどんなもんかな とも思いますがとりあえずボルト止めをします。
075との組み合わせて聞いてみます。
d0138082_294157.jpg

中広域は、フットモニターの箱と変わりないです。
でも、低域のキレがなくなります。低域が出すぎですね。
ダクトを短くすれば良さそうですが・・・・・
そこまではね

エンクロージャーを逆さまにすれば、改善されるかもしれません。
明日、再挑戦です。
[PR]

by okamoto-arch | 2012-03-22 02:13 | オーディオ&音楽 | Comments(0)


<< D130 その2      kazzアーム >>